転職ノウハウ

転職のきっかけ一覧!会社を辞める決心決意したタイミングと出来事!

転職のきっかけは人それぞれですが、同じような境遇で、同じような悩みを抱えている人を知ることで、心が軽くなる人もいるでしょう。これから、転職のきっかけとなった出来事とエピソードをご紹介していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・転職のきっかけは数多くある。

・内省は転職を考えるきっかけとなる。

・最終的には、「あなた自身」の決断。

転職きっかけ一覧(退職理由)

転職のきっかけは、転職理由と関連して「人間関係」、「会社」、「仕事」、「将来」などが挙げられます。特に、「給料が低い」は、ほとんどの人が感じる内容となっていて、今後も仕事と報酬の議論は進められていくでしょう。

項目 内容
会社 給料が低い。
評価制度に納得できない。
風土や文化に馴染めない。
福利厚生が不十分である。
人間関係 上司のやり方についていけない。
上司の態度が悪い。
パワハラを受けた。
同僚と合わない。
仕事 ノルマが辛い
休日が少ない。
残業が多い。
業務内容がつまらない。
将来 会社の将来性に不安がある。
やりたいことが他にある。
キャリアアップ、スキルアップしたい。
その他 会社が倒産した。
人員整理が行われた。
親の病気で介護が必要になった。
結婚・出産のため。
病気になってしまった。

※それぞれの解説は、

転職理由と退職理由の本音一覧

で確認してください。

スポンサーリンク



性別の転職きっかけ

さて、上述で転職のきっかけとなる内容を列挙しましたが、これからは、性別、年代別で見ていきます。先ずは、性別の転職きっかけを解説していきます。

男性転職きっかけ

男性の転職きっかけは以下2点の要素が強いでしょう。

将来性の不安

仕事自体

「将来性の不安」については、安定した収入が関係します。男性は誰かを養う立場になることが多いです。安定した収入を得られることは、仕事を選ぶ上での最低条件になっていますし、将来倒産する企業にいることはリスクでしかありません。先手先手で行動することが生き残るには重要となっています。

「仕事自体」については、安定した企業を求めることと多少相反しますが、男性は仕事を通じて何かを成し遂げたい、成功を収めたいという欲求が強いです。面白くない仕事、無意味な仕事を淡々とこなせる人は少ないと思います。自分の価値を試したい、確かめたいと思う人が多いのが特徴で、新しい仕事をしたい衝動に駆られて飛び出す人も多いです。

女性転職きっかけ

女性の転職きっかけは以下2点の要素が強いでしょう。

人間関係

勤務時間や待遇

「人間関係」については、職場派閥などの群れに属せないことやセクハラ、いじめなどが挙げられます。残念ながら、職場の女性派閥は多くの企業に存在し、その派閥は仕事と関係ないことですが、とてつもないリーダーシップを発揮します。何度も、オフィスレディーの紛争を目撃してきましたが、彼女らのバイタリティーには脱帽しています。綺麗ごとになりますが、「皆で仲良く、楽しく」働きたいものですね。

「勤務時間や待遇」については、未だに女性の会社での位置づけは低いです。管理職比率等も、一部の企業でしかポイントは上昇していませんし、昔気質の会社は女性を飾りのように扱います。優秀な女性が性別を理由に区別されることなく、正当に評価される世の中になって欲しいと思っています。

年代別の転職きっかけ

次は、年代別の転職きっかけです。30代、40代の中堅社員は同じような性質が強いので一括りとしました。

20代転職きっかけ

20代の転職きっかけは以下2点の要素が強いでしょう。

仕事と報酬のリンク

キャリアアップ、スキルアップ

「仕事と報酬のリンク」については、若手は教育費も報酬に含まれていますので、仕事の成果に比べ、給与が低いのが現状です。年功序列体系の賃金制度は現在も主流ですし、周りの仕事をしていない人を見てイラつき、過剰に反応してしまうのも一因でしょう。

「キャリアアップ、スキルアップ」については、若手は未だに本当にやりたいことを見極めている段階と言えます。やりたいこと、自分を試したいという欲求は強いですし、若いうちは何でもできるという精神は誰もが持っています。

30代、40代転職きっかけ

30代、40代の転職きっかけは以下2点の要素が強いでしょう。

ポスト(自分の位置付け)

会社の将来性

「ポスト(自分の位置付け)」は、今後の待遇(将来)に影響します。50代以降は、ポストについていないだけで、リストラの候補になる可能性が高く、30代、40代の自分のポジションを客観的に見られるようになったタイミングで、このまま、定年まで耐えられるかどうかなどを考慮し始めるからです。

「会社の将来性」については、定年まで働き続けられるか会社かどうかは、家庭を持った方にとって重大な問題です。将来が見えない、数年後危ない企業からは離脱する必要性がありますので、転職のきっかけとなります。また、50代以降の転職は体力的にも厳しくなるので、決意するならこの年代となります。

50代転職きっかけ

50代の転職きっかけは以下2点の要素が強いでしょう。

人員整理、セカンドキャリア斡旋

ラストチャンス

「人員整理、セカンドキャリア斡旋」については、自分の意志とは関係なく、転職を迫られるケースです。きっかけは会社となりますので、転身支援プログラムなどが斡旋されます。ある程度のITリテラシーとスキル、マネジメントスキルは身につけておきたいものです。

「ラストチャンス」については、最後に自分が学んできたことを活かして、社会に貢献しようということです。最後のチャンスとして挑戦する方々は多くなってきています。

スポンサーリンク



転職を決意決心したタイミングと出来事

転職のきっかけ」と「転職を決心決意する」ことは違います。

おそらく、転職を決心決意する段階になるのは、きっかけとなる出来事が積み重なって許容量からあふれた際に生じることが多いからです。自己要因でなく、タイミングとして迫られることもありますが、基本は、積み重ねになります。

以下で、タイミングと出来事を列挙します。日々感じるエピソードは多いのではないしょうか?この内容をどれだけ耐えられるかが決意、決心との関係に影響していると思います。

転職のきっかけとタイミング

・ふと、自分を見つめ直した時

・長期休暇中に自分を振り返った時

・ライフイベント(結婚、出産、介護etc)

転職のきっかけと出来事

・悪口、陰口で仕事にならなくなった。

・理不尽な態度を受けた。

・納得いくまで、仕事をやり遂げてしまった。

最終的な決断は「あなた自身」で!

最後に、上述で転職のきっかけやタイミング、出来事を紹介していきましたが、最終的には

「あなた自身で決断する」

必要があります。

・周囲を見て転職を決意する

・今の場所から逃げる

ことを目的に転職をしても、新しい場所で活躍することは難しいでしょう。なぜなら、他責にできる要素を含むからです。結局のところ、

自分の人生は全て自責

です。そこを他人にゆだねた途端、自分以外のための人生を歩み始めることになり、楽ですが不平不満は溜まっていくでしょう。そうならないためにも、

自分が最終的に考えて決めるという姿勢は諦めないでください

まとめ

転職のきっかけは様々ありますが、転職を決心決意することの最終的な決断は「あなた自身」です。他責の人生に陥らないように、周りに流されない姿勢でいることは大切です。他責と自責の意識は忘れないようにしましょう。