転職ノウハウ

転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?目安期間と通過率!

転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?」について解説します。

転職の書類選考結果がこないと、

「不採用なのかな・・」

「何で遅いのだろう・・」

「不備があったかな・・」

など、考えてしまうと思います。

結論は、2週間以上経過して連絡がこない場合は、不採用の可能性が高いです。

そのため、他社の選考に集中した方が良いと思います。

これから、書類選考の回答目安期間や通過率に触れながら、「転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?」についてお話します。

【この記事で伝えたいこと】

・提出後、1週間以内の回答が基本です。

・2週間以上通過した場合、不採用の可能性が高い。

・書類選考の通過率は「30%〜50%」です。

転職の書類選考の回答目安期間

転職の書類選考の回答目安について解説します。

今回は、「転職エージェント経由」と「直接応募」でお話します。少し直接応募の方が対応が遅いのが一般的です。

転職エージェント経由の場合

転職エージェント経由の場合は、原則1週間程度が目安です。理由は、転職エージェントが週でフォローを入れるので、それに合わせて回答を頂けることが多いからです。

ただし、2週間程度要する場合もあります。私が人事をしていた時、開発部門の上司がアメリカに2週間はりつけになったことがあります。その際は、2週間以上、回答に費やしてしまったことがあります。

纏めると、原則は1週間ですが、2週間程度費やす可能性もあるので、気長に待つようにしてください。

直接応募の場合

直接応募の場合は、2週間程度が目安だと思ってください。理由は、直接応募の場合、部門の募集枠がない可能性や、充足している可能性があります。その確認に少し時間がかかるので、2週間程度費やすことになります。

私が人事をしていた際は、直接応募は手数料がかからないので職場に言うとすぐに欲しいと言われます。しかし、そこはしっかり見極めないといけないので、通常より、会社状況や部門内状況を念入りに確認して、時間をかけるようにしました。

纏めると、2週間程度はかかる感覚でいてください。ただし、それ以上過ぎたら、フォローして頂いた方が良いと思います。その場合は、埋もれている可能性が高いです。

転職の書類選考通過率

転職の書類選考通過率について解説します。

私自身、この通過率ほど、無意味な指標はないと思っています。なぜなら、転職はスキルのマッチングなので、打率で捉える考え方が違うと思うからです。言わば、転職エージェントが応募数を増やすために多用する通語です。

そのため、ここでは一般的な指標に触れた後に、企業側の視点でこだわる必要がないことについてお話します。

転職の場合、書類選考通過率は「30%〜50%」と言われます。

つまり、応募書類の半数は落ちる計算になります。個人的な感覚で話すと、大企業から順に受けてその程度なのかなと思います。私は、書類選考は20社近く受けましたが、2社くらいしか落ちてないので、前提として、人による要素が大きいと思ってください。

次に、企業側の視点で、指標にこだわる必要がない点について触れたいと思います。

転職の書類は純粋に、スキルや経験のマッチングを見て判断します。そのため、候補者が何社受けているなどは考慮していません。だから、面接で「今何社応募していますか?」と伺うのです。

そのため、通過率で判断するのではなく、0か1かの世界です。通過率を意識するくらいなら、応募書類のブラッシュアップをしっかり行いましょう。

おそらく、通過率を気にしているのは、自分が何社から必要とされているかなどを他者視点で考えているからだと思います。私自身そうでした。しかし、重要なのは、自分とマッチングする企業が1社あれば良いと言う考え方です。何社落ちようと、自分がここで良いと納得できる会社が1社あれば十分ですので、自分の内面に焦点を当てるようにしてください。

転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?

「転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?」について解説します。

結論は、2週間以上経過している場合、不採用の可能性が高いです。

そのため、他企業の選考に集中してください。こだわって待つのはやめましょう。

書類選考の回答については、優秀なマッチング人材であれば早く会いたいと企業は思います。他社にいく前に、囲いたいと考えるからです。そのため、返答は2日か3日以内にします。それだけ、人事がプッシュをして部門をフォローするからです。

しかし、ある程度マッチしている人材であれば、1週間程度をかけて吟味をしながら判断をしていきます。理由は、ミスマッチが起こっても辞めさせられないのが日本だからです。

そして、2週間以上かかってしまう場合は、タイミングとスキルのマッチングがされれば取ろうかな程度に捉えられていますので、あまり角度は高いと言えません。他社にもよりますが、私のいる会社では、リソースが限られていたので、優秀な人材だけにフォーカスしていました。一部は後回しにすることはあったので、後回しになった時点で、しんどいと思った方が良いと思います。

ただし、ここで諦めてはいけないと思います!

仮に、2週間を過ぎて面接に呼ばれればチャンスはあります。呼ばれた時点で、可能性はあるので、落ちる前提でも良いので、頑張ってください!

また、一番ダメなのは、ズルズル連絡を待つことで、今に集中できないことです。

そもそも転職は運の要素が強いので、宝くじを待つように期待して待っていても仕方ありません。自分のできることだけに集中することが大切です。

例えば、書類選考が結構落ちる場合は、エージェントに相談して書類をブラッシュアップしたり、面接で聞かれることの対策をしたりなど、やるべきことは多くあると思います。

他のことに集中することで、変な期待をせずに淡々と転職活動を行いましょう。やはり、転職はかなりのパワーを使うので、都度反応していると持たなくなります。

ぜひ、自分のペースを大切にして頑張ってください!

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...

まとめ

書類選考の回答目安期間や通過率に触れながら、「転職の書類選考で連絡がこないのは不採用だから?」について解説しました。案外、皆さんが気になる内容ですが、気にするのは疲れるだけです。重要なのは、今他にできることはないか、今やれることに集中することです。この視点を持っていただき、転職活動を頑張っていただきたいです。

きっと、今に集中した先に望むキャリアが待っています!

書類選考特集

▽▽おすすめ転職サイトと転職エージェント▽▽

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...
〜特集:書類選考対策〜

【おすすめサイト】
・書類選考対策に強い転職エージェント

【書類選考の疑問】
・合否連絡の目安と通過率は?
・書類選考に落ちる理由や落ちる人の特徴
・合否連絡が来ない場合の対処法
・不採用通知のメールに返信連絡する?
・書類選考通過はほぼ内定?