転職エージェント

リクルートエージェントとの付き合い方!無理せず転職を進める方法!

リクルートエージェントとの付き合い方を解説します!

転職が初めての方は「無理やり転職させられる」と不安に思っているでしょう。

私も利用する前は、人材派遣業界の会社は怖いと思っていて、同じ気持ちでした。

しかし、2回活用して分かったのですが、自分のスタンスさせしっかりしていれば、何も怖くないということです!

もちろん、転職に対して、迷いやフワフワした気持ちがあると危険です。

斡旋される企業に一喜一憂して、流される可能性があるからです。

これから、そんな流される転職活動にならないために、リクルートエージェントで無理せずに、転職を進める方法を解説します!

【この記事で伝えたいこと】

・転職意欲が高くない場合、転職サイトに登録するだけにしておく。

・エージェントに登録する前に、自己分析を終えておく。

・エージェントを利用する場合、連絡は放置しないようにする。

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

△△業界大手の転職エージェント△△

リクルートエージェントとの付き合い方

リクルートエージェントとの付き合い方を解説します!

結論は、登録する前に、転職のスタンスを決めておくことです。

転職を始めるなら活用して、求人情報を見るだけなら転職サイトと割り切ることが大切です。

以下で、詳細を解説していきます♪

【リクルートエージェントとの付き合い方】

①転職意欲が高くない場合「リクナビネクスト」だけを利用する。

②リクルートエージェントに登録したら、現在のスタンスをしっかり伝える。

③連絡は放置せずに「応募する」「保留」「応募しない」は回答するようにする。

④合わないと感じたら、利用を停止する。

①転職意欲が高くない場合「リクナビネクスト」を利用

転職意欲が高くない場合は、転職サイトだけを利用するようにしましょう。

理由は、求人や転職市場を見たいだけなら、エージェントを利用する必要がないからです。

エージェントは、転職意欲が高い方を優先的に対応します。

そのため、転職しようか迷っている方を、企業に強く推薦することは少ないでしょう。

転職するか迷う段階であれば、リクナビネクストだけで十分です。

②登録後は、転職のスタンスを伝える

エージェント登録後は、自分のスタンスをしっかり伝えましょう

これが伝えられないと、エージェントと良い関係が気づけません。

最低でも、転職意欲、希望条件は、先に伝えましょう。

転職意欲は「非公開求人を見たいだけで、良い企業があれば応募を検討したい」などです。

希望条件は「年収は600万を切りたくない。従業員数が1000人以上いる企業しか考えていない」などです。

あくまで、自分の希望をエージェントが叶える仕組みだと捉えておきましょう。

これがないと、エージェントに流されることになります。

③連絡は放置せずに回答するようにする

連絡は放置せずに、回答していきましょう。

「応募する」「保留」「応募しない」を、すぐに判断できる基準を持っておくことをおすすめします。

そうすれば、仕分けが早くなるからです。

たとえば、私の場合は「年収600万以上、従業員数1000人以上、関東勤務」を最低ラインにしていました。

④合わないと感じたら利用を停止する

一度始めたら、辞められないと思うかもしれませんが、合わないと感じたら利用を停止しましょう。

簡単です。やりとりをしているメールに、一報するだけでOKです。

エージェントは他にもありますので、変にこだわって嫌な思いをする必要はありません。

無理せず転職を進める方法

無理せずに転職を進める方法を解説します!

結論は、自分軸を固めておくことです。

これが固まっていないなら、サービスは受けない方が良いです。

なぜなら、エージェントのゴールは転職をさせることです。

そのため、目的がない状態で利用すると、流される可能性が高くなります。

流された転職は、他責になるので、後悔することになるからです。

上述と重なる面はありますが、以下で詳細を解説します♪

【無理せず転職を進める方法】

①エージェントに登録する前に「軸」を持っておく。

②転職意欲が高くない場合、転職サイトで求人を見る程度にしておく。

③本格的に転職を意識し始めたら、転職エージェントに登録する。

①エージェントに登録する前に「軸」を持っておく

エージェントに登録する前に「自分軸」を固めておきましょう。

具体的には、自己分析をすることです。

個人的には、メモの魔力で徹底的に内省することをおすすめします。

これをやれば、自分軸だけでなく、転職の面接対策にもなるからです。

ただし、ボリュームは結構あるので、そこは頑張るしかないです(笑)

【最低限固めておく軸】

①人生で何を成し遂げたいか?

