転職ノウハウ

転職活動に疲れた!辛い、しんどい、やる気が出ない場合の解消法は?

転職活動は「孤独」です。自分自身が動かなければ何も始まりませんし、終わることもありません。スムーズに全てが上手くいけば良いのですが、変化を起こすということは、何かしらの障壁は生まれることになるでしょう。これから、転職活動に疲れた、辛い、しんどい、やる気が出ないと感じる人へ解消法をご紹介していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・「めんどくさい」が全ての原因。

・全て「吐き出す」ことが大切。

・「休む、止まる」ことを怖がらない。

疲れる原因

転職活動は疲れます。なぜなら、新しく自分から変化を起こすことになるからです。そのため、転職活動期間が長引けば、気疲れもしますし、肉体的にも疲労は溜まっていきます。以下で、具体的に生じる疲れの原因をご紹介します。

【ストレスの原因】

予定通りに物事が進まない

準備に手間と時間がかかる

予定通りに物事が進まない

自分の想定通りに物事が進まないのが転職活動です。志望企業、希望職種に求人があることも運とタイミング次第ですし、希望日程に面接ができることや、希望条件が全て通るとも限りません。つまり、予定通りに物事が進まないことが多いため、どうしてもストレスは溜まっていくことになります。最初は「こんなもんか」で受け入れられる部分はありますが、長引くほど、府落ちできなくなっていくものになっています。

準備に手間と時間がかかる

転職活動の準備には時間と手間がかかります。例えば、作成する書類だけでも、履歴書、職務経歴書、自己PR、その他企業特有の質問と、最低でも3つは作り込む必要があります。また、面接対策や転職資金を準備することなど、準備期間に最低でも2ヵ月程度必要になると思います。モチベーションが保てている間であれば、勢いだけで全てをこなしていけますが、長引くほど、時間と手間をかけることに対して疲れていくことになります。準備の繁忙さは、ストレスがかかる原因と言えます。

スポンサーリンク



辛い、しんどいと感じる原因

転職活動中に、辛くなったり、しんどくなったりすることは必ずあります。何故か、悲しくもないのに涙がでてくるなど、自分では気づかない内に追い詰められていることは往々にしてあります。以下、具体的な転職活動が辛く、しんどく感じる原因をご紹介します。

【ストレスの原因】

内定が貰えない

「やるべきこと」との両立ができない

お金が無くなり始めた

内定が貰えない

転職活動で一番辛く、しんどく感じる内容は、内定が貰えず落ち続けることです。自分は誰からも必要とされない人材なのではないかと、悲観することにもなるでしょう。就活でも苦戦した人は尚更辛いのではないかと思います。内定が貰えないのは、あなたの人間性が悪いのではなく、あなたの経歴や経験が足りないということです。目で見える部分でしか、企業は判断しませんので、あなたの本質は関係ありません。落ち続けることが続いても、全てを否定されたと思うことはありません。

「やるべきこと」との両立ができない

在職中であれば、現職との転職活動の両立はしんどく感じるでしょう。また、無職の方も生活費を稼ぐために働いている中、転職活動を両立させていくのは辛いでしょう。転職活動は、現状の生活に+αで行動を起こすことになります。そのため、どうしても負荷は増加しますし、時間の制約を意識して活動していかなければなりません。ここで注意点は、「やるべきことを辞める」選択はしないで欲しいと思います。あくまで、リスクのお話になりますが、全てダメだった場合、留まれる場所、スキルがあることは強いです。世間的には、全てを投げ出す覚悟と言われますが、転職活動においては現状+αの意識を持つようにしてください

お金が無くなり始めた

お金は大切です。皆さんご存知の通り、お金が無くなれば生活ができなくなります。転職活動は交通費等が多くかかります。これ以上、転職活動を続けたら生活ができなくなる、しんどくなるラインは必ず設定しておきましょう。一度、転職活動を止めても、資金が溜まれば、何度でも挑戦することは可能です。ギリギリまで無理をして、オーバーするようなら止まる覚悟を持つようにしましょう。

やる気が出ない原因

転職活動にやる気が出ない状態ですと、内定はどんどん遠くなってしまいます。結果に注力せず、やる気に満ち溢れ、肩の力が抜けている状態が、転職活動で重要なマインドです。転職活動は「自分を売り込む」ことですが、セールスマンがやる気なしに、商品を紹介しても誰も買いませんよね。以下で、具体的にやる気が出なくなってしまう原因をご紹介します

【ストレスの原因】

他のことで手一杯

本心で転職活動をしていない

他のことで手一杯

転職活動は何かと両立しながら行わると思いますが、例えば、在職中の方ですと、日々の仕事に疲れている中、転職活動に頭を切り替えるのは一苦労です。覚悟や意気込みが無いと、疲れにやる気を奪われてしまい、集中して取り組むことが難しくなります。大抵の方がぶつかる壁が、この他のことで手一杯になってしまうことになります。

本心で転職活動をしていない

世間の風潮や周りに流されて転職活動を始めた方はやる気がでないでしょう。やはり、転職には目的が必要ですし、ゴールイメージ、成し遂げた後に得られる物を明確にしないと続けていくことは難しいです。なぜなら、転職活動は上述である通り、辛くて、しんどくて、疲れるものだからです。転職活動を始める前に、しっかり目的を明確にすることを推奨します。

ストレスの本質は何か?

