転職エージェント

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法!理由や対応策は?

リクルートエージェント面談断られた

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法を解説します!

この内容は、結構重要です。

なぜなら、面談を断られたということは、事実上、サービスを受ける基準ではないということだからです。

結論になりますが、エージェントを切り替えることをおすすめします。

サポートを積極的に受けられない場合は、それだけ転職の機会が減るからです。

これから、そんな面談を断られた際の対応について解説していきます!

【この記事で伝えたいこと】

・面談が断られた方は、サービスを受けられる基準にいない。

・面談が断られる理由は、紹介できる求人がないから。

・面談が断られた場合は、他のエージェントに切り替えるべき。

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

△△業界大手の転職エージェント△△

リクルートエージェントの面談が断られる理由

リクルートエージェントの面談が断られる理由を解説します!

ネットでは、いろいろなことが言われていますが、私が無職から活用できた経験をふまえてお話します。

先ず、以下がネットで言われているようなことです。

①転職回数が多い。

②キャリアの空白期間がある。

③無職、フリーター、ニートである。

なんかそれっぽいことが多く語られているイメージです。

しかし、面談が断られる一番の理由は「紹介できる求人がない」からです!

その内容と最も関係するのが、年齢とキャリアの関係です。

それ以外の理由は、あまり深く考える必要はないでしょう。

なぜなら、ジョブホッパーでキャリアを充実させる方や、私のように前職の在籍期間が2ヶ月で無職の状態からでも活用できた人がいるからです。

「転職回数が多いから使えない」「キャリアのブランクがあるから使えない」「無職だから使えない」のは、登録してみないと分からないです。

無職でも、早期離職者でも、それまでに積み重ねがある方であれば利用できるエージェントなので、使う前から切ることは辞めた方が良いです。

やはり、転職実績トップはリクルートエージェントなので、先ずはここを使うべきだと思っています。

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

 

△△公式HP△△

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法

面談を断られた際の対処法を解説します!

先ず、面談を断られたことが何を意味するかお話します。

それは「サービスを受けられる基準にいない」と言うことになります。

つまり、「あなたは転職可能性が低い人材」と言われているのです。

そのため、活用することを諦めた方が良いでしょう。

なぜなら、エージェントが紹介に値する人材だと思っていないので、紹介される企業が微妙になります。

そして、エージェントは複数人を兼務するので、あなたの優先順位は低くなります。

最後に、一番きついのが、社内選考ではじかれることが多くなることです。

折角、志望した企業も、先方に書類が届く前に落とされるのは悲しいですよね。

これから、撤退を考えることをおすすめします。

次に、活用しないと決めた場合、どうすれば良いかについて解説します!

以下の対処法があります。手段はいくらでもあるので、悲観しないでください。

【面談を断られた際の対処法】

①他のエージェントに切り替える。

②転職サイトを活用する。

③直接応募やリファラル採用を活用する。

①他のエージェントに切り替える

他のエージェントに切り替えましょう!

自分を高く評価してくれるサポートが受けられない場合、不利益しかないです。

そのため、転職のメインサイトを変更するのが得策です。

以下のサイトであれば、どこでもメインサイトとして機能します。

dodaかマイナビを検討して、ダメだったらパソナを活用する流れで検討しましょう。

【転職メインサイト】

マイナビエージェント

(20代・30代ならここが手厚い)

doda

(転職者満足度TOPで、皆んな登録する有名サイト)

パソナキャリア

(サポートを受けられない場合はここ)

②転職サイトを活用する

転職サイトは、応募手続きのサポートがないので選考は面倒にはなりますが、企業にとってメリットが高い採用になります。

そのため、書類選考も高くなりがちなので、ぜひ、以下のサイトで検討してみてください。

特に、ミイダスは診断ツールが良いので、一度は使ってみると良いでしょう。

【代表的な転職サイト】

リクナビネクスト

(転職サイトの代表。掲載数が多い、転職初心者にも優しい。)

ミイダス

(市場価値診断などの診断ツールに強み。年収が分かるのは良い。)

③直接応募やリファラル採用を活用する

最後に、直接応募やリファラル採用の選択肢もあります。

企業の公式HPをチェックしたり、知り合った方から企業を紹介してもらったりと手段はいくらでもあります。

転職フェアなどに参加するのもありなので、自分でいろいろ動いてみるのもありだと思います!

まとめ

リクルートエージェントに面談を断られた場合の対処法を解説しました!

結論は、メインサイトを変更しようです。

面談を断られることは、積極的に紹介できる人材ではないことです。

もちろん、住んでいる地域によっては、面談を受けられない場所もあるので、そこは仕方がないですが、基本は、対面での面談を断られたらピンチです。

イライラする気持ちはあるかもしれませんが、あくまでエージェントは手段なので、手段を返るだけのイメージで、戦術を切り替えるようにしましょう。

▽▽業界大手の転職エージェント▽▽

△△転職支援実績がトップ!△△

リクルートエージェント特集

\\リクルートエージェントの活用方法//

リクルートエージェント登録
リクルートエージェントの登録活用とログインアウトと退会解約方法!リクルートエージェントの使い方について解説します! リクルートエージェントは、転職を考えた方が、とりあえず登録するサイトで有名です...
リクルートエージェント特集

登録・エージェント面談

リクルートエージェントの登録申込で在職中の会社に転職活動がバレる?

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法!理由や対応策は?

リクルートエージェント面談で聞かれる内容!服装や持ち物や準備は?

リクルートエージェントから返信がない!連絡が来ない遅い時の対処法!

求人紹介・応募・内定

リクルートエージェントの紹介企業の質は最悪?費用や料金は必要か?

リクルートエージェントの営業担当おすすめ求人は書類選考で落ちる?

リクルートエージェントから応募を急かされる?しつこい電話はある?

リクルートエージェントの企業スカウトの通過率は?面接内定になる?

リクルートエージェントから選考結果連絡がこない!落ちたことは確定?

リクルートエージェントの選考辞退は難しい?断る方法や理由と例文!

体験談

無職からリクルートエージェントを使った体験談【2社から採用内定】

評判・評価・口コミ

リクルートエージェントの評判は悪い?使ってみた感想を口コミと比較!

リクルートエージェントを使って大丈夫?使えない評判や噂は本当か?

リクルートエージェントは冷たい?ひどい使いづらいと言われる理由は?

参考

リクルートエージェントとdodaの違い!選ぶポイントや併用はなし?

リクルートエージェントとの付き合い方!無理せず転職を進める方法!