転職サイト

転職サイトと転職エージェントの違い!どっちかを使い分けるべきか?

皆さんは、転職サイトと転職エージェントの違いを知っていますか?

また、どう使い分けると効果的かイメージできていますか?

当時、私は何も考えず、転職サイトと転職エージェントに登録をして、パンクした経験があります。私と同じ失敗を繰り返さないためにも、皆さんには転職サイトと転職エージェントの違いを理解していただきたいと思っています。併せて、転職サイトと転職エージェントのどっちかを使い分けるべきかについても解説します。

【この記事で伝えたいこと】

・違いは、総合的か部分的か。

・目的別に使い分ける。

・併用する方が効果的。

転職サイトとは?

転職サイトは、WEBを利用した転職支援サービスです。企業が掲載する求人に対しサイト経由で応募することになります。そして、WEBを利用したサービスとなるため、応募後の日程調整から条件交渉までを個人で行う必要があります。つまり、

「求人紹介サポート」

がメインのサービスとなります。

メリットは、個人のペースで転職活動を始めることができ、進捗も個人で管理できるため、自己裁量があることです。それに対しデメリットは、個人で応募後は対応しないといけないため調整などの負担が増えること、推薦なく応募することになるため、書類通過に多少の影響がでることです。

【転職サイトのサポート】

・求人紹介

・スカウト機能

・転職ノウハウ(WEB媒体)

・適性診断

求人紹介

企業が募集をしている膨大な求人が閲覧応募可能となります。転職サイトの強みは圧倒的な情報量になります。多くの企業を様々な条件で抽出でき、比較検討できることは企業選定を慎重に行いたい方にとって有益です。また、転職エージェントと異なり、紹介された求人に応募するかどうかの確認レス等の工数もなく、気軽に企業を検討できることは良いでしょう。ただし、企業掲載されていない企業は応募ができないため、エージェントだけが持っているシークレット求人は応募できないため、エージェントと併用していくことがカギとなります。

スカウト機能

スカウトシート、職務経験を見た企業が、直接応募依頼をしてきます。私が使用した転職サイトですと、1日10通以上メールが届き、同企業ですが何度もオファーを出してくることもありました。スカウトは必要とされているという充足感があり嬉しい反面、余程人材難なのだと思いました。この機能は、利用可否を設定するだけで受けられるサービスですので、必要に応じ設定すると良いでしょう。

転職ノウハウ(WEB媒体)

転職サイトでは面接等の個別対策を行えない分、転職ノウハウという形で、WEB上に情報が充実している特徴があります。職務経歴書、自己PRの書き方や、面接で気をつけるポイント等、一般的に疑問に思うことは網羅されています。ただし、一部ダイレクトリクルーティンがメインの転職サイトでは、ノウハウ自体が充実していない部分もあります。なぜなら、職務経歴のマッチングを重視しているからです。参考にミイダスを紹介します。

ミイダスの登録とログインと退会方法!評判口コミと料金と活用方法!ミイダスを活用しようと決めたが、操作方法や活用方法が分からない方は多いと思います! 例えば、 ・登録方法が分からない! ...

エージェントに伺うには恥ずかしいと感じる質問や、エージェントに伺うまでもない質問はサイトの記事を読んで知見を深めると良いでしょう。抽象度は高いですが、活用できる情報が整っています。

適性診断

転職サイトの一部機能として、適性診断があります。エージェントサービスと異なり、対面のカウンセリングができないため、ビッグデータ等を用いた診断で自己・他己分析が可能になります。私も診断しましたが、新たな気づきを貰える部分と、私の思う適性と客観的な指標に共通項が多く、客観的な根拠の自信が持てました。興味がある方は試してみると面白いでしょう。ただし、その結果で一喜一憂するのではなく、数あるデータの一種として客観的に向き合うことで、変に意識することがないようにしましょう。その結果だけで、変な思い込みは危険ですので!

スポンサーリンク



転職エージェントとは?

転職エージェントは、対面フォローを含めた「総合的な転職サポート」となります。求職者のヒアリングから始まり、企業紹介、面接対策や書類添削まで、総合的なサポートが強みです。転職エージェントにもよりますが、1名専属のエージェントが手配され、些細なお悩み解消含め対応していただけます。メリットは、総合的な転職サポートとあるように一貫性が挙げられます。企業紹介から面接スケジュール調整、条件交渉までを代理していただけるため、個人の負担が削減できます。それに対しデメリットは、通常3ヵ月間という期間限定性があるのと、エージェントの質です。期間限定性は、エージェントも転職意欲が高い人材を扱いたいと考えますので、熱量が無くなった方への対応は素っ気なくなります。また、転職市場が短期決戦の性質もあるため、サポートを受けられる期間が決まっています。次に、エージェントの質については、職務専門性が低い、営業力と傾聴力が弱い担当者になりますと、足でまといになります。特に、職務専門性が低い担当者ですと、何が推薦のポイント、売りになるかが理解できていませんので危険です。ダメだと思ったら、担当を変更してもらうことをおすすめします。

