転職ノウハウ

転職活動は在職中か退職後か?メリットとデメリットと進め方を解説!

転職を決意した方で、転職先が決まっていないにも関わらず退職をしてしまう方がいます。そんな方々から、転職先が決まらないという相談を多く受けます。個人的には、在職中に転職活動を行って、転職先の目途が立ったら辞めなさいと思うのですが、どうしても退職を先にしないといけない理由がある方もいます。これから、転職活動は在職中か退職後に行うべきかについて、メリットデメリットの比較とそれぞれの進め方を解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・原則、転職活動は在職中に行う

・退職後の転職活動はツールを多く活用する

・転職活動に疲れたら、中断しよう

転職活動に必要な準備

本題に入る前に、転職活動の全体像を把握しましょう。全体像を把握することは、効率的な転職活動を可能にします。

進め方 流れ
個人ワーク ①内省
②キャリアの方向性を確認
情報収集 ③転職サイトに登録
④転職エージェントと面談
応募・選考 ⑤書類作成、応募
⑥筆記試験
⑦面接
内定 ⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)

個人ワーク

先ずは、個人ワークです。この作業で転職活動の質が大きく変わります。最も重要な作業であることを先に強調します。さて、個人ワークは、①内省、②キャリアの方向性を確認することを行いましょう。注意点は、個人ワークですので、友人からアドバイスを貰うことは良いですが、最初は自分自身で作業を行い、参考情報として意見を伺う程度にとどめるようにしましょう。最終的な結果に責任をとれるのはあなた自身です。個人ワークは基本一人で、自分自身と向き合うようにしましょう。

情報収集

個人ワークを終えたら、企業の情報収集に移行します。ここで大切なのが、個人ワークで纏めた内容を重視することです。情報収集は、③転職サイトに登録、④転職エージェントと面談することになります。転職サイトに登録すれば、浴びるように企業が紹介されます。転職エージェントと面談をすれば、あなたのやりたいことが歪められることもあります。他者の情報で軸がブレないためにも、情報収集は、あくまで、あなたのやりたいことを軸として行うようにしましょう。

応募・選考

情報収集を終え、志望企業が決まりましたら、いよいよ応募と選考の段階に移ります。応募は、⑤書類作成、提出を行います。エージェントに志望企業の情報をヒアリングして、志望動機や職務経歴書、履歴書を作成しましょう。選考は、⑥筆記試験、⑦面接を行います。筆記試験はSPIがメインとなり、適性検査の色が強いです。経験のない方は、市販本等で対策をしておくと良いでしょう。面接は、今までやってきたこと、あなたの強み、志望企業で何に価値提供ができるかを明らかにしましょう。

内定

内定が決まったら、⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)の最終段階に移行します。入社準備は必要な資格があるのであれば、資格取得を行います。退職準備は、退職の旨を上長に伝え、引継ぎを、誠意を持って進めていきます。

スポンサーリンク



転職活動に費やす時間

転職全体の目安期間は、3ヵ月~6ヵ月と言われています。個人ワーク、情報収集に1ヵ月、応募・選考に2ヵ月、内定から入社まで1ヵ月という流れです。応募・選考が早い企業ですと3ヵ月以内の転職も可能になります。さて、ここでは、転職準備期間と絞って考えると、目安は1ヵ月程度でしょう。転職準備期間は個人ワーク部分(内省、キャリアの方向性の確認)です。内省、キャリアの方向性の確認は、日々皆さんが感じている内容を纏めていく作業ですので、数カ月かかることはないでしょう。ただし、転職するか迷っている方は、本音が固まるまで時間を費やすようにしましょう。理由は、一度、転職サイトに登録してしまうと、自分のことをあたかも知り尽くしたようなエージェントに流されるからです。あくまで、転職は自分がどうありたいかの手段です。目安に流されないように、自分自身と向き合いましょう。

転職活動は在職中か退職後か?