さて、それぞれの感情について、ストレスとなる原因を紹介しましたが、一言で表現すると、めんどくさいが全てに関係してきます。疲れて面倒になる、面倒だから辛く、しんどくなる、やる気が出なくなるもの面倒に感じるからです。普段と違う行動をすれば面倒に感じるのは仕方がないことです。その面倒な行動をとってまで、実現したいことは何なのかを明らかにすることが大切です。それが、転職活動をするモチベーションにもなりますし、ゴールとなります。これまで、列挙したストレスの本質を認識して、上手くストレスと向き合って転職活動をしていただければと思います。

スポンサーリンク



転職活動に疲れた場合の解消法

転職活動に疲れた時ほど、開き直ることが大切です。以下で、ストレス解消法をご紹介します。

【ストレス解消法】

休む

リフレッシュする

無視する

休む、寝る

疲れた時に休むことは大切です。毎日頑張ったなら、休むことはOKです。特に、日頃から睡眠不足の方はしっかり寝ると気持ちが楽になります。疲れた体に鞭を打つことは時には必要ですが、疲れたら満足できるまで休むことをしましょう。

リフレッシュする

自分の好きなことに没頭してリフレッシュしましょう。転職活動モードから離れることで、今まで見えなかった、見落としていた景色に気づくようになります。気分転換は最も大切な解消法です。私の場合、ライブに参加して発散することがリフレッシュすることになっています。そういった物を見つけるのも、疲れをとることになりますので、是非、好きなことでリフレッシュしてください。

無視する

疲れが溜まってきたと感じたら、転職活動、他人との比較、評判など、難しく考えることは無視しましょう。どうしても無視できない場合は、気分転換でリフレッシュするなど、一度、転職活動から離れることをしましょう。案外、全てを無視してみると、大切なことが見えてきます。見えるまでは、現状維持でも悪くないと思いますよ。

転職活動が辛い、しんどい場合の解消法

転職活動が辛く、しんどくなったら、吐き出すことが大切です。以下で、ストレス解消法をご紹介します。

【ストレス解消法】

相談する

愚痴る

名言に癒される

相談する

自分で考えて解決しない悩みは、誰かに相談するだけで楽になります。先ずは、家族、友人などに話すことから始めてみてください。また、案外親密でない人に相談してみるのも有だと思います。バーのマスターやバイト先の店長など、あなたを深く知らない分、面白い角度から悩みを解決してくれるかもしれません。

愚痴る

溜め込むことが最も問題です。どんなに自己中だと言われようが、誰かに八つ当たりのように吐き出すことをしてみましょう。おかしくなったと言われるかもしれませんが、自分の心を保つためには何ら問題ありません。本当にダメだと思ったら、なりふり構わず暴れてみましょう。一番のリフレッシュ材料となります。

名言に癒される

これは余談に当たりますが、私は「名言」が大好きです。本を読むことも好きで、好きなフレーズはメモして忘れないようにしています。大抵の悩みは先人が経験していると言われるように、その悩みがどんなにちっぽけかを気づかせてくれるのは、いつも先人の名言でした。是非、皆さんも数ある名言から、視点の転換ができるような言葉を見つけていただければと思います

スポンサーリンク



転職活動にやる気が出ない場合の解消法

やる気が出ない時こそ、初心に戻りましょう。以下でやる気が出ない場合の解消法をご紹介します。

【やる気が出ない場合の解消法】

内省する

転職イベントに参加する

内省する

自分が何故、転職活動を始めたか初心に返りましょう。きっと、そこに想いや考えが詰まっています。また、何となくという理由であれば、一度、転職活動は辞めても良いと思います。誰かに流された決断では、今後後悔することになります。自分としっかり向き合う時間を作りましょう。

転職イベントに参加する

同じ転職を考えた方が集まるイベントに参加して、企業の情報だけでなく、ライバルになるであろう人を確認して、モチベーションを高めましょう。やる気が出ない時こそ、明確な目標を持つことが大切です。また、転職イベントは様々な情報を効率的に集められる絶好の機会です。企業イメージがぼんやりしている場合は、是非イベントに参加してみると良いでしょう。

解消方法で重要なこと

様々なストレス解消法、モチベーションの高め方をご紹介しましたが、私が一番言いたいメッセージは、休む、止まることを怖がらないことになります。一度止まると、一度休むと全てが無駄になると思われがちですが、そんなことは一切ありません。自分のペースで、自分のリズムで転職活動を進めていくことが大切です。焦って、周りに急かされて転職を決意しても、いい方向には進みません。リラックスしながら、メリハリをつけて転職活動を進めていきましょう。

まとめ

転職活動に疲れた、辛い、しんどいと感じたら、一度止まって考えてみましょう。頭に血が上っている状態では、冷静な判断はできません。また、やる気が出ない場合は、自分が転職で成し遂げたいことなど、目標を明確にすることが大切です。いずれにしても、転職は他人と比較するものでもありませんし、焦って決める判断でもありません。自分のペースを大切に、転職活動を進めていくようにしてください。