転職サイト

転職サイトと転職エージェントを併用する場合の効果的な使い方とは?

皆さんは、転職サイトと転職エージェントの効果的な使い方を知っていますか?

当時の私は、何も考えず、転職サイトと転職エージェントを使っていました。スカウトを見て、言われるまま応募するという「主体性に欠ける」転職活動をしてしまった後悔があります。今思い返すと、在職中の忙しい中、無駄な作業が多かったと反省しています。これから、私と同じような非効率にならないよう、転職サイトと転職エージェントを併用する場合の効果的な使い方を、私の経験を踏まえご紹介したいと思います。

【この記事で伝えたいこと】

・転職活動は自分でコントロールする。

・無駄な作業はできるだけ減らす。

転職サイトとは?

転職サイトは、WEBを利用した転職支援サービスです。企業が掲載した求人に対し、サイト経由で応募することが機能になります。応募後は、面接の日程調整から、内定後の条件交渉までを個人で行うことになります。つまり、「求人紹介サポート」がメインサービスとなります。

転職サイトのメリットは、個人のペースで転職活動を始めることができ、進捗も個人で管理できる自己裁量があることです。

言い換えれば、個人で対応をしないといけないため、応募後の日程調整含めた負担が増えることがデメリットとなります。在職中の進捗管理は骨が折れる作業になります。また、転職サイト経由の応募は、エージェントからの推薦がないため多少不利になる可能性があります。本命を受ける場合は、転職エージェントも併用して活用することをおすすめします。以下が詳細なサポート内容となります。

【転職サイトのサポート内容】

・求人紹介

・スカウト機能

・転職ノウハウ(WEB媒体)

・適性診断

求人紹介

企業が募集をしている膨大な求人が閲覧応募可能となります。転職サイトの強みは圧倒的な情報量になります。多くの企業を様々な条件で抽出でき、比較検討できることは企業選定を慎重に行いたい方にとって有益となります。また、転職エージェントと異なり、紹介された求人に応募するかどうかの確認対応等もなく、気軽に企業を検討できることは良いでしょう。ただし、企業掲載がされていない企業は応募ができないため、エージェントだけが持っているシークレット求人は応募できないデメリットもあります。本格的に転職を始める場合はエージェントと併用して活用することが重要になります。

スカウト機能

スカウトシート(職務経験)を見た企業から、スカウトがきます。スカウト内容は、「応募してください」、「面接確約」等様々な形式でお声がかかります。私が利用した転職サイトですと、1日10通以上メールが届き、何度もオファーを出してくる企業もありました。スカウトは必要とされているという充足感があり嬉しい反面、流されてしまいそうになるリスクもありますので注意が必要です。機能自体は、利用可否を設定するだけで受けられるサービスですので、興味がある方は利用すると良いでしょう。

転職ノウハウ(WEB媒体)

転職サイトは、面接等の個別対策を行えない分、転職ノウハウという記事単位で情報が充実している特徴があります。職務経歴書、自己PRの書き方や、面接で気をつけるポイント等、一般的に疑問に思うことは網羅されています。ただし、一部ダイレクトリクルーティンがメインの転職サイトでは、ノウハウ自体を記載する必要が無いため、充実していないこともあります。参考に、ダイレクトリクルーティングのサイトであるミイダスを紹介します。

ミイダスの登録とログインと退会方法!評判口コミと料金と活用方法!ミイダスを活用しようと決めたが、操作方法や活用方法が分からない方は多いと思います! 例えば、 ・登録方法が分からない! ...

エージェントに伺うには恥ずかしいと感じる質問や、エージェントに伺うまでもない質問はサイトの記事を読んで知見を深めると良いでしょう。抽象度は高いですが、活用できる情報が整っています。私はリクナビNEXT等を良く拝見していました。

適性診断

転職サイトの機能として、適性診断があります。エージェントサービスと異なり、対面のカウンセリングができないため、ビッグデータを用いた診断で自己・他己分析が可能になります。私も診断しましたが、新たな気づきを貰える部分と、自己分析の適性と客観的な指標に共通項が多く、行く道に自信が持てました。興味がある方は試してみると面白いでしょう。ただし、その結果で一喜一憂するのではなく、数あるデータの一種として捉え、変に意識することがないようにしましょう。

スポンサーリンク



転職エージェントとは?

