転職ノウハウ

転職面接で自己PRを聞かれた際の答え方と回答例!1分と3分を用意する!

転職面接で『自己PR』を聞かれた際の答え方と回答例を解説します。

自己PRと言われると、

「何を話せば良いのか・・」

「どれくらい話せば良いのか・・」

「自己紹介との違いは何か・・」

など、思う方は多いのではないでしょうか?

私は自己PRを聞いてくる面接官が嫌いです。なぜなら、面接をしているのだと感じさせるような質問だからです。優秀な面接官は自己PRや強みなどを、フランクな会話の中で把握します。何が得意なのかは職務経歴書に書いてあるのでわざわざ聞く必要はないのです。

少し私の意見を話してしまいましたが、

とは言っても、転職面接で聞かれてしまう質問ではあります。

そのため、対策はしておく必要はあります。特に、時間を意識してです。

これから、転職面接で『自己PR』を聞かれた際の答え方と回答例を紹介します。また、自己PRの対策は、1分間と3分間のバージョンを用意する必要があるので、その点についてもお話します。

【この記事で伝えたいこと】

・自己PRは経験に基づいた内容を答える。

・1分間、3分間の自己PRを準備しておく。

・きっかけや根拠など本質的な部分を固めておく。

『自己PR』が聞かれる理由

自己PRが聞かれる理由は以下です。

【自己PRが聞かれる理由】

・自分自身を客観的に捉えられているか確認したい

・経験やスキルがマッチするか確認したい

自分自身を客観的に捉えられているか確認したい

自己PRの内容は、自分をどう捉えているかに関係します。自分はどんな人間で、どんなことが得意など、客観的に自分を見つめられているかに繋がります。客観的に自分を捉えられない人は、誰かに何か改善を促されても対応できません。なぜなら、自分のことだと思えないからです。

つまり、一緒に働く上では、客観的に自分を捉えて行動できる人が重要視されることです。このようなことから、企業は自分自身を客観的に捉えられている人材か確認したいと思っています。

経験やスキルがマッチするか確認したい

自己PRの内容は、個人が考える強みです。つまり、その内容と会社が求める内容がマッチすることが大切になります。なぜなら、企業は強みを活かして貢献して欲しいと考えるからです。そのため、この質問で経験やスキルがマッチするか確認しています

また、自己PRを深掘りすれば、経験の深さやスキルの習熟度なども確認できます。自己PRで話す内容なのに浅いなども確認できます。このような点で、この質問は有効なので聞かれる可能性が高いです。

『自己PR』の答え方

自己PRの答え方を紹介します。自己PRのポイントは、無理に自分を押し売りしすぎないことです。淡々とロジックを組めば、魅力的な人材と伝えられますので、変に緊張しないようにしてください。

【自己PRの答え方】

・経験に基づく内容を答える。

・状況に応じて、1分〜3分の間で調整する。

・本質的な部分を含めておく。

経験に基づく内容を答える

自己PRの内容で悩む方は多いと思いますが、基本は企業が求める人材像と照らし合わせ、自分の経験が語れることです。

簡単な例ですが、企業が求める能力やスキルが「海外で英語を使って、マネジメントまでできること」である場合、海外赴任の経験や自分のポジション、どんな業務を遂行して、何を学び、そこで活躍できた強みを回答する必要があります。

少し難しいと感じるかもしれませんが、端的に言えば、「ある経験と実績と過程(強みの発揮)」について語れれば大丈夫です。

状況に応じて、1分〜3分の間で調整する

自己PRの厄介なのが、決められた時間を指定されないことです。どれだけ話せば良いかが分からない場合が大半です。基本は、自己紹介で30秒程度自分の概要が語れていますので、1分間程度で話せるとベターだと思います。

しかし、企業によってはどれだけ話せるかを見ている場合もあるので、最大3分程度語れるようにしておく必要もあります。この感覚は、状況に応じてになりますので、面接官の様子をうかがいながら、1分〜3分の間で話すよう調整しましょう

本質的な部分を含めておく

自己PRをした後は、必ず深掘り質問がされます。「なぜ、その内容が強みなのか?」、「その強みを得たのはなぜか?」などが典型的な質問です。この質問にまで答えられるように、本質的に自分の強みを理解しておきましょう

