転職エージェント

転職エージェントに退職理由や転職理由を本音で話して大丈夫なのか?

転職活動を始めたら利用することになる転職エージェントですが、エージェント面談などで退職理由や転職理由を本音で話して大丈夫か?、疑問に思うことでしょう。これから、転職エージェントに本音でどこまでお話して良いか解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・転職エージェントも「人」

・本音と建前は使い分けよう

・日程調整のためにエージェントを活用

転職エージェントの役割

転職エージェントの役割は、「総合的な転職サポート」となります。具体的な転職サポートの内容は以下です。それぞれどのようなことがサポートされるかご紹介します。

【転職エージェントのサポート】

求職者のヒアリング

求人紹介

書類選考の添削

面接対策

企業と求職者のマッチング

企業と求職者の日程調整

企業と求職者の条件交渉

求職者のヒアリング

直接又は電話で求職者のキャリア面談を行います。エージェント拠点が近郊に無い場合や繁忙な求職者の場合は、電話面談が実施されることになります。人にもよりますが、30分~1時間程度、今までの経歴、今後のキャリア展望についてヒアリングがされます。面談後は、あなたの適性や強みがフィードバックされることになります。

求人紹介

求職者の希望条件や適性を考慮して求人紹介を行います。私が紹介された企業ですと、チャレンジ企業(コンサル系)、確実な企業(電機メーカー系)、視点を変える企業(素材系メーカー)の3種類が用意されました。紹介企業は経歴や適性で、人によって大きく変わることになります。また、企業毎に営業担当がエージェントにいるため、専任の方以外からも求人が紹介されることもあります

書類選考の添削

最低限の内容ですと、履歴書、職務経歴書、企業特有の質問について添削を行います。履歴書は本人が書き損じていた経歴を追記することや、職務経歴書であれば自己PRの添削がされます。企業特有の質問は大企業に多いですが、志望企業に響くポイントなどをアドバイスされます。

面接対策

志望企業を想定した模擬面接を行います。企業毎に過去の傾向がノウハウとしてあるため、実践に近い訓練ができます。面接対策は面接専属の担当が存在して、直接又は電話で20分~30分程度行われます。模擬面接後、フィードバックが行われます。

企業と求職者のマッチング

求職者には見えない部分で、企業と求職者のマッチングを確かめます。求職者に不向きな企業であれば他の企業を紹介するアドバイスを行いますし、企業のニーズに合わない求職者であれば企業へも助言を行います。両社がwin-winになるよう検討をします。

企業と求職者の日程調整

面接の日程、入社時期などの調整を行います。私の場合ですと、地方からの転職活動を行いましたので、休日と上手く合わせた日を設定していただきました。金曜のPMと月曜終日に詰め込んだ日程調整となりました。また、入社時期もプロジェクトが終わるタイミングで調整していただくようお願いできました。

企業と求職者の条件交渉

企業との年収、福利厚生などのオプション含めた条件交渉を行います。一番苦戦するのが年収交渉となります。やはり、求職者は年収を妥協したくないからです。また、私が重視したのは社宅を適用してくれるかどうかでした。借り上げ式の社宅を用意していただけるか、粘り強く交渉していただいたのを覚えています。

スポンサーリンク



転職エージェントの心情

転職エージェントの役割を上述で紹介しましたが、結論から言いますと、求職者と企業の仲介をしないといけませんので、とてもハードです。興味本位で転職エージェントに登録する方やサポートできないレベルの方にも、何かしらの価値を提供しないといけません。転職エージェントも「人」ですので、協力的でない、心証が悪い求職者とは一緒に頑張りたいと思いません。企業へのプッシュもどうしても鈍くなります。やはり、一緒に仕事をしたいかどうかは、転職エージェントと接する時にも重要な要素となります。

何故、本音はリスクになるのか?

ここからが、本題となります。皆さんは、

転職エージェントに本音を伝えた場合、どのようなことがリスクとなると思いますか?

複数ありますが、一番影響があるのは、企業と求職者のマッチングとなります。なぜなら、本音がそのまま企業の求人条件と照らし合わされることになるからです。例えば、「嫌な仕事しかさせられないので転職を決意しました」と、転職エージェントにお話した場合、今までやってきた仕事が下積みの仕事(最低努力量)なのか、この人の適材としての仕事だったのかをキャリアや能力で判断されます。その結果、忍耐力が無い、能力が足りない人などとレッテルが貼られ、志望していた企業に推薦してくれなくなることになります。このように、本音で伝えたら影響がありそうかは精査するようにしましょう

退職理由と転職理由を本音で伝えて大丈夫か?

退職理由と転職理由は本音を転職エージェントに伝えてはダメです。理由は、上述のリスクがあるからです。転職エージェントとの面談でも、企業への面接と同じような受け答えができるように対応をしましましょう。具体的なアドバイスとしては、退職理由と転職理由は「キャリアアップ」など、ポジティブな内容で一貫性を持たせるようにしてください。希望条件等であれば、どんなに変なことを言ってもある程度許容されますが、一番カギとなる転職きっかけとなる部分は、本音の建前化を意識してください。以下で、本音の建前化について解説していますので、是非参考にしてください。

転職のきっかけ一覧!会社を辞める決心決意したタイミングと出来事!転職のきっかけは人それぞれですが、同じような境遇で、同じような悩みを抱えている人を知ることで、心が軽くなる人もいるでしょう。これから、転...

スポンサーリンク



転職エージェント活用方法

転職エージェントに本音を伝えられないと、効率的な転職活動を進めることが難しいと考える人もいるでしょう。そんな皆さんに、転職エージェントの活用方法をマインド含めて解説したいと思います。先程もお話した通り、転職エージェントは「総合的な転職サポート」が役割としてありますが、担当者の当たり外れもあるため、全てを委ねることは危険です。特に、あなたの本音が曲解され、企業に伝わってしまったら、それだけでゲームオーバーになってしまいます。ここで、先ず、心構えについては、自分の想いや実現したいことを最優先に考えるということです。エージェントに紹介されたから、適性をエージェントに判断していただいたからなどで、転職先を決定しないようにしましょう。おそらく、なりたい自分や行きたい企業は実現可能性を考慮しなければ、必ずあるはずです。そこに近づけるためにどうするかを重視するようにしてください。また、そんな企業が無いというのであれば、現職をもう一度見つめなおすこと、それでも府落ちしない場合は、独立や留学などを考えてみてはいかがでしょうか?このように、マインドは自己中心的に考えるようにしましょう。誰かに進められた人生を送るのは、後悔することになりますよ。

さて、次は、具体的な転職エージェントの活用方法については、「日程調整、条件交渉、企業への推薦」を効果的に活用するようにしましょう。それ以外、特に、キャリア相談は自分の想いを伝えることをメインにして、転職エージェントにそれを飲ませるようなスタンスでいましょう。私が一番活用すべきと思うことは、企業への推薦斡旋です。営業担当者に自分の強みをしっかり売り込んでもらい、少しでも他候補者と差別化をしてもらうようにしましょう。このプッシュで内定が貰えるかどうかが決まると言っても過言ではありませんので、是非積極的に活用してください。

まとめ

転職エージェントには退職理由や転職理由を本音で伝えないようにしましょう。エージェントを企業採用担当者と同じように捉える意識が大切です。また、あなたを強く売り込んでくれるのが、転職エージェントです。本音の建前化をしっかり行い、少しでも企業へPRしてもらえるようにキャリア相談から取り組むようにしましょう。