ここから、本題となります。先ずは、転職活動を在職中に行うメリットとデメリット、退職後に行うメリットデメリットを解説していきます。

在職中に行うメリットとデメリット

【メリット】

キャリアの中断が無くなる

金銭的な余裕がある

【デメリット(リスク)】

時間がとれない

並行作業に疲れる

在職中に行うメリットは金銭的な余裕を持って、キャリアの切れ目なく転職活動ができることです。やはり、退職をしてしまうと収入が無い状態で、徐々に追い詰められてしまいます。その点、在職中の活動ですので生活の心配がないことはメリットです。更に、キャリアの切れ目などの空白期間を日本企業の多くは前向きに捉えていません。何かしらあった人だという烙印が押されることが多いのでその危惧が無くなります。転職活動をするのであれば、心証面でのマイナスポイントが少ない在職中に行うことをおすすめします。

それに対しデメリットもあります。在職中に行うデメリットは、仕事と並行して転職活動を行うことになるので充分な時間が確保できないことや、並行作業に疲れてしまうことになります。普通に仕事をする以外でエネルギーを使わないといけないので疲れますし、そもそも忙しい中時間を確保することも難しいです。ここで危惧されるのが、最後は適当に妥協した形で転職先を決めることになります。そうならないためにも、転職理由、転職目的は明確にするようにしましょう。また、転職活動に疲れたら、一度中断しても問題ありません。気持ちが充実している時こそ、納得のできるプラスに働く転職が可能になりますので、無理せずに行うことが大切です。

スポンサーリンク



退職後に行うメリットとデメリット

【メリット】

充分な時間が確保できる

検討できる範囲が広がる

【デメリット】

キャリアの空白期間

金銭的に厳しくなる

退職後に行うメリットは、転職活動に充分な時間を使えるため、検討できるエリアや企業が増えることになります。在職中に転職活動をすると、面接地や時間帯などに制約がでてきます。その点、時間は多くありますので、地方への転職活動も視野に入れることが可能になります。また、在職中であれば仕事があるためタイムリニーに転職活動をできませんが、退職後であれば、即時に行動が起こせます。運とタイミングが重要な転職活動ではメリットと言えます。

しかし、退職後に行うデメリットは、メリットを考慮しても厳しい部分があります。退職後に行うデメリットは、企業からの心証が悪いことと、生活が追い詰められていくことになります。日本企業はキャリアの空白について明確な理由が無いと煙たがります。なぜなら、その期間に何もしていなかったと捉えるからです。勿論、留学、大学院への進学などであれば前向きに捉えられますが、それ以外の自分探しの旅、ワーホリなどは、それ自体が評価されることはありません。また、転職活動が長引けば収入がないので、生活が追い詰められてきます。追い詰められた場合に苦しさから妥協した企業選びがなされ、納得がいかない転職活動になることは避けなければなりません。

在職中の転職活動進め方

在職中の転職活動で一番重要になるのが、

タイムマネジメントと軸の管理です。

先ず、タイムマネジメントについては、通常業務で忙しい中、どれだけ転職活動にさけるかを管理することが大切になります。また、転職の軸を明確に持つことで、適当な企業にフィルターをかけることが大切です。

以下で、マイナビエージェントとミイダスをご紹介しますが、マイナビエージェントは現実的な企業紹介に優れています。皆さんの現状に合ったオファーを用意してくれますので、かなり使えます。また、ミイダスについては、ダイレクトリクルーティングのツールです。皆さんのスキルを見てオファーが届くようになっていますので、マッチング率の高いサービスです。併せて、私のおすすめとして、リクルートエージェントも併用することで転職を効率的に進めることができるでしょう

ミイダスの登録

無料でミイダスに登録!

【ミイダスのメリット】

1.市場価値を簡単に確かめられる

2.属性と年収相場が分かる

3.年収データが公開されている

マイナビエージェントの登録

無料でマイナビに登録!

【マイナビエージェントのメリット】

1.求人情報の幅広さ

2.募集要件以上の「生の求人情報

3.各企業の特色を捉えた「面接対策」

スポンサーリンク



退職後の転職活動進め方

退職後の転職活動では様々なサイトやツール、ハローワークなども活用することが重要になります。特に、UターンやIターン、Jターンを検討している方は、ハローワークなどの自治体とコラボしている求人は強いです。自治体が関与している分、ブラック求人はないと思われますし、落ち着いた生活ができることになるでしょう。また、時間はありますので、転職活動をしつつ、何かの勉強に時間を割くとより良いでしょう。英語が弱いと思うのであれば、思い切って留学などしてから、転職活動を始めることも有だと思います。内省をしっかりして転職活動を進めていきましょう。

まとめ

転職活動は、原則在職中に行いましょう。その際、疲れた、しんどくなったら一度中断するようにして、無理の少ない活動にしましょう。また、退職後に転職活動を始める場合は、空白期間の説明ができるように準備はしておきましょう。