転職サイト

転職サイトとは?種類特徴と選び方!おすすめ比較ポイントと注意点!

皆さんは、転職サイトに種類や特徴があることを知っていますか?

私自身、転職活動時点では代表的なサイトしか知らなかったため、サイト選択について比較検討できませんでした。調べて利用して、始めて様々な種類があることに気づきました。これから、皆さんに、転職サイトを選択する上で有用になる情報を解説したいと思います。そして併せて、転職サイトの比較ポイントと選び方おすすめの転職サイトもご紹介します。

【この記事で伝えたいこと】

・転職サイトは独立型と併用型がある。

・併用型は総合型と専門型に分類される。

・登録は最大3サイトにする。

転職サイトとは?

転職サイトは、WEBを利用した転職支援サービスです。企業が掲載した求人に対し、サイト経由で応募することが機能になります。応募後は、面接の日程調整から、内定後の条件交渉までを個人で行うことになります。つまり、

求人紹介サポート

がメインサービスとなります。

転職サイトのメリットは、個人のペースで転職活動を始めることができ、進捗も個人で管理できる自己裁量があることです。

言い換えれば、個人で対応をしないといけないため、応募後の日程調整含めた負担が増えることがデメリットとなります。在職中の進捗管理は骨が折れる作業になります。また、転職サイト経由の応募は、エージェントからの推薦がないため多少不利になる可能性があります。本命を受ける場合は、転職エージェントも併用して活用することをおすすめします。以下が代表的なサポート内容となります。

【転職サイトのサポート内容】

・求人紹介

・スカウト機能

・転職ノウハウ(WEB媒体)

・適性診断

求人紹介

企業が募集をしている膨大な求人が閲覧応募可能となります。転職サイトの強みは圧倒的な情報量になります。多くの企業を様々な条件で抽出でき、比較検討できることは企業選定を慎重に行いたい方にとって有益となります。また、転職エージェントと異なり、紹介された求人に応募するかどうかの確認対応等もなく、気軽に企業を検討できることは良いでしょう。ただし、企業掲載がされていない企業は応募ができないため、エージェントだけが持っているシークレット求人は応募できないデメリットもあります。本格的に転職を始める場合はエージェントと併用して活用することが重要になります。

スカウト機能

スカウトシート(職務経験)を見た企業から、スカウトがきます。スカウト内容は、「応募してください」、「面接確約」等様々な形式でお声がかかります。私が利用した転職サイトですと、1日10通以上メールが届き、何度もオファーを出してくる企業もありました。スカウトは必要とされているという充足感があり嬉しい反面、流されてしまいそうになるリスクもありますので注意が必要です。機能自体は、利用可否を設定するだけで受けられるサービスですので、興味がある方は利用すると良いでしょう。

転職ノウハウ(WEB媒体)

転職サイトは、面接等の個別対策を行えない分、転職ノウハウという記事単位で情報が充実している特徴があります。職務経歴書、自己PRの書き方や、面接で気をつけるポイント等、一般的に疑問に思うことは網羅されています。ただし、一部ダイレクトリクルーティンがメインの転職サイトでは、ノウハウ自体を記載する必要が無いため、充実していないこともあります。エージェントに伺うには恥ずかしいと感じる質問や、エージェントに伺うまでもない質問はサイトの記事を読んで知見を深めると良いでしょう。抽象度は高いですが、活用できる情報が整っています。私はリクナビNEXT等を良く拝見していました。

適性診断

転職サイトの機能として、適性診断があります。エージェントサービスと異なり、対面のカウンセリングができないため、ビッグデータを用いた診断で自己・他己分析が可能になります。私も診断しましたが、新たな気づきを貰える部分と、自己分析の適性と客観的な指標に共通項が多く、行く道に自信が持てました。興味がある方は試してみると面白いでしょう。ただし、その結果で一喜一憂するのではなく、数あるデータの一種として捉え、変に意識することがないようにしましょう。

