転職エージェント

リクルートエージェントとdodaの違い!選ぶポイントや併用はなし?

リクルートエージェントとdodaの違い

リクルートエージェントとdodaの違いを解説します!

転職を始めようと考える方が、一番最初に検討するエージェントが「リクルートエージェント」と「doda」だと思います。

若手なら「マイナビエージェント」も検討するでしょうが、積み上げがある方は、この2サイトのいずれかをメインサイトに決めるでしょう。

これから、そんな2つのエージェントについて、違いや選ぶポイント併用すべきかなどを解説していきます。

私は、2回転職活動をして、どちらも併用して使った経験があるので、その感想もふまえてお話ししたいと思います。

【この記事で伝えたいこと】

・リクルートエージェントとdodaの違いは特にない。

・メインサイトは、キャリアを高く評価してくれるエージェントを選ぶべき。

・併用して、紹介される求人の社格や非公開求人を確認すべき。

▽▽転職満足度がトップ!▽▽

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

リクルートエージェントとdodaの違い

リクルートエージェントとdodaの違いを解説します!

サービスの違いを以下まとめましたが、特に違いはないです。

いずれも転職活動を進める上で、メインサイトになり得る「求人数」を保有していて、業界大手として、多くの企業とお付き合いがあるからです。

余談になりますが、企業の求人募集は「人事→お付き合いのある転職エージェント」の流れで声をかけます。

つまり、過去に取引をした転職エージェントから優先的に、求人情報依頼をします。

たまに、飛び込みで新規のエージェントから依頼が来ますが、それはお付き合いのあるエージェントで採用ができない場合のイレギュラーの時に使う程度です。

基本的には、代表的な業界大手のエージェントに依頼は集中するようになっています。

区分 リクルート doda 違い
非公開求人数 20万件以上 10万件以上
スカウト機能
キャリア面談
選考対策
実績 支援実績TOP 満足度TOP

※記事執筆時点の比較

非公開求人数

非公開求人数は、リクルートエージェントが多いです。

しかし、求人数が多くても、転職をしたい企業は絞られていると思うので、単純な比較として良し悪しはないでしょう。

自分の転職したい企業を保持しているかどうかが、比較ポイントになると思います。

一部、いずれにしかない求人もありましたが、基本的に、大手企業は、いずれのエージェントも求人を保持していたイメージです。

スカウト機能

スカウト機能の違いはありません。

ただし、全てのサービスを利用するならdodaの方がメールは多いです。

理由は、エージェントと提携する会社からのオファーを受け取る設定などがあるからです。

キャリア面談

キャリア面談の違いもありません。

エージェント会社の違いよりは、キャリアアドバイザーの質の違いにあると思います。

キャリアアドバイザーの職種は、人材派遣会社で短く回る傾向があります。

転職時に担当してくれるアドバイザー次第かなと思います。

選考対策

選考対策の違いもありません。

書類選考対策、面接対策のいずれも受けられます。

実績

実績については、リクルートエージェントが転職支援実績、dodaは転職者満足度となります。

どちらのエージェントでも、サポートを受けられれば、普通に転職はできるでしょう。

メインサイトを選ぶポイントは?

転職エージェントのメインサイトを選ぶポイントを解説します!

メインサイトを選ぶポイントは「キャリアを高く評価してくれるか」です。

以下が、基準になります。それぞれ解説していきます。

レベル3の紹介求人の社格が良い感じだと、あなたのことを高く評価している傾向があるので、そのエージェントを利用すると良いでしょう。

エージェント選ぶポイント

①転職サポートを受けられる

大前提として、転職サポートを受けられない場合、あなたのキャリアは評価されていないことになります。

これだけ世の中に求人があるのに、紹介できない状況となるので、あなたには興味がないと言っているのと同じです。

そんなエージェントにはこだわらず、別のエージェントに登録することや、転職サイトの利用、ハローワーク、直接応募、リファラル採用など、他の手段を考えるようにしましょう。

