転職サイト

転職サイトを登録利用する前にやるべきことは?事前準備と注意点は?

皆さんは、転職サイトに登録すれば就活が円滑に進むと思っていませんか?

私も、当時そのような考えを持っていました。

しかし結論は、「転職サイトはツール」であって、活用しない限り無意味なモノだということです。これから、皆さんが転職サイトを活用するに当たり、転職サイトを登録利用する前にやるべきことは何かを解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・登録する前に、自己分析をする。

・登録する前に、企業選定を行う。

・利用する前に、転職理由を明確にする。

転職サイトの機能

本題に入る前に、転職サイトの機能について解説します。先ずは、転職サイトとは何か、どのような価値を提供してくれるか、知っていきましょう。

転職サイトの機能は、「求人紹介サポート」となります。WEBを利用した転職支援サービスとなるため、企業が掲載する求人に対しサイト経由で応募することになります。また、転職エージェントと異なり、応募後の日程調整から条件交渉までを個人で行う必要があります。個人のペースで転職活動をできるメリットはありますが、直ちに転職をしたい方であれば、効率性の面で転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サイトの具体的な転職サポートは以下となり、詳細をそれぞれご紹介します。

【転職サイトのサポート】

・求人紹介

・スカウト機能

・転職ノウハウ(WEB媒体)

・適性診断

求人紹介

企業が募集をしている膨大な求人が閲覧応募可能となります。転職サイトの強みは圧倒的な情報量になります。多くの企業を様々な条件で抽出でき、比較検討できることは企業選定を慎重に行いたい方にとっては有益です。また、転職エージェントと異なり、求人紹介に対する確認レス等のプレッシャーもなく、気軽に企業を検討できることは良いでしょう。ただし、企業掲載されていない企業は応募ができないため、エージェントだけに公開されいるようなシークレット求人は応募できないため、エージェントと併用していくことが効率的となります。

スカウト機能

皆さんの職務経験を見た企業が直接的にスカウトをしてきます。私の経験したところでは、1日10通以上メールが届き、同じ企業が何度もオファーを出してくることもありました。嬉しい反面、余程人材難なのだと思いました。この機能は利用可否を設定するだけで受けられるサービスとなりますので、必要に応じ活用すると良いでしょう。

転職ノウハウ(WEB媒体)

転職サイトでは面接等の個別対策を行えない分、転職ノウハウという形で、WEB上に情報が充実している特徴があります。職務経歴書、自己PRの書き方や、面接で気をつけるポイント等、一般的に疑問に思うことは網羅されていると言っても過言ではないでしょう。ただし、一部ダイレクトリクルーティンがメインの転職サイトでは充実していない部分もありますが、総合的なサイトでは充実している内容になっています。エージェントに伺うには恥ずかしいと感じる内容はサイトの記事を読んで知見を深めると良いでしょう。

適性診断

転職サイトに多くある機能として、適性診断があります。エージェントサービスと異なり、対面のカウンセリングができないため、ビッグデータ等を用いた診断で自己・他己分析に繋げる効果があります。私も診断しましたが、新たな気づきを貰える部分もありましたので、興味がある方は試してみると面白いでしょう。ただし、その結果で一喜一憂するのではなく、数あるデータの一種として客観的に向き合うことで、変に気にすることがないようにしましょう。変な思い込みは危険ですので!

スポンサーリンク



サイトに登録する前にやるべきこと

転職サイトに登録した途端、多くの企業から面談日程調整スカウトメールが届きます。私の経験からお話すると、登録段階でスカウト機能をチェックしただけで、一日50通以上のメールが届くようになりました。つまり、

登録後、自分自身と向き合っては、様々なバイアスで歪む危険がある

ということです。とりあえず登録してから、企業選定や進め方を考えようとしていては、怒涛の波に流されてしまうことになります。そのため、以下2点をは登録前までにやっておくと良いでしょう。

【登録する前にやるべきこと】

・自己分析

・企業選定

自己分析

転職をする上で、最も大切な内容です。

自分が何者で、

何をしている時に喜びを感じるか、

何を今後したいのか・したくないのか、

自己分析を必ず行いましょう。自分が誰か分かっていない状態では、転職サイトの波に流されてしまうことや、面接の深堀質問に答えることができなくなるからです。以下で、私が感銘を受け、このレベルまで自分を知ることができれば恐れることはなかったと思える書籍がありましたので、参考にご紹介します。この熱量で転職活動ができれば良かったと思える程です!