私の場合、何事もやり切れることが強みですが、その本質は幼少期から続けている武道があります。武道の稽古で、物事に集中してやり終える習慣を学んできたからと答えます。

このように、自分の強みが身についたきっかけや出来事はあると思いますので、対策をしっかり行いましょう。

『自己PR』の回答例

以下で、自己PRの回答例を紹介します。この内容は私が面接で使っていた内容ですので、ぜひ皆さんも参考にしてください。基本、1分間程度の自己PRであったので、3分程度話すことは少なかったですが、3分のイメージは経験内容を深く話すようにすれば時間を調整できます。

【自己PRの回答例:1分間】

私の強みは、最後まで物事をやり切れることだと思っています。同僚からも仕事をやり切る姿勢は評価されています。就業規則の改定や働き方改革など、複数のプロジェクトを同時に担当することが多かったですが、それぞれに優先順位や重要度をつけて、タイムマネジメントを行い、周りの協力をえながらやり切りました。結果的に、取り組みは従業員にも評価され、コスト削減と働きやすい環境の提供に貢献しました。

ここから深掘りされる内容は、

どうして、最後までやり切れるのですか?

幼少期から武道の稽古などで、最後までやり切ることについては体系的に学んできました。また、最後まで何かをやり切ることで自分の成長にもつながることを学んできたので、やり切る習慣が身についています。

そうでしたか!武道は厳しそうですもんね。

【自己PRの回答例:3分間】

私の強みは、最後まで物事をやり切れることだと思っています。同僚からも仕事をやり切る姿勢は評価されています。前職の経験では、就業規則の改定や働き方改革など、複数のプロジェクトを同時に担当することになりました。いずれも企画段階からリーダーとして参画しましたので、時間的な余裕や業務量の多さに苦戦しました。就業規則の改定では、法律的な対応に加え、会社としての価値観を反映させる変更を行うために、大量の情報を調べないといけないことなどが問題でした。働き方改革は、残業で稼ぐ文化でしたので、労働時間と賃金水準の見直しが課題になりました。そこで私は、従業員との会話を重視しつつ、それぞれに優先順位や重要度をつけて、タイムマネジメントを行い、周りの協力をえながらやり切りました。結果的に、取り組みは従業員にも評価され、コスト削減と働きやすい環境の提供に貢献しました。

→ポイントは、経験部分を深掘りしてお話することです!

『自己PR』を聞かれた際の注意点

自己PRの注意点は、「ダラダラと長く話すぎないこと」です。3分間の自己PRも対策しておくことはお話しましたが、基本は1分以内でおさめて大丈夫です。足りない部分は、深掘り質問されますので、要点を端的に話すことを重視しましょう。あくまで、面接は会話の延長線上だと捉えるようにしてください。

また、「無理に自分を押し売りしない」ことです。経験を語れば、自分のスキルや強みを企業へ伝えることはできます。変に熱意が高いと、無理をしていると思われますので注意が必要です。

転職面接の質問集一覧!よく聞かれる内容の答え方と回答例のまとめ!転職面接の質問集一覧を紹介します。 よく聞かれる質問内容や答え方と回答例を纏めましたので、参考にしてくださいね! 私自身、「...
面接対策に強い転職サイトと転職エージェント|WEBオンライン練習も!面接対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 今回は、 「面接で不合格になることが多い」 「初めての転...

まとめ

自己PRの答え方と回答例を解説しました。あまり直接的に聞かれる質問ではありませんが、対策をして損はないと思いますので、聞かれたらこの内容を答えようと纏めておきましょう。

蛇足になりますが、「自己PRをお願いします」と聞く企業の人事や面接担当者は、面接慣れをしていない可能性が高いです。転職面接で直接的な質問は好まれず、フランクな会話で終えることがほとんどですので、アンラッキーだったと受け入れましょう。

面接対策特集▽▽おすすめ転職サイトと転職エージェント▽▽

面接対策に強い転職サイトと転職エージェント|WEBオンライン練習も!面接対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 今回は、 「面接で不合格になることが多い」 「初めての転...
〜特集:面接対策〜

【おすすめサイト】
・面接対策に強い転職エージェント

【面接質問と回答例】
・よく聞かれる質問と回答例一覧

【面接の疑問】
・圧迫面接の場合はどうする?
・電車遅延の場合はどうする?
・志望動機が聞かれないけど大丈夫?
・逆質問はいくつ準備する?
・逆質問をしないと落ちる?