転職ノウハウ

転職失敗例集!市場で通用しない人と転職しない方が良い人の特徴は?

近年、売手市場に感化されて、安易に転職活動を始める方が増えています。勿論、転職に良いも悪いもないですが、周りに流されて決めてしまった転職は、後々、後悔することになる可能性が高いです。これから、転職で失敗した事例、「転職失敗例集」と、市場で通用しない人転職しない方が良い人の特徴をご紹介したいと思います。

【この記事で伝えたいこと】

・転職は周りに流されてはいけない

・今の自分の価値を把握しよう

・転職理由は明確にしておこう

転職失敗例集

先ずは、転職失敗の事例をご紹介したいと思います。転職失敗の本質は、自分自身をきちんと把握できていないこと、会社理解が不十分なことにあります。以下の数ある事例はいずれかの要因に分かれることになります。転職を失敗した方がいれば共感できる部分はあるのではないでしょうか?

【転職失敗例】

友人に勧められ転職したが、自分のやりたい仕事ではなかった。

年収が上がるので転職したが、仕事量も増加してついていけない。

社風に合わずノリについていけない。

待遇に飛びついたがやりたい仕事ができなくなった。

同僚や上司と相性が悪く職場環境に馴染ない。

平均残業時間が想定以上で辛い

プライベートまで仕事に染まっている

理由は様々ありますが、転職を失敗したと感じた方は、

現実と想定のギャップ

転職先で新しい不満が生じた」方でしょう。

「現実と想定のギャップ」は誰しもが転職すれば感じることになります。環境が変化するのですから、同じ仕事をするとしても、仕事の進め方、やり方は変わることになります。このギャップを感じて、転職を失敗したと感じる方は想定が甘かった人になります。そのため、転職先で何が変わるか、後悔が少なくなるよう想定し、変化を受け入れる覚悟を持つようにしましょう。

次に、「転職先で新しい不満が生じる」ことは、往々にしてあります。転職で全てが上手くいくほど、転職は万能ではありません。特に、人間関係、職場環境は大きく変わりますので、小さな不満はいくらでも発生するでしょう。そこで、敏感に反応してしまうのではなく、許容していくことが大切になります。

皆さんには、転職失敗例を参考に、自分自身で転職のリスクを把握して、より良い転職を実現していただきたいと思います。

スポンサーリンク



市場で通用しない人の特徴

転職を失敗する人の特徴として、自分の市場価値を正しく理解できていないことが挙げられます。市場価値の確かめ方は、簡単に知れるサイトがありますので以下でご紹介したいと思います。先ずは、ここでは、市場で通用しない人の具体的な特徴をご紹介します。

【市場で通用しない人の特徴】

学び続ける意識と意欲がない

目先の利益しか考えていない

能力、スキルがニーズと合っていない

学び続ける意識と意欲がない

仕事を学び続ける意識や意欲はとても大切です。今までの勝ちパターンは、不確実性の高い社会では通用しなくなりますし、ITツールの進化でやり方を根本的に変える必要が迫られています。そこで生き残るためには、情報をタイムリーに汲み取って、柔軟に学び続ける必要があります。また、学び続けることに関しては、仕事やセミナーなどからだけではなく、人から学ぶ姿勢も大切になります。一緒に働く人をリスペクトして働けているかは、会社で働く上では最も大切なことです。一人でできないことを皆で協力して実現するのが、会社で働くということです。謙虚で周りをリスペクトしながら働ける人が今もこれからも重宝されますのは間違いありません。この学び続ける意識や意欲が無い方は、今後どんどん取り残されていくことになりますので注意しましょう。

目先の利益しか考えていない

短絡的なことは悪いことではないですが、「長期的な視点を持った選択なのか」は判断材料として重要になります。自己中心的に目先のことを考えているような人は最終的に核となるものが残らず、上辺だけの人間になってしまいます。ある程度の専門性を身につけるなら3年~5年は必要になります。市場の波に乗って、今なら年収が上がるから転職をしようと考えている人がいれば、人事に見透かされます。自分のキャリア、企業の成長、利益を見据えた選択であるかは注意しましょう。

