プログラミングスクール

20代前半未経験がプログラミングスクールで就職・転職・フリーランスになる方法!

未経験ですが、エンジニアになりたい!

20代前半で、エンジニアに挑戦したいと考える人はいるでしょう。

私は社会人2年目に、少しプログラミングに興味を持ち体験教室に行きました。その後、紆余曲折を経て、20代後半で目指すことになりましたが、未経験からエンジニアになりました。この経験を通じて、結論から言うと、

未経験からエンジニアになることは可能です。

20代前半はポテンシャル採用で多くの選択肢があります。初心者、未経験、文系だからと悲観する必要はありません。勉強量は多いですが、就職も転職もフリーランスになることもできます。

これから、初心者からエンジニアを目指そうと考えている方向けに、20代前半未経験からプログラミングスクール経由で就職・転職・フリーランスになる方法をお話ししたいと思います。特に、20代前半は「学生」、「社会人」、「既卒」の立場に分かれると思いますので、それぞれについても触れます。

【この記事で伝えたいこと】

・ポテンシャル採用で就職・転職できる。

・独立フリーランスは転職してからが良い。

・転職保証付きのプログラミングスクールに行く。

【TECH::EXPERT】(テックエキスパート)がオススメです。

何故、エンジニアになりたいか?

フリーランスになりたい方は読み飛ばして大丈夫です。ただし、未経験からフリーランスはコネクションが無いと難しいです。先ずは転職することをオススメします。

未経験から転職を目指す方は、この質問に答えてください。

【質問】

・何故、エンジニアになりたいか?

・どんなエンジニアになりたいか?

この質問に答えられないと、面接で落とされる可能性が高いです。理由は、面接において最も深掘りされる質問だからです。先ずは、この質問に向き合っておきましょう。

【私の場合】

「何故、エンジニアになりたいか?」

人事は仕組み作りはできても、プロダクトは作れない。純粋にモノづくりに挑戦したかった。

きっかけは、人事システムの導入をする機会があったが、顧客の課題を解決するようなサービスに出会えなかった。過去、プログラミング体験で、おみくじアプリを作成して楽しさは知っていた。それが繋がり、プログラミングで顧客の課題を解決するプロダクトを作りたいと感じた。

【私の場合】

「どんなエンジニアになりたいか?」

顧客の課題に寄り添い、一緒に解決するエンジニアになりたい。

課題解決するには技術力が無いと提案ができない。先ずは技術力を身につける。そのため、中期的にはフルスタックなエンジニアを目指して経験していく。

きっかけは、人事業務で顧客に寄り添ったサービス提供を受けられなかったから。理想のエンジニア像は、顧客の課題本質を見抜いて、提案解決できるエンジニア。

※技術力が身についたら、PMになりたいキャリアパスを想定。

実はこの質問は面接対策でもありますが、きつい学習を進めるモチベーションの源泉を明確にすることにもなります。エンジニアは技術進歩が日々行われる職種なので、常に学び続ける意識が必要です。そこを頑張っていけるだけの燃料を探すことをしましょう。本音と建前で分けても良いので、先ずは内省しましょう。

蛇足ですが、私は面接中、「UXデザイン」の考え方が強いと言われました。プロダクトアウト視点のUXデザインを前提としたエンジニアが合ってそうと言われ、そんなエンジニアになろうと思っています。なんかカタカナばっかで難しいですね!

話を戻して、答えが出ない方がいましたら「メモの魔力」は良書なので、こちらで言語化することをオススメします。1000問ノックはしんどいと思いますが、答えがでる範囲で取り組むと良いと思います。私は2週間でノート10冊、ボールペン3本費やしました。

スポンサーリンク



20代前半未経験でエンジニアになれるか?

20代前半の未経験からでもエンジニアになれます。ただし、エンジニアも多種多様なので、「どのようなエンジニアになりたいか」は明確にする必要があります。

未経験から就職(新卒・既卒)

純粋なポテンシャル採用です。未経験から自社・受託開発に挑戦することができます。受託開発は、年齢関係なく積極的な採用がされないイメージですが、テスターとして未経験から入るケースは往々にしてあります。

ここで重視すべき点は、スタートラインで技術的な知見を身につけていると強いことです。ポートフォリオを持って基礎的な部分が身についているだけで、企業は一目置きます。転職のためのプログラミングスクールが流行っていますが、新卒や既卒との相性はかなり良いと思っています。留学とプログラミングは熱いですね。

未経験から転職(第二新卒)

ポテンシャル採用の年齢です。未経験から自社・受託開発に挑戦することができます。自社開発企業は、ポテンシャル採用で30歳時点のスペックを意識します。年齢が若いこともあり、現時点の技術力がなくても採用される可能性は高いです。そして、受託開発は年齢関係なく、未経験は即戦力とならないため、あまり積極的な採用をしませんが、テスターとして未経験から入るケースは往々にしてあります。一旦は、SESは気にせず、自社・受託に挑戦できる年齢です。

ここで重視すべき点は、エンジニアは技術力を1〜2年程度身につければ高い確率で再度転職できます。先ずは言語にこだわらず、成長環境で会社を選ぶことをオススメします。飛び込んで実力をつけることだけに焦点を当てれば、ジョブホップできる職種です。最初は修行期間の意識は持っておきましょう。

未経験から独立フリーランス

クラウドワークス、ランサーズ、知人のコネなどを使えば、未経験でも挑戦することは可能です。実際、プログラミングスクールを卒業してフリーランスになった方もいました。

しかし、あまりオススメできません。なぜなら、受注側は過去の実績を見て発注をします。未経験エンジニアで作成できるレベルの成果物で、継続的な案件を取得するには営業努力もかなり必要になります。技術を身につけつつ、営業をしつつとなるとしんどいと思います。先ずは、ある程度の技術力を身に着けるために、転職をオススメします

独学で挑戦できるか?