②あなたはどんな人間か?

③転職理由は何か?

④転職を考えたきっかけは何か?

⑤希望条件は何か?

②転職意欲が高くない場合、転職サイトだけを利用する

転職意欲が高くない場合は、転職サイトで求人を見る程度にしておきましょう。

エージェントがつくことで、応募判断をする必要が出てきます。

おそらく、転職意欲が高くない人は、転職市場を確かめたいのと、どんな求人条件があるかを知りたいのがほとんどだと思います。

それは、転職サイトで見れる内容なので、エージェントを使う必要はないです。

そして、転職サイトにもスカウトサービスはあるので、この段階でスカウト機能を使うなら、転職サイト内のサービス範囲で行いましょう。

【転職サイトの2強】

リクナビネクスト

(転職サイトの代表。掲載数が多い、転職初心者にも優しい。)

ミイダス

(市場価値診断などの診断ツールに強み。年収が分かるのは良い。)

③転職意欲が高くなったら、転職エージェントに登録する

転職意欲が高くなったら、転職エージェントに登録しましょう。

そして、自分軸をしっかりと伝え、選択はシビアに行いましょう。

受けたくもない、微妙と少しでも感じたら、切るような姿勢が大切です。

大切なものを得るために、ノイズは遮断していくスタンスでいましょう。

結構、厳しいと思うぐらいの感覚でやると、良い結果につながります。

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

 

△△公式HP△△

【合わない場合の転職メインサイト】

マイナビエージェント

(20代・30代ならここが手厚い)

doda

(転職者満足度TOPで、皆んな登録する有名サイト)

パソナキャリア

(サポートを受けられない場合はここ)

まとめ

リクルートエージェントとの付き合い方を解説しました!

基本的には、どのエージェントを活用する際でも、使える考え方です。

ぜひ、参考にしてエージェントと付き合って欲しいです。

また、リクルートエージェントは、転職支援実績がトップなこともあり、使えばどこかしらの企業に転職することは余裕だと思います。

そんな状況なので、流されずに進めることは大切です。

その意識は強く持って、転職活動をすすめてください!

▽▽業界大手の転職エージェント▽▽

△△転職支援実績がトップ!△△

リクルートエージェント特集

\\リクルートエージェントの活用方法//

リクルートエージェント登録
リクルートエージェントの登録活用とログインアウトと退会解約方法!リクルートエージェントの使い方について解説します! リクルートエージェントは、転職を考えた方が、とりあえず登録するサイトで有名です...
リクルートエージェント特集

登録・エージェント面談

リクルートエージェントの登録申込で在職中の会社に転職活動がバレる?

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法!理由や対応策は?

リクルートエージェント面談で聞かれる内容!服装や持ち物や準備は?

リクルートエージェントから返信がない!連絡が来ない遅い時の対処法!

求人紹介・応募・内定

リクルートエージェントの紹介企業の質は最悪?費用や料金は必要か?

リクルートエージェントの営業担当おすすめ求人は書類選考で落ちる?

リクルートエージェントから応募を急かされる?しつこい電話はある?

リクルートエージェントの企業スカウトの通過率は?面接内定になる?

リクルートエージェントから選考結果連絡がこない!落ちたことは確定?

リクルートエージェントの選考辞退は難しい?断る方法や理由と例文!

体験談

無職からリクルートエージェントを使った体験談【2社から採用内定】

評判・評価・口コミ

リクルートエージェントの評判は悪い?使ってみた感想を口コミと比較!

リクルートエージェントを使って大丈夫?使えない評判や噂は本当か?

リクルートエージェントは冷たい?ひどい使いづらいと言われる理由は?

参考

リクルートエージェントとdodaの違い!選ぶポイントや併用はなし?

リクルートエージェントとの付き合い方!無理せず転職を進める方法!