転職ノウハウ

転職目的を明確にする理由!手段とゴールを意識することがポイント!

「転職目的を明確にする」ことを、頭で理解していても上手く纏められない方は多いと思います。「理想の自分になりたい」、「こんな会社で働くのは嫌だ」など、モヤモヤした想いが交差して、結局パンクしてしまっているのが現状ではないでしょうか?これから、転職に対する考え方」と転職目的を明確にする方法を解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・転職は目的ではなく、手段の一つ。

・転職目的を明確にする。

・最終的な「自分のゴール」をイメージする。

転職は手段

転職先が決まらない人の特徴は、個人のスキルや経験等の要因もありますが、転職すること自体が目的になっている可能性が高いです。つまり、転職がゴールになっている状態です。ここで、

転職することが目的で何が悪いのか?

と思われる方がいるでしょう。良い悪いを一概には言えません。しかし、転職が目的になった場合、皆さんの考え方は以下のように固まってしまいます。そして、このような考え方は企業への自己PRが上手くできないことに繋がりますので、転職が目的になってしまうことはリスクとなることは理解しましょう。

・転職がゴールになっているので、

 転職後のイメージができていない

・転職することが目的なので、

 志望企業に自分を合わせようとする

・転職をしたら、

 それだけで満足してしまう。

本来、

転職は理想の自分になるための、一つの手段

のはずです。転職以外にも理想の自分になるために、起業する、大学院などで学び直す、旅をするなど、選択肢は無数にあります。転職が、「理想の自分になるため」の一つの手段であることを忘れてはいけませんし、

手段が目的になることは避けなければなりません

そして、理想の自分になるために、本当に転職という選択が良いのか、このまま数年は留まった方が良いかなど、見極めていくことは大切になります。

スポンサーリンク



転職目的を明確にする理由

転職が「理想の自分になる」ための一つの手段と分かったら、次は、転職目的を明確にする段階に移ります。皆さんは、

何故、転職目的を明確にする必要があると思いますか?

答えはシンプルです。コアとなる部分を持つためです。そして、コアとなる部分を持つことは、一貫性とブレを無くすことに繋がります。何がしたいのかも分からないのに、企業に自己PRをするのはおかしいですよね?自分が「ここで」「こういうことを」「したい」からという姿勢は転職では大切です。自分を安売りしないためにも転職目的は明確にする必要があるのです。

また、転職目的がないという方はいないはずです。何かしらの不安や不満があったから、転職しようと考えたはずです。ここで注意が必要なのが、自分の本音を無くさないようにすることです。誰かに転職目的をバカにされても、あなたが感じた本音は大切にしましょう。転職の結果、責任が生じるのがあなた自身だからです。そして、転職目的は転職活動中に悩みが生じたら立ち返る場所となります。転職目的の明確化は重要な作業となることは留意するようにしましょう。

転職目的を明確化する方法

転職目的が明確になっていない方は、以下の手順で内省してみてください。おそらく、あなたの過去から現在までの会社生活で蓄積された不満や鬱憤、これからやりたいことなどが溢れてくると思います。その内容は必ず、今の想いとして纏めておくようにしましょう。纏めた内容は、転職活動で躓いた時のコンパスになります。

転職を意識したきっかけを考える。

転職を、ふと考えた時期、出来事を列挙してみてください

当時、どんな感情で、何を思ったのかなど、できるだけ詳細に纏めると良いでしょう。その作業はこれから深堀していく、転職したい理由に直接的に影響していきます。注意点は、何でも良いから自分が感じたことを書き出すことにあります。これはダサいから、これは関係ないから除くなど、分析は次の段階ですれば良いので、先ずはエピソード出しに注力するようにしましょう。その纏めを誰が見ることもないので、気の思うままに行ってください。

転職をしたい理由を考える。

きっかけとなったエピソードから、自分の本音を探ってください。

例えば、

・上司に共感ができない

・仕事をしていても面白さを感じない

・誰でもできる仕事をやらされている

などが挙げられているのであれば、「仕事内容に不満がある」のだと分析できます。このような作業を、エピソードを基に考えられるだけ行ってみてください。おそらく、皆さんの転職をしたい根底の理由は、「現在の不安と不満の解消」にあります。誰かと比べて、思っていた自分と比べて、現在の自分に不満と不安があり、それを解消することが目的として多く挙げられるでしょう。また、転職理由は1点だけということはないです。なぜなら、転職を決意決心する理由は、様々な出来事が積み重なって許容量を超えた時に起こるからです。列挙して気付くと思いますが、それ自体の理由は小さくて誰もが考える、日常我慢していた内容だと思います。それらが積み重なって束になったのが、皆さんが吐き出した転職理由になると思います。

最終的な「自分のゴール」をイメージする。

転職のきっかけを纏めて、転職の理由を纏めたら、

最終的な「自分のゴール」をイメージする

ことになります。このイメージは、転職後の自分をイメージする前に、最終的に自分が

「誰と」「どこで」「何をしている」と幸せを感じて生活が送れるか、

何を最終的に成し遂げたいのか

という難題を考える作業です。例えば、私であれば、「労務的な人事でなく、戦略的な思考で人事をやる仲間と」「関東で」「制度設計や施策を構築している」と楽しく仕事ができると思い、最終的には「この会社で働けて良かったと思える場所」を皆とつくることを成し遂げたいと考えました。青臭い内容で、今は少しやりたいことは変わりつつありますが、根底的な部分は変わっていないと実感しています。このように、できるだけ具体的に転職後のイメージを固めてください。この作業を終えたら、転職後の自分もイメージしてください。具体的に、こんな場所で何をやっているかまでイメージできると良いでしょう。この2段階のイメージを纏めておけば、転職活動中の軸がブレることなく、進んでいけることになります。面倒と思われがちな作業ですが、最も大切な作業と言っても過言でないので、最初の転職前準備として注力するようにしましょう。

まとめ

転職目的を明確化することは、転職活動を進めていく上で最も重要な作業です。転職は一つの手段である意識を持ちつつ、理想の自分とは何なのかと向き合い、最終的な「自分のゴール」を明確にしてください。きっと、この作業を終えた後、モヤモヤした気持ちが解消されているでしょう。