未経験から独学で挑戦することはオススメしません。理由は、学習時間が大幅にかかることにあります。年齢が高くなれば、ポテンシャル採用が狙えなくなります。習得に1000時間必要と言われますが、少しでも効率的に学べる環境を選択することが大切です。

また、モチベーションの維持、分からない部分を質問できないことは辛いです。守破離と言いますが、最初は基礎を固めることが重要です。基礎固めに、独学で時間を費やすのは非効率なので、個人的にはスクールを選択することをオススメします。

スポンサーリンク



プログラミングスクールを選ぼう

私が体験してみて、【TECH::EXPERT】(テックエキスパート)で学ぶのが最良かと思います。理由は、過去の転職実績・学習環境にあります。

先程、守破離と言いましたが、ロールモデルがあるのは大きいです。年齢層は20代後半の方が多いですが、皆さんが実績になっています。同期で学生や20代前半の方も多く在籍していました。

また、ここで注力すべきは「学生や新卒・既卒」の方も在籍しており、実績になっていることです。キャリアアドバイザーの方に伺いましたが、新卒なら狙える企業(超有名企業)が数多くありました。通常ルートで就活に苦戦している学生は、プログラミングスクールを活用するのは有益だと思いました。昔は考えられなかったルートなので差別化にもなると思います。

内容について深掘りすると、過去の転職実績については、企業側から未経験エンジニアの質について担保されていることになります。後発のスクールですと、スクールと企業のパイプが少ないので、その分選択肢は少なくなります。それに引き換え、テックエキスパートの過去実績は数多くあり、未経験求人は豊富にあります。押し売りになりたくはないのですが、CA(キャリアアドバイザー)も専属の方々がおり、転職エージェントの方との対応差は雲泥です。学生の方であれば、そもそも就職は自分でやらないといけないですが、全てフォロー頂けるのは強いと思いました。

また、学習環境については、同じ志を持った方々と切磋琢磨できることは大きいです。同じ志を持った方と努力できる環境はモチベーションに繋がると思います。私自身、そんな繋がりはいらないと最初思っていましたが、チーム開発などを通じてエンジニア楽しいと心変わりしました。

エンジニアになろうと思った方は、先ずは、【TECH::EXPERT】でお話を伺うのが市場調査になると思います。エンジニアの現状・今後も知れますので、無料カウンセリングに参加することをオススメします。因みに、人気スクールなので予約はすぐに埋まってしまうので、行動は早めにすると良いでしょう。

少しでも興味があるのであれば、

無料カウンセリングで、キャリア相談してみよう!

エンジニアの仕事や、詳細な学習内容について聞けます。

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

行動あるのみです!

TECHCAMPエンジニア転職の無料カウンセリングで聞かれた内容!勧誘はしつこい?【旧TECH::EXPERT】ブランド変更によりサービス名称がTECH::EXPERT(テックエキスパート)から、TECHCAMPエンジニア転職に変更となりました! ...

プログラミングスクールの注意点

プログラミングスクールをオススメしましたが、注意して頂きたいことがあります。

それは、プログラミングスクールに通えば、未経験からでもエンジニアになれる訳では無いことです。未経験からエンジニアを目指すことは、年齢関係なく膨大な勉強量と継続力が必要になります。大前提として、エンジニアになることは難しいです。技術を学び続ける覚悟があるか、最終的に目指したいエンジニア像があるかは大きいので、前述した自己分析はしっかり行うことをオススメします。

私の同期でも甘く考えて挫折した方はいます。エンジニアに向かないことを、スクールで学ばんだ方もいます。ミスマッチを防ぐためにも、先ずは「プロゲート」や「ドットインストール」のHTML、CSS、ruby、railsに取り組むと良いでしょう。これでしんどいと感じるのであれば、プログラミングを学ぶことはしんどいと思います。

TECHCAMPエンジニア転職の受講方法!卒業生の就職体験談と評判【旧TECH::EXPERT】TECH::EXPERT(テックエキスパート)からTECHCAMPエンジニア転職(テックキャンプ)にサービス名称が変更になりました! ...

まとめ

20代前半の未経験から挑戦するのであれば、【TECH::EXPERT】(テックエキスパート)を選択すると良いでしょう。独学はしんどいので、プログラミングスクールで目指すことをオススメします。また、転職支援は充実しています。一度、無料カウンセリングでお話を伺うと良いでしょう。評判は以下私の体験談を貼っておきますので、参考にしてください。

TECH::EXPERTのカリキュラム評判!未経験からの感想と評価!先日、TECH::EXPERT渋谷校で学習を終えました。全くの未経験からプログラミングを始め10週間、カリキュラムに沿って簡単なWEBア...