【転職エージェントのサポート】

・求職者のヒアリング

・求人紹介

・推薦状の作成

・書類選考の添削。

・面接対策

・企業と求職者のマッチング

・企業と求職者の日程調整

・企業と求職者の条件交渉

求職者のヒアリング

直接又は電話で求職者のキャリア面談を行います。エージェント拠点が近郊に無い場合や繁忙な求職者の場合は、電話面談が実施されることになります。人にもよりますが、30分~1時間程度、今までの経歴、今後のキャリア展望についてヒアリングがされます。面談後は、あなたの適性や強みがフィードバックされることになります。

求人紹介

求職者の希望条件や適性を考慮して求人紹介を行います。私が紹介された企業ですと、チャレンジ企業(コンサル系)、確実な企業(電機メーカー系)、視点を変える企業(素材系メーカー)の3種類が用意されました。紹介企業は経歴や適性で、人によって大きく変わることになります。また、企業毎に営業担当がエージェントにいるため、専任の方以外からも求人が紹介されることもあります。

推薦状の作成

応募企業に対し、候補者の強みや弱みを紙面で伝えます。熱い方ですと、電話でのプッシュも凄いです。推薦状はエージェントの質も影響しますが、熱量があると、面接に進めるかどうかの判断材料として重要です。そのため、推薦状を書いていただけないというエージェントであれば、他社のサービスを検討することをしましょう。

書類選考の添削

履歴書、職務経歴書、企業特有の質問について添削を行います。履歴書は本人が書き損じていた経歴を追記することや、職務経歴書であれば自己PRの添削がされます。企業特有の質問は大企業に多いですが、志望企業に響くポイントなどをアドバイスされます。

面接対策

志望企業を想定した模擬面接を行います。企業毎に過去の傾向がノウハウとしてあるため、実践に近い訓練ができます。面接対策は面接専属の担当が存在して、直接又は電話で20分~30分程度行われます。模擬面接後、フィードバックが行われます。

企業と求職者のマッチング

求職者には打ち明けない形式で、企業と求職者のマッチングを確かめます。求職者に不向きな企業であれば他の企業を紹介するアドバイスを行います。企業のニーズに合わない求職者だと思えば企業へも助言を行います。両社がwin-winになるよう常に検討をします。

企業と求職者の日程調整

面接の日程、入社時期などの調整を行います。私の場合ですと、地方からの転職活動を行いましたので、休日と上手く合わせた日を設定していただきました。金曜のPMと月曜終日に詰め込んだ日程調整となりました。また、入社時期もプロジェクトが終わるタイミングに調整していただくようお願いできました。

企業と求職者の条件交渉

企業との年収、福利厚生などのオプション含めた条件交渉を行います。一番苦戦するのが年収交渉となります。やはり、求職者は年収を妥協したくないからです。また、私が重視したのは社宅を適用してくれるかどうかでした。借り上げ式の社宅を用意していただけるか、粘り強く交渉していただいたのを覚えています。

スポンサーリンク



転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、サービス単位で、以下のようになります。

サービス 転職サイト 転職エージェント
転職相談 ×
求人紹介
スカウト機能
推薦機能 ×
書類の添削 ×
面接対策 ×
日程調整 ×
条件交渉 ×
転職ノウハウ ◎(WEB媒体)
適性診断

転職エージェントは転職サイトで受けられるサポートを全て包括しています。転職サイトの強みは自己裁量性となりますので、気軽に始める場合や、転職の角度が高くなく企業情報だけを見たい方などに有益と言えます。本格的に転職を進める上では、やはり転職エージェントを活用することが個人の負担が少なくなるため有用です。ここで特に注目していただきたいのが、推薦機能となります。俗に言われる書類通過率は、応募企業数の2割と言われています。そのため、少しでも企業にアピールするためには、エージェントからの推薦状は重要です。志望度が高い企業を受ける際は、エージェントを必ず味方につけておきましょう。

スポンサーリンク



転職サイトと転職エージェントの使い分け

転職サイトと転職エージェントをどう使い分けるかについては、併用してサービス登録して、目的別に活用することをおすすめします。なぜなら、情報として判断材料が多い程、全体俯瞰ができるからです。特に、応募企業の選定時、求人情報と企業情報をサイトとエージェントで比較できることは有益です。基本的に求人情報は相違無いはずですが、企業情報はサイトやエージェント毎に異なります。それぞれが強みと感じるポイントを知ることができますので、書類作成や面接時に話せることが増えます。事前情報を持てること自体がメリットになります。

個人的におすすめできる使い方は、転職サイトで、抽象度の高い転職ノウハウをザッピングして、転職の全体を俯瞰してから、転職エージェントで具体的な応募選考に挑んでいくことです。繰り返しになりますが、企業研究の用途では、転職サイトとエージェントの求人紹介を併用して閲覧するようにしましょう。

まとめ

転職サイトと転職エージェントの違いは、部分的なサービスか総合的なサービスかになります。気軽にプレッシャーを感じず、転職活動を始めたい方は転職サイトを登録することをおすすめします。その後、本格的に応募を検討する段階で、転職エージェントを活用しましょう。また、転職エージェントが全てのサービスを包括しているかと言って、転職サイトを軽視せずに、応募企業の選定や転職のノウハウ等は参考に活用するようにしましょう。