転職ノウハウ

転職の書類選考通過はほぼ内定で決まっている?採用確率と大中小企業比較!

転職の書類選考通過は、ほぼ内定で決まっているか?」について解説します。

書類通過率は低いと言われる中、面接に呼ばれると期待しますよね!

オファーメールも同じように感じますが、必要とされる感覚は高揚感が得られます。

しかし、実際は、スタートラインに立ったに過ぎません!

転職の書類選考に通過したから、ほぼ内定が貰える訳ではないので、気を引き締めなおすことが大切です。

とは言っても、企業も角度が高いことは間違いないです♪

これから、大手企業の人事の採用経験から、書類選考通過後の採用合格確率や、大企業と中小企業などを比較しながら、「転職の書類選考通過は、ほぼ内定で決まっているか?」をお話します。

【この記事で伝えたいこと】

・書類選考通過に慢心しない。

・面接のマッチングが勝負です。

・厳選された人材ではある。

大企業と中小企業の通過率比較

前提として、中小企業やベンチャー企業の書類通過率より、大企業の通過率の方が難易度は高いです。なぜなら、それだけ人が集まるので、優秀な人材を精査できるからです。

私が担当していた時も、募集をかければ1週間で数十人は候補者が集まります。その出揃った書類を見て、「最低限合格できるライン」、「候補者内での優先順位」をつけるようにしていました。そうすることで、書類選考をスムーズに進められるからです。ただし、面接の印象もあるので、情報の一部として扱うようには心掛けていました。

話を戻して、一般的には、大企業と中小企業の書類選考通過率は以下のようです。

【書類選考通過率の比較】

大企業:10〜20%

中小企業:20〜30%

ベンチャー企業::20〜30%

大企業の書類選考通過率は低く、中小企業やベンチャー企業の通過率は同じくらいなようです。大手転職エージェント数社を利用した際に聞いた数字なので、比較的ブレは少ないと思います。

この結果から分かるのは、全体を通じて書類選考通過率は低いことです。そもそもの書類選考通過率は30%〜40%と言われるので、10社応募しても3社しか面接に進めない計算になります。

そして、企業毎の特徴としては、候補者が集まる企業では通過ラインは厳しく設定されますが、集まらない企業はどこかのスペックを捨てるなどを検討します。

私が担当していた際は、中途採用においてはスペックを下げることはありませんでしたが、派遣の採用などはスペックを高くしすぎて募集が集まらないこともあり、業務内容の見直しからスペックを調整したことがあります。

企業規模や企業の現状によって、書類選考の通過率も変動しますので、参考程度の数字で捉えることをオススメします。

少し補足すると、あくまでスキルのマッチングが転職の前提になるので、通過率などの数字は気にしすぎない方が良いと思います。他者と比較しても意味がないことは念頭においておきましょう!

書類選考通過者の採用合格確率

書類選考通過者の採用合格確率は、一般的には20%〜30%と言われています。私が担当していた際はもう少し低く10%も無かった気がします。書類選考よりも、面接の方が落とす傾向が強いです。なぜなら、本当にマッチングするかを面接で更に慎重に厳選するからです。

つまり、100社受けて20社が書類選考が通過となり、4社内定が貰えるかどうかの指標です。最初は、転職エージェントが企業応募を増やすための指標だと思っていましたが、案外良い数字ではないかと最近は思っています。

ただし、これも個人や企業的な要素が強い内容になります。私が転職した際は、面接に行けた企業は大抵オファーを頂けました。若さとスキルマッチが高かったからです。逆に、友人は面接でことごとく落とされてた話もありました。時期や企業が求める水準もあるので、一概には言えないのが、通過率のお話になります。

そのため、誰にでもチャンスはあることになります!

受かるかどうか分からないと悩む必要はないのです。受けてみないと結果は誰も分からないと言うことです。なので、行きたい企業があるのに、受ける前に諦める必要はありません。

行きたいなら、志望するなら、ぜひ、挑戦するようにしてください!

そうすることで、後悔のない転職活動ができると思います♪

転職の書類選考通過はほぼ内定で決まっている?

書類選考通過した方は、おめでとうございます!

ただし、書類選考が通過したからと言って、ほぼ内定ではないので注意してください

とは言っても、企業は面接に呼んだので採用するつもりはあります。角度は高いと言えます。なぜなら、面接は非生産時間なので、そこに現場の方々を呼んで時間を頂戴しています。誰もかれも呼んで開催できる訳ではないので、その時点で厳選されていることは確かです。

しかし、その分期待も高いのが状況としてあります。

面接が全然ダメで、スキルのマッチングもできないと期待外れと感じられるでしょう。

つまり、書類選考を通過したら、ほぼ内定が貰えると考えるのではなく、面接に集中することを第一に考えて欲しいと思います。

前述で、通過率などの指標に触れました。私自身は、転職は個別事情が強いので、指標で考えるのは微妙かなと思いますが、一般的にも面接からも勝負であることは言われます。

内定で決まっていると言うことはないので、再度、気を引き締めて面接に挑戦して頂きたいと思います!

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...

まとめ

書類選考通過後の採用合格確率や、大企業と中小企業などを比較しながら、「転職の書類選考通過は、ほぼ内定で決まっているか?」をお話しました。

結論は、書類選考は通過点でしかないことと、内定を貰えるかは面接が勝負になることです。書類選考に受かると嬉しくなるのは私も経験しているので共感できます。

しかし、ゴールは転職を実現させて新しい景色を見ることだと思います。ゴールラインを切るまでは走り抜けて欲しいと思います!頑張ってください♪

書類選考特集

▽▽おすすめ転職サイトと転職エージェント▽▽

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...
〜特集:書類選考対策〜

【おすすめサイト】
・書類選考対策に強い転職エージェント

【書類選考の疑問】
・合否連絡の目安と通過率は?
・書類選考に落ちる理由や落ちる人の特徴
・合否連絡が来ない場合の対処法
・不採用通知のメールに返信連絡する?
・書類選考通過はほぼ内定?