転職エージェント

dodaエージェントサービスで「LINE友だち登録」して大丈夫か?

dodaの転職エージェントから、

LINEサービス登録を促され、

友だち登録をしようかどうか悩んでいませんか?

私もキャリアアドバイザーとの面談後、少し悩んだのを覚えています。LINEがとてもプライベートなものなので、公私混同しても良いかが、私のネックでした。しかし、最終的にはキャリアアドバイザーとお会いできて、信頼できると思えましたので、登録して活用することにしました。これから、dodaのエージェントサービスでLINE友だち登録をして大丈夫かを解説していきます。併せて、登録方法や注意点もご紹介します。

【この記事で伝えたいこと】

・友だち登録しても大丈夫。

・LINEで気軽に会話ができる。

・キャリアアドバイザーと会ってから登録しよう

**ポジション単位の紹介が分かりやすい!**

**紹介求人数が豊富なので選択肢が広がる!**

dodaの転職エージェントサービス

dodaの転職エージェントサービスについて、全体像をご紹介します。先ずは、どんなサービスが活用できるかを把握しましょう。その上で、dodaのLINEサービスがどの点で利用できるか検討いただければと思います。

【dodaサービス概要】

・キャリア相談(面談)

・求人紹介

・応募書類の添削・提出

・面接対策・日程調整

・条件交渉

キャリア相談(面談)

キャリアアドバイザーと面談を行い、転職活動の方向性を決めます。転職を決意したきっかけや、退職したい理由、転職したい理由、志望する業界、職種、今までのキャリア等を、約1時間程度かけて伺われます。私の場合、業界を絞っていなかったため、志望業界の検討に時間を多く費やしました。その際に、膨大な量の求人票と向き合ったのを覚えています。

求人紹介

キャリアカウンセリングの結果を基に、様々な企業が紹介されます。紹介方法はメールで求人情報が送ら、会員専用サイトにログインすれば確認することができます。求人情報は企業単位ではなく、ポジション単位となります。人事の場合ですと、同じ企業の採用担当、教育担当、労務担当、制度企画等と分かれて紹介がされ、それぞれ年収や勤務地などの条件が異なりました。私の希望ポジションは制度企画でしたが、年齢と経験が浅いこともあり、労務・採用・教育担当のポジション紹介が多かったです。ただし、制度企画のポジションが、そもそも少ないことも影響にあったと思います。

応募書類の添削・提出

履歴書・職務経歴書の書き方、必要書類の提出をサポートしてくれます。記入方法や自己PRポイントで悩んでいても、丁寧に教えていただけます。私の場合、自己PRのエピソード内容と文章の校閲を依頼しました。自己PRのエピソードは、業務を一人でやり切った経験か、企画業務を周囲と協力して行った経験かを相談しました。そして、制度設計で進めていくなら後者の方が良いと結論づけました。そのおかげか分かりませんが、大手企業しか応募していませんが、書類通過率は90%を超えました。勿論、作成だけなく、応募書類の提出や推薦も、転職エージェントが行ってくれます。

面接対策・日程調整

日程調整含め面接対策をしていただけます。日程調整では、書類通過企業が多い場合、志望度に応じランク分けをして、ベストタイミングで選考に進めるように調整してくれます。私の場合、20社近く応募して16社くらいが選考通過となったため、日程調整は大変助かりました。また、面接対策ではweb動画で要点を掴むことや、面接対策講座で理解を深めることも良かったですが、対面式の対策が緊張感を持って取り組めたため、対策として有効だと感じました。

条件交渉

年収や入社日などの条件交渉をしていただけます。皆さんの希望条件をサポートするために、内定が出た転職先と戦ってくれます。このサポートがなければ、自分で交渉を進めないといけないので大変な作業になります。私の場合、社宅に対するこだわりが強く、寮には入りたくないこだわりがありました。実家が埼玉にありますが、東京に住みたいので、借り上げ式社宅もしくは住宅手当を支給していただくように交渉していただけました。

dodaの登録とマイページログインと退会方法!再登録手続きとは? 「dodaのサービス内容がよく分からない。」 「dodaの登録方法が分からない。」 「dodaに登録はしたけど、操作...