能力、スキルがニーズと合っていない

市場が欲するスキルや能力を持っているかは最も大切な視点です。例えば、紙帳簿をつけるスキルは現在エクセルに台頭されました。今後はエクセルに台頭されるツールがどんどん出てくるでしょう。このように、今、職務経歴書に書いても必要にならないスキルを身につけていても、企業に必要とされません。時代の移り変わりが早い中、絶対になくならないスキルや能力は無いと思いますが、長くニーズがあり、「絶対にどの企業でも必要になるスキル」かつ「自分だけの強みが発揮できるスキル」を身につけるように戦略的にキャリアを歩いていきましょう。つまり、一生食っていけるスキルや能力を意識するようにしましょう

市場の価値を確かめよう

私自身も活用していますが、定期的に仕事が変わったら確認しているサイトがあります。学歴から経験等を入力していくだけで、想定年収が分かります。現在のポジションとの比較もできて、大変有効だなと感じます。何と言っても、数点の質問に答えるだけである程度の測定がされますのでとても楽です。是非、活用してみてください。

ミイダスの登録とログインと退会方法!評判口コミと料金と活用方法!ミイダスを活用しようと決めたが、操作方法や活用方法が分からない方は多いと思います! 例えば、 ・登録方法が分からない! ...

転職しない方が良い人の特徴

市場で通用しない人の特徴とは別に、転職しない方が良い人の特徴もあります。転職をしない方が良い方は、転職をした方が良い方よりも多い気がします。確かにブラック企業に勤めている方は転職する必要はあると思いますが、自分が一番高く売れるタイミングを見極める必要はあるでしょう。ここでは、転職を考え直して欲しい方の特徴をご紹介します。

【転職しない方が良い人の特徴】

逃げることを優先している

ワクワクより不安が大きい

現状に満足している

逃げることを優先している

転職の本質は「不満、不安の解消」にあると私は考えています。今の会社に満足していれば転職という選択肢が浮かぶことはないからです。逃げることを優先することについては、転職をする理由が「単純に嫌だ」や「やりたくない」など、逃げることを理由に転職を選択することを言います。転職理由が逃げることを目的としていますと、次の転職先でも逃げて、結局何がやりたかったのか、何をしたいのかも分からず、何も身につけないまま過ごすことになります。勿論、人権を侵害されることやブラック企業などの場合は、逃げることは大切ですが、一般的な企業の場合は、逃げることを考えて転職すると、後々、後悔が先行することになりますので注意しましょう。転職には必ず目的と理由が必要になります。

ワクワクより不安が大きい

心情的な問題になりますが、転職が前向きに捉えられているのであれば、ワクワク楽しみながら転職活動を進めることができ、その状態で転職することは良い結果に繋がることになるでしょう。しかし、ワクワクする気持ちより、不安要素が多くなってしまっている場合は、何かしら引っかかりがあるはずです。その部分を把握して許容できていれば良いのですが、何となく不安で転職をした方は、そのモヤモヤが噴き出てきて後悔することが往々にしてあります。私は不安が多く、その内容も把握できていない状態で転職をすることは危険だと思いますので、そういった場合は一度立ち止まって自分自身を見つめ直すことをおすすめします。

現状に満足している

現状に満足している場合は、無理に転職をする必要はないと思います。なぜなら、不安や不満が生じたら、転職をしたいなどの気持ちが込み上げてくるからです。ここで一番注意が必要なのが、誰かにお薦めされたからという理由で転職を決意することです。大抵そういう場合は、誰かの軸でスカウトやオファーが届いていることになります。自分が満足して走れているなら、一旦オファーを保留して、時期が来たら答えるようにしましょう。後々、満足から飛び出したことで後悔が増えることになりますので気をつけましょう。

まとめ

転職に失敗する方は、自分を客観的に捉えられていない方が多いです。自分のできること、得意なこと、できないこと、したくないことなど、客観的に把握できない限り、安易に転職をしても後悔することになります。また、誰かの軸、誰かの世界で生きていては、それは自分で考えることを放棄したことになります。自分の軸で考え、転職が今の選択の中で最善かを把握した上で、行動を起こすようにしましょう。