「メモの魔力 前田裕二さん」

企業選定

転職理由を深堀すれば、自ずと志望企業の方向性は分かると思います。転職サイトに登録してからでは、ポジション単位でスカウトが100件となり、膨大なポジションの中から応募企業を抽出することが求められます。つまり、

企業選定段階で、

自分の志望しない多くの求人に流さてしまう

可能性が高くなります。私自身、企業選定を行わずに、一番必要としてくれる企業に行こうと考えていましたので、企業選定は困難を極め、行きたくもない企業に応募して労力を奪われました。無駄な時間を使ってしまったと今では反省しています。皆さんには、同様の非効率を経験して頂きたくないため、登録する前に企業選定をすることをおすすめします。

スポンサーリンク



サイトを利用する前にやるべきこと

転職の面談で最も聞かれる内容が「転職理由」となります。おそらく、転職を考えたきっかけまでを深堀されることになります。なぜなら、企業は、皆さんの価値観や転職への意向を確認したいと思っているからです。価値観については自己分析で固まっていると思いますが、転職への意向については「理由はありません。」や説明ができないようではそれだけで落とされることになります。そのようなことにならないためにも、以下2点は整理しておくことをおすすめします。

【利用する前にやるべきこと】

・転職のきっかけの整理

・転職目的の明確化

転職のきっかけの整理

転職を意識する「きっかけ」はあったはずです。その部分を特定して、何故そう思ったのか、本音で向き合うようにしましょう。おそらく、その内容が転職で実現したいことにも影響し、今後の流れになるからです。例えば私の場合、きっかけは進みたいキャリアとのズレでした。私事になってしまいますが、人事業務全般を5年経験して制度企画や運用などに進みたいと考えている中、提示されたポジションは新卒採用の責任者でした。新卒採用は人事にとっては花形と見られがちですが、実際は人事の本流ではないためモチベーションが全く上がらなくなりました。このまま学生と役員のスケジュール調整で数年を過ごすと考えると頭が真っ白になったことを覚えています。このように皆さんも自分自身の違和感について整理してみましょう参考に以下できっかけ一覧もご紹介しておきます。

転職のきっかけ一覧!会社を辞める決心決意したタイミングと出来事!転職のきっかけは人それぞれですが、同じような境遇で、同じような悩みを抱えている人を知ることで、心が軽くなる人もいるでしょう。これから、転...

転職目的の明確化

あなたが転職で実現したいことは何ですか?

この質問に答えられるかが、転職活動が成功するかどうかの基準になります。つまり、実現したいことがない場合は企業担当に見抜かれ落とされますし、仮に転職できた場合もモヤモヤした気持ちが付きまといます。きっかけを意識することと同様に、転職目的の明確化は重要な内容となります。私の場合は、制度企画やタレントマネジメントの企画等、頭で考えて行う仕事をすると明確化しました。軸が明確だった分、企業にも好印象だったことを覚えています。以下で転職目的を明確にする方法をご紹介しますので、やり方が分からない方は参考にしてください。

転職目的を明確にする理由!手段とゴールを意識することがポイント!「転職目的を明確にする」ことを、頭で理解していても上手く纏められない方は多いと思います。「理想の自分になりたい」、「こんな会社で働くのは...

スポンサーリンク



転職サイトを利用する際の注意点

転職サイトは様々な情報を得るためには有益ですが、一歩活用方法を間違えると危険な存在になります。特に、そこに記載された情報を全て鵜呑みにすることは危険です。記載された内容は抽象度が高い内容になっているからです。各企業によって求める人材水準が違う分、一律の情報では対策したとは言えないことは念頭に置きましょう。そんな背景を踏まえて、以下2点は注意していただきたいと思っています。

【注意点】

・転職スカウトに流されない

・転職サイトの情報に依存しない

転職スカウトに流されない

転職スカウトは企業からのオファーであって、皆さんの希望と一致するとは限りません。転職理由が明確になっていない方に多いのですが、スカウトの数とネームバリューに浸ってしまい、全く志望していなかった企業へ応募することがあります。勿論、企業は多くの候補者から人選ができるためメリットはありますが、皆さんは人参に飛びついただけですので時間の浪費につながります。転職理由の明確化とも関連しますが、転職スカウトに流されない自分の軸をしっかり持つようにしましょう。

転職サイトの情報に依存しない

ネット情報が万能と考える方に多いのですが、転職サイトの情報が全て正しくて、理想の転職先に導いてくれると思うことは危険です。先程も少しお話しましたが、ネット情報は万人受けを狙っているため、どうしても抽象度が高くなってしまいます。しかし、企業への応募は各論の話で、具体的な事象が強いです。つまり、

抽象度が高い情報ではズレが生じる

ことになります。では、何を信じて進めば良いかと思うかもしれません。

それは皆さんが行った

自己分析の結果がコンパスになる

はずです。転職サイトの情報は参考にしても良いですが、自分で自分の道を切り開く考えは捨てないようにしましょう。転職サイトを利用する場合、主体性が求められます。ピッチに立ったら、孤独と向き合いながらしっかり戦うことが大切です。自分の人生にこだわるようにしましょう。

まとめ

転職サイトに登録する前に、必ず自己分析と企業選定は行っておくようにしましょう。登録してからでは、転職サイトのスカウトメールに心が揺らぎ、多少のバイアスを無意識化で受けるリスクがあるからです。いずれも、質問集や業界地図などで対応可能です。重要なのは、「あなたの人生にこだわれるのは、あなたしかいない」と言うことです。折角の機会ですから、とことん自分と向き合うことで、後悔の無い転職活動にしてください。

ミイダスの登録とログインと退会方法!評判口コミと料金と活用方法!ミイダスを活用しようと決めたが、操作方法や活用方法が分からない方は多いと思います! 例えば、 ・登録方法が分からない! ...