スポンサーリンク



転職サイトの種類と特徴

転職サイトの種類は、エージェントサービスが併用できるかどうかで、

「独立型」「併用型」

に分けられます。独立型は上述の機能だけを利用して転職活動を行うのに対し、併用型サイトは希望に応じてエージェントサービスを受けながら転職活動を行うことになります。それぞれの特徴と代表的なサイトをご紹介します。

独立型サイトの特徴

独立型の特徴は、応募後は自己調整が必要になることです。書類通過後は面接の日程調整が必要になり、内定を頂けた場合は条件交渉も個人で行うことになります。スカウトに反応して、独立型サイト経由で応募したことがありますが、エージェントサービスと併用して活用していたため、面接の日程調整に骨を折った経験があります。独立型サイトでの応募は、エージェントサービスとの併用や、在職中の繁忙期は避けた方が良いと思っています。少しマイナスな特徴をお話してしまいましたが、独立型転職サイトのメリットは、

自分のペースで転職活動を行える

ことです。自分で選考を進めない限り、先に進むことはありません。現時点の市場価値や求人情報などを、興味本位で知りたい方にはおすすめできます。

【サイト】

・リクナビNEXT

・ミイダス

併用型サイトの特徴

併用型の特徴は、エージェントサービスが利用できるため、調整作業の工数削減ができることです。転職を本格的に進めるに当たり、在職中の場合は日程調整や条件交渉が一番ネックになります。独立型の転職サイトは個人調整しないといけないですが、併用型サイトはエージェントに依頼でることが最大のメリットです。そのため、本格的に転職を進めたい方は、併用型転職サイトを利用した方が良いと思います。また、独立型転職サイトにないシークレット求人などをエージェントが抱えている場合があります。エージェントが紹介してくれるかは皆さん次第になりますが、企業選定の幅が広がることもありますので、併用型サイトの方が独立型サイトよりもサポートが充実していると言えます。

【サイト】

・リクナビエージェント

・マイナビエージェント

・doda

スポンサーリンク



転職サイトの比較ポイント

転職サイトの比較ポイントですが、独立型サイトは個人のペースで進められるため、複数登録しても通知が多いだけで影響はありませんが、併用型サイトはエージェントとのやりとりが随時発生するため、登録を絞ることをおすすめします。その際の併用型サイトの比較検討ポイントは、

自分に合うサイトがどうか?

となります。基本的に併用型転職サイトは

「総合型」「専門型」

に分かれています。専門型は職種特化型のサポート、総合型は職種関係なくサポートが受けられます。専門型サイトは人事であればMS-JAPAN等で、総合型サイトはリクナビやマイナビ等です。言えることは、

総合型サイトの求人情報は相違があまりない

ことです。マイナビ、doda、リクナビに同時登録しましたが、同じ求人が多く、推薦される内容も大した相違はありませんでした。つまり、皆さんが利用してみて自分に合うかどうかで活用いただいて問題ありません。また、専門型サイトはエージェントが職種への知見のある方が多いです。そのため、エージェント面談で変な解釈をされないので、専門性で転職を考えている方は利用しても良いでしょう。

転職サイトの選び方

転職サイトの選び方は以下3点を念頭に置いていただきたいです。なぜなら、転職サイトの利用は数でなく、質を重視する必要があるからです。多くの求人数を提供されても、皆さんの希望とマッチしなければ無意味です。転職サイトは選考歩留まりを考え、数を提示してきますが、皆さんには転職で何を実現するかの質を意識していただきたいです。

【転職サイトの選び方】

・転職サイトは3つに絞る。

・独立型サイトは複数登録しても大丈夫。

・併用型サイトは最低2つを活用する。

転職サイトは3つに絞る

転職サイトを3つに絞る理由は、単純に管理が困難になるからです。特に、併用型サイトを5つ登録して活用した経験がありますが、どのサイトからの求人だったか、どの求人で日程調整をしたかなど混乱した経験があります。ここから言えるように、転職サイトは数ではなく質を重視しないと、自分の負担が増えるだけとなってしまいます。