②対面でのキャリア面談が行われる

キャリア面談に行けるにも関わらず、電話面談と打診される場合は、キャリアを低く評価されている可能性が高いです。

なぜなら、キャリアアドバイザー自体が、会う手間をかけないからです。

見込みがないか、厳しいレッテルが貼られていると思って良いでしょう。

③紹介求人の社格が良く数も多い

エージェント応募のセオリーは、社格の良い企業から順に受けていくことです。

そのため、最初に紹介される企業は、大手や優良企業などの知名度がある会社になるはずです。

しかし、最初の段階で、知名度もない怪しいと思われる企業しか紹介されない場合は、あなたの経験やスキルを低く見積もっている可能性が高いです。

そんなエージェント経由で、行きたい企業に応募しても、社内選考で落ちることになりますので、書類が企業に届かず終わることになります。

同じ希望条件を伝えて、どちらが自分を高く評価しているかを、求人情報から判断しましょう。

ちなみに、私は「人事から人事」はdoda、「無職から人事」はリクルートエージェントの方が紹介される求人の質が良かったです。

おそらく、状況などによると思うので、そこは使いながら、感じてください。

▽▽転職満足度がトップ!▽▽

▽▽転職支援実績がトップ!▽▽

エージェントの併用はなし?

エージェントの併用について解説します!

結論は「併用すべき」です。

併用するデメリットは、キャリアアドバイザーの対応が増えて手間になることです。

ですが、それを考慮しても「企業の求人が流動的」なので、複数のエージェントから情報を得ないと、応募したい企業の求人に出会えないかもしれません。

自分が行きたい企業の求人と出会うためにも、メインサイトになる2社は登録して間違いないでしょう。

ただし、それが年齢や現在の年収によっても違います。

普通の方であれば「doda」と「リクルートエージェント」で良いですが、若手であれば「マイナビエージェント」を組み合わせたり、年収が高い方であれば「ビズリーチ」を組み合わせたりすることなども選択肢です。

基本的には「リクルートエージェント」と「doda」で足りると思いますが、不安な方は別のエージェントも検討しても良いでしょう。

【転職のメインサイト紹介】

リクルートエージェント

(転職支援実績がトップ)

doda

(転職満足度がトップ)

マイナビエージェント

(20代・30代に強みを持つサイト)

ビズリーチ

(年収が500万以上がスタート)

パソナキャリア

(サポートが受けられない場合はここ)

まとめ

リクルートエージェントとdodaの違いを解説しました!

基本は、併用で使うで大丈夫でしょう。

使えないと判断すれば、すぐにメール一本で辞めれば良いだけです。

また、エージェント選びのポイントも解説しました!

自分のキャリアを高く評価してくれるエージェントを選ぶ意識を持って、転職活動を進めて欲しいと思います。

▽▽業界大手の転職エージェント▽▽

△△転職支援実績がトップ!△△

リクルートエージェント特集

\\リクルートエージェントの活用方法//

リクルートエージェント登録
リクルートエージェントの登録活用とログインアウトと退会解約方法!リクルートエージェントの使い方について解説します! リクルートエージェントは、転職を考えた方が、とりあえず登録するサイトで有名です...
リクルートエージェント特集

登録・エージェント面談

リクルートエージェントの登録申込で在職中の会社に転職活動がバレる?

リクルートエージェントの面談を断られた際の対処法!理由や対応策は?

リクルートエージェント面談で聞かれる内容!服装や持ち物や準備は?

リクルートエージェントから返信がない!連絡が来ない遅い時の対処法!

求人紹介・応募・内定

リクルートエージェントの紹介企業の質は最悪?費用や料金は必要か?

リクルートエージェントの営業担当おすすめ求人は書類選考で落ちる?

リクルートエージェントから応募を急かされる?しつこい電話はある?

リクルートエージェントの企業スカウトの通過率は?面接内定になる?

リクルートエージェントから選考結果連絡がこない!落ちたことは確定?

リクルートエージェントの選考辞退は難しい?断る方法や理由と例文!

体験談

無職からリクルートエージェントを使った体験談【2社から採用内定】

評判・評価・口コミ

リクルートエージェントの評判は悪い?使ってみた感想を口コミと比較!

リクルートエージェントを使って大丈夫?使えない評判や噂は本当か?

リクルートエージェントは冷たい?ひどい使いづらいと言われる理由は?

参考

リクルートエージェントとdodaの違い!選ぶポイントや併用はなし?

リクルートエージェントとの付き合い方!無理せず転職を進める方法!