転職エージェントは、対面フォローを含めた「総合的な転職サポート」です。求職者のヒアリングから始まり、企業紹介、面接対策や書類添削、日程調整、条件交渉まで総合的なサポートが強みです。転職エージェントにもよりますが、1名専属のエージェントが手配され、お悩み解消含め、転職活動全般の対応をしていただけます。

メリットは、総合的な転職サポートとあるように一貫性が挙げられます。企業紹介から面接スケジュール調整、条件交渉までを代理していただけるため、個人の負担が大幅に削減できます。

それに対しデメリットは、通常3ヵ月間という期間限定性があるのと、エージェントの質が挙げられます。期間限定性は、エージェントも転職意欲が高い人材を扱いたいと考えますので、熱量が無くなった方への対応は素っ気なくなります。また、転職市場が短期決戦の性質もあるため、サポートを受けられる期間が決まっています。また、エージェントの質については、職務専門性が低い、営業力と傾聴力が弱い担当者になりますと、足でまといになります。特に、職務専門性が低い担当者ですと、経験による強みの勘所が分からず危険です。話をしていて通じないと思ったら、担当を変更してもらうことをおすすめします。以下で詳細なサポートの紹介をします。

【転職エージェントのサポート内容】

・求職者のヒアリング

・求人紹介

・推薦状の作成

・書類選考の添削。

・面接対策

・企業と求職者のマッチング

・企業と求職者の日程調整

・企業と求職者の条件交渉

求職者のヒアリング

直接又は電話で求職者のキャリア面談が行われます。エージェント拠点が近郊に無い場合や繁忙な求職者の場合は、電話面談が実施されることになります。人にもよりますが、30分~1時間程度、今までの経歴、今後のキャリア展望についてヒアリングがされます。面談後は、あなたの適性や強みがフィードバックされることになります。

求人紹介

求職者の希望条件や適性を考慮して求人紹介を行います。私が紹介された企業ですと、チャレンジ企業(コンサル系)、確実な企業(電機メーカー系)、視点を変える企業(素材系メーカー)の3種類が用意されました。紹介企業は経歴や適性で、人によって大きく変わることになります。また、企業毎に営業担当がいるため、専任の方以外からも求人が紹介されることもあります。

推薦状の作成

応募企業に対し、候補者の強みや弱みを紙面で伝えます。熱い方ですと、電話でのプッシュも凄いです。採用担当として、エージェントの熱量に押し切られそうになったこともあります。推薦状はエージェントの質も影響します。面接に進めるかどうかの判断材料として重要な推薦状となるため、書いていただけないというエージェントであれば、他社のサービスを検討することをしましょう。

書類選考の添削

履歴書、職務経歴書、企業特有の質問について添削が行われます。履歴書は本人が書き損じていた経歴を追記することや、職務経歴書であれば自己PRの添削がされます。企業特有の質問は大企業に多いですが、志望企業に響くポイントなどをアドバイスされます。

面接対策

志望企業を想定した模擬面接を行います。企業毎に過去の傾向がノウハウとしてあるため、実践に近い訓練ができます。面接対策は面接専属の担当が存在して、直接又は電話で20分~30分程度行われます。模擬面接後、フィードバックが行われます。

企業と求職者のマッチング

求職者には打ち明けない形式で、企業と求職者のマッチングを確かめます。求職者に不向きな企業であれば他の企業を紹介するアドバイスを行います。企業のニーズに合わない求職者だと思えば企業へも助言を行います。両社がwin-winになるよう常に検討をします。