独立型サイトは複数登録しても大丈夫

独立型サイトは個人閲覧がメインとなるため、複数登録しても問題ありません。ただし、スカウト機能はOFFにしておくことをおすすめします。なぜなら、異常な量のメールが届くからです。某企業からは、恐怖を感じるほどのメールが毎日届きます。無視すれば良いのですが、私は通知があると確認してしまう性分なので、そもそもの受取設定を見直すことにしました。無視できるのであれば全機能を使用しても良いですが、個人的には精査することをおすすめします。

併用型サイトは最低2つを活用する

併用型サイトは最低2つを活用することをおすすめします。なぜなら、エージェントサポートの質が異なるからです。会社によりサポート体制が微妙に違い、またエージェントによりサポート内容が微妙に異なります。1社のエージェントの言葉を鵜呑みにせず、最低もう1社のエージェントの言葉を比較することで、情報の信頼性が担保されます。転職は情報戦でもあります。知らないで終わることはいくらでもあります。そうならないためにも、複数検討の意識は持つように心がけましょう。

スポンサーリンク



転職サイトの注意点

転職サイトを活用する際の注意点を以下で紹介します。重要な視点は、「効率性」です。自分が集中すべきことに、集中できる環境をつくりましょう。

【注意点】

・登録するサイトの種類に気を付ける。

・併用型を複数登録する場合、時期をずらす。

登録するサイトの種類に気を付ける

同じ系譜のサイトを複数登録しても無意味です。ただ、時間を費やしてしまうだけになります。このサイトでやると決めたら、そのサイトでやり切る覚悟を持ちましょう。極論を言えば、皆さんが必要とされるだけのスペックを持っていれば、どの企業に応募しても受かります。転職サイトで全てが決まるとは思わず、あくまで活用するポイントを見極めていくようにしましょう。

併用型を複数登録する場合、時期をずらす

併用型サイトはエージェントサポートを利用することになります。そのため、同時に複数を登録すると、エージェント面談をその分連続でこなす必要があります。私は3社同時に併用型サイトを登録した結果、同じような質問と注意点を3回繰り返され、紹介される企業も3社相違ないという経験をしました。つまり、

同時期の登録は負担が増えるだけで、何の差別化もされない

ということです。ただ、3ヵ月程度のサポート期間を使用するだけになってしまいます。そこで、皆さんには1ヵ月又は1.5ヵ月、ずらしてサイト登録することをおすすめします。そうすることで、新規求人を上手く拾いながら、転職活動ができます。この内容は私の一番の反省点でもありますので、皆さんの頭の片隅においていただきたいです。

おすすめ転職サイト

私がおすすめる転職サイトは

「ミイダス」「doda」

です。ミイダスは転職サイトとしてだけでなく、自分の市場価値を確かめることができます。この機能の金額と転職市場での相場にそこまで乖離が無かったので、ある程度の信頼性はあると思いました。

また、dodaはエージェントサポートが丁寧でした。女性のエージェントで大量の求人情報を抱えて登場したことには驚きましたが、真摯に向き合っていただけました。確認した後のレスがかなり早く、ラインでやりとりをするサービスも大変助かったのを覚えています。いずれも登録して損はないので、どうぞ活用してみてはいかがでしょうか!?以下で登録のご紹介をしています。

ミイダスの登録

無料でミイダスに登録!

【ミイダスのメリット】

1.市場価値を簡単に確かめられる。

2.属性と年収相場が分かる。

3.年収データが公開されている。

dodaの登録

DODA

無料でdodaに登録!

【dodaのメリット】

1.親身なエージェントサポート

2.企業への推薦力(選考通過を後押し)

3.面接前後のきめ細かいフォロー

まとめ

転職サイトには種類や特徴があります。多くのサイトを登録すれば良い訳ではありません。重要なのは、転職で実現したいことを実現するために、どのサイトが活用できそうかという意識です。転職サイトに多く登録することがゴールとならにようにしましょう。