転職ノウハウ

転職の書類選考で不採用通知メールに返信連絡する?落ちた理由を聞く?

転職の書類選考で「不採用通知メールに返信連絡するか?」「落ちた理由を聞くか?」について解説します。

不採用通知が届くと、

「何で落ちたのかな・・」

「落ちた理由が聞きたいな・・」

「通知が来たから、連絡するのが礼儀かな・・」

と、考える方は多いと思います。

私も書類選考で落ちて、気になった内容になります。

結論は、

返信する必要もないですし、落ちた理由を聞く必要もありません

理由は、書類選考で落ちる理由は、「採用基準に対し経験やスキルが足りなかった」か「ポストが埋まった」かのいずれかだからです。

個人ではどうしようもない範囲なので、切り替えるしかないです。

また、今回のケースの場合、転職エージェント経由応募か、直接応募かで答えが少し異なりますので、その点はご紹介したいと思います。

これから、転職の書類選考で「不採用通知メールに返信連絡するか?」「落ちた理由を聞くか?」についてお話します。

【この記事で伝えたいこと】

・不採用通知には回答する必要はない。

・落ちた理由は聞く必要がない。

・通過率が低い場合は、転職エージェントを活用する。

不採用になった理由

不採用になった理由は、転職者にとって一番気になる内容だと思います。

しかし、これは「気にしてもしょうがない内容」になります。

なぜなら、不採用になる理由は大きく分けて以下の2点です。

【不採用になる理由】

・スキルや経験のアンマッチ。

・採用充足。

いずれも、自分ではどうしようもなく、今更何かを変えることができないです。自分でコントロールできるなら、様々な手段を使って努力をすべきですが、それができない内容なので、気持ちを切り替えるしかないと言えます。厳しいようですが、他の選考に集中することが大切になります。

以下では不採用になる理由を少し深掘りします。

スキルや経験のアンマッチ

スキルや経験のアンマッチは、募集要項に対しての経験が足りていない場合と、そもそも属性が違うので違う場合の2種類があります。

募集要項に対しての経験が足りていない場合は、経歴や現状のスキルを見て、キャッチアップできそうなら選考を通しますが、基本は、再現性が最も重要なので、あまりオファーを出さないのがセオリーになっています。

そもそもの属性が違う場合は、自社に入っても活躍が難しいと考えるので、面接に呼ぶことはありません。企業と候補者のマッチングが最も重要になっています。

採用充足

他の候補者で採用が決まった場合もあります。応募はできる状態にあっても、他の候補者が採用されれば、採用充足になります。そのポジションは閉まるので、落ちることになります。

ただし、優秀な人材であれば、専攻を継続して、予算を調整して獲得する可能性はあるので、採用充足は人事や転職エージェントの言い訳のような意味が強いです。

とは言っても、これは候補者にコントロールできる内容ではないので、どうしようもできません。

不採用通知メールに返信連絡するか?

不採用通知メールに返信連絡する必要があるかを解説します。

礼儀的にどうなのか含め気になる内容だと思います。その点も踏まえて、直接応募と転職エージェント経由の応募で少し対応が異なりますので、以下でご紹介します。

直接応募の場合、不採用通知には了承メールくらいは返しても良いです。もちろん、返信不要の場合もあるので、返す必要もないですが、対応してもこれくらいです。

【返信メールの例】

ご連絡ありがとうございます。

承知致しました。

転職エージェント経由の応募の場合、基本は転職エージェントから連絡が来ますので、それで終わりです。ここで、企業に改めて直接メールするのは、企業も迷惑なのでやめましょう。転職エージェントに「承知しました。次もお願いします。」と伝えましょう。

また、礼儀的には直接応募で連絡がきた場合は、了承メールくらいは返しても良いので、自分のけじめとして、届いたメールに返信しても問題ないです。

ただし、ここでの注意点は、問合せメールに送信しないことです。あくまで、個人的にやりとりしていたアドレスで対応するようにしましょう。問合せ先は、窓口が広報なのが大半なので、迷惑メール的になってしまいます。

落ちた理由を聞くか?

不採用通知がくると、落ちた理由が気になると思います。ここでは、落ちた理由を聞いても良いか解説します。

結論は、自分から聞くことは、あまりおすすめしません

なぜなら、アンマッチが理由だからです。聞かれても、企業は合わなかったしか言いようがないので、無理に伺うと迷惑になります。落ちた理由を気にするなら、他の企業研究などをした方が建設的です。

また、転職エージェント経由で応募した場合、理由は教えてもらえます。私が聞いたのは、採用充足、技術力不足、雰囲気が合わないなどでした。この内容から分かるように、応募した企業に合わなかっただけなので、理由が次の選考に活きるかは微妙です。

そのため、落とされるとモヤモヤしたり、イライラしたり気になると思いますが、できるだけ気にしないように、次に備えるよう心掛けてください!

書類選考通過率が低い場合の対処法

とは言っても、明らかに書類選考の通過率が低い場合は、転職エージェントに相談することをしましょう

おそらく、「応募しているポジションがおかしいか」、「書類に不備があるか」の可能性が高いです。

応募しているポジションがおかしい場合、先ずは、そこを目指すために別の会社への転職が重要になります。複数回で到達するような考え方に切り替えましょう。転職でスキルアップをすれば、チャンスはあるので、未来を見据えて、エージェントにお話しすると良いでしょう。

また、書類に不備がある可能性も高いです。自己PRしている内容が響いていないので、リライトする必要があります。自分がその企業に対して、一番PRできることは何かを意識して、書類を作成するようにしましょう。

使い回すことも多い書類ですが、企業への応募ポジションにより、深掘りできる部分を変更するのは有りです。転職エージェントと相談しながら、何をPRするか決めると良いでしょう。

以下で、書類選考に強い転職エージェントはご紹介しますので、参考にしてください。また、複数社のエージェントで確認してもらうと、磨かれた書類が作成できることになります!

【転職サイト】

リクナビネクスト

→項目が埋めやすく、履歴書と職務経歴書のドラフトを早く作れる。自分のペースで進められるのが良かったです。

【転職エージェント】

doda

→添削が細かいです。そして、企業へのアピールポイントのアドバイスが充実しています。ラインで会話もでき、タイムリーにやりとりができました。

マイナビエージェント

→若手向けですが、初転職でも分かりやすい丁寧な添削をしてくれます。そして、添削スピードも早かったです。

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...

まとめ

転職の書類選考で「不採用通知メールに返信連絡するか?」「落ちた理由を聞くか?」について解説しました。結論は、気になることを我慢して、次に向けて集中することが大切です。転職は、実力もありますが、運の要素が本当に高いです。落ちても運、受かっても運と思えるような気楽な感じで進めた方が、肩の力が抜けて上手くいくケースが多いので、結果にこだわり過ぎずに取り組んでください。応援しています!

書類選考特集

▽▽おすすめ転職サイトと転職エージェント▽▽

書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェント!添削で通過率が上がる?書類選考対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 転職の難関は「面接」だと思っていませんか? もちろん、面接も重...
〜特集:書類選考対策〜

【おすすめサイト】
・書類選考対策に強い転職エージェント

【書類選考の疑問】
・合否連絡の目安と通過率は?
・書類選考に落ちる理由や落ちる人の特徴
・合否連絡が来ない場合の対処法
・不採用通知のメールに返信連絡する?
・書類選考通過はほぼ内定?