dodaのLINEサービスとは

dodaのLINEサービスは、本来キャリアアドバイザーとは、メールや電話でやり取りをしますが、無料でLINEやりとりができるサービスです。サービス内容はメールや電話と変わりませんが、気軽にキャリアアドバイザーと会話することができます。dodaキャリアアドバイザーというアカウントになりますが、紹介求人をwebリンクで確認すること、日程調整・選考状況を確認すること、選考の詳細情報やWeb履歴書を確認することもできます。また、友人紹介やdodaとリンクすることも可能なサービスです。個人的には紹介求人の認識合わせで活用できました。紹介される求人がどう希望に沿っていないかをライン経由で会話を繰り返したのを覚えています。

スポンサーリンク



LINE友だち登録するタイミングは?

キャリアカウンセリングのご案内に合わせて、先ずはメールで登録推奨がされます。その後、キャリア面談でも登録確認をされ、キャリアアドバイザーに促されることになります。おそらく、キャリアアドバイザーも、ラインの即時性を活用したいのだと思います。しかし、私は、LINE登録するタイミングは、キャリアアドバイザーが信頼できるか確認してからでも遅くないと思います。LINEはやはりプライベートなアカウントになりますので、そう簡単には教えたくないのが心情だと思います。この担当者は変な人では無いか、信頼できる人物かを確認することがやはり重要になります。私は少し疑い深い人間なので、キャリアアドバイザーと会ってから判断しようと決めていました。先に登録したからと言って、個人情報が悪用されるとも思いませんが慎重になりました。結果、誠実な方が専属になっていただいたので、その場で登録したのを覚えています。それ以降は、先述した通り有効活用させていただきました。

LINE友だち登録方法

詳細な登録方法は公式案内を確認していただきたいですが、私が当時登録した方法をご紹介します。登録方法はとても簡単でした。分からない場合は、キャリアアドバイザーに伺いながら登録するのが手っ取り早いです。私は、キャリア面談中にやり方を伺いながら登録をしました。

【登録方法】

①指定されたURLに入る。

②「dodaキャリアアドバイザー」を友だち追加する。

③トークメニューから、「dodaとリンク」をする。

④メッセージから「doda会員ID連携」をする。

⑤doda会員IDとパスワードでログインする。

スポンサーリンク



LINEサービス利用時の注意点

dodaのLINEサービスを利用するに当たり、注意点をお話したいと思います。ポイントは、連絡手段が、LINEに代わっただけで、転職サービスの一貫だという意識を忘れないでいただきたいことです。

【注意点】

・一定の節度を守る。

・LINEサービスに依存しすぎない。

一定の節度を守る

キャリアアドバイザーとLINEで会話できるからと言って、リスペクトの姿勢を忘れるのはよくありません。礼儀やマナーは守るように心がけましょう。特に、キャリアアドバイザーがフランクさを求めてきても、敬語や依頼の仕方などは丁寧に行う必要があります。サービスを提供していただいている意識は忘れないようにしましょう。

LINEサービスに依存しすぎない

キャリアアドバイザーは万能ではありません。皆さんが選考を受けて、皆さんの力で勝ち得ていくのが転職先です。キャリアアドバイザーに、理不尽な要求はしないようにしましょう。重要なのは、皆さんがポジションに値する人材であれば良いだけです。また逆に、キャリアアドバイザーに取捨選択をお願いして、転職活動の方向性を決めてもらうのはやめましょう。自分の人生を人に預けた途端、自分が無くなります。私自身、最初はキャリアアドバイザーの操り人形のように行動をしていました。しかし、よくよく考えれば、行きたくない企業に応募して手間がかかるなどして違うなと気づきました。皆さんにも、流されて自分の決断ができなくならないために、転職先は自分で決める意識はなくさないでください。

スポンサーリンク



まとめ

dodaのLINE友だち登録は行っても大丈夫です。ただし、不安な方は、キャリアカウンセリングで担当となる方を見極めてからも遅くはありません。おそらく、dodaのキャリアアドバイザーは親切と評判が上々なので、会えば不安が払拭されると思います。

**ポジション単位の紹介が分かりやすい!**

**紹介求人数が豊富なので選択肢が広がる!**