企業と求職者の日程調整

面接の日程、入社時期などの調整を行います。私の場合ですと、地方からの転職活動を行いましたので、休日と上手く合わせた日を設定していただきました。金曜のPMと月曜終日に詰め込んだ日程調整となりました。また、入社時期もプロジェクトが終わるタイミングに調整していただくようお願いできました。

企業と求職者の条件交渉

企業との年収、福利厚生などのオプション含めた条件交渉を行います。一番苦戦するのが年収交渉となります。やはり、求職者は年収を妥協したくないからです。また、私が重視したのは社宅を適用してくれるかどうかでした。借り上げ式の社宅を用意していただけるか、粘り強く交渉していただいたのを覚えています。

スポンサーリンク



併用する場合の注意点

転職サイトと転職エージェントは併用することをおすすめしていますが、以下の2点については、皆さんが波に流されないためにも注意していただきたいと思っています。

【注意点】

転職活動は自分でコントロールする。

無駄な作業はできるだけ減らす。

転職活動は自分でコントロールする。

転職活動を皆さんは何のために行いますか?

転職で実現したいことは何ですか?

そういった気持ちがとても重要です。エージェントやサイトから届くスカウトに、一喜一憂していては、流された転職活動になってしまいます。併用することで受け取る情報が増えるため、比例してその分選択が増えたかに思えるでしょう。しかし、本当に重要なことは

転職で実現したいことを叶えること

です。サイトやエージェントに振り回されて、本質を見失わないようにしましょう。私自身も最初の転職活動の際は、振り回されて志望度が低い企業に時間を費やした経験があります。今思えば、優越感を得たかっただけだと思い、無駄な時間だったと反省しています。皆さんもそうならないよう、転職活動は、主導権が自分にあることを意識し、自分自身でコントロールすることを心掛けてください。

無駄な作業はできるだけ減らす。

応募企業の研究では、転職サイトと転職エージェントを併用することが大切ですが、それ以外であれば、両方を併用する必要はありません。面接対策はエージェントだけで済みますし、転職の軽い悩み解消であればサイトで充分です。転職活動はどうしても短期に様々な対応をしていかないといけなくなります。そのため、些末な部分を切り捨てる思いっ切りの良さが重要です。特に、サイトとエージェントの併用で情報をしっかり集めることが必要でない場合は、片方だけを活用した無駄な作業をできるだけ減らすよう心がけましょう。

スポンサーリンク



併用する場合の効果的な使い方

転職サイトと転職エージェントをどう使い分けるかについては、

併用してサービス登録すること

目的別に活用すること

をおすすめしています。理由は、転職サイトと転職エージェントでサービスが微妙に異なるからです。併用することは、受け取る情報が多い程、全体俯瞰ができるメリットがあります。特に、応募企業の選定時、求人情報と企業情報をサイトとエージェントで比較できることは有益です。基本的に求人情報は相違無いはずですが、企業情報はサイトやエージェント毎に異なります。それぞれのサイトやエージェントが強みと感じるポイントを知ることができますので、書類作成や面接時に話せることが増えます。

また、目的別に活用することについては、転職サイトで抽象度の高い転職ノウハウをザッピングして、転職エージェントで具体的な応募選考に挑んでいくことをおすすめします。転職の全体像はWEBで調べた方が早いので転職サイトで足りますが、実際の応募の個人負担を考えるとエージェント調整を利用した方が効率的です。現在の自分がどのようなシーンなのかを考えて、使い分けることが重要ですので、是非、皆さんも参考にしていただければと思います。

まとめ

転職サイトと転職エージェントは併用して活用しましょう。また、併用する際は自分自身で転職活動をコントロールする意識が軽薄の場合、情報に流されてしまうことになります。重要なのは、自分が転職で実現したいことを満たすことです。自分の人生は自分で決めることを大切にして、人任せにしないようにしましょう。きっと、その意識があるだけで、転職活動は前向きに進むことになります。