転職ノウハウ

転職準備期間目安!在職中お金はいくら貯める?資格勉強、失敗談も!

転職を考え始めたら気になるのが、

転職準備期間

だと思います。いつまでに何をすれば良いのか分からない方は多いでしょう。これから、転職準備期間の目安と、転職にかかるお金や資格失敗談を解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・転職のスケジュールを把握しよう。

・内省、キャリアの確認が重要。

・転職資金は準備しておこう。

転職スケジュール

転職活動を始める前に、先ずは、転職のスケジュールと流れを理解する必要があります。全体像を把握することは、効率的な転職活動を進めるためにも大切です。

進め方 流れ
個人ワーク ①内省
②キャリアの方向性を確認
情報収集 ③転職サイトに登録
④転職エージェントと面談
応募・選考 ⑤書類作成、応募
⑥筆記試験
⑦面接
内定 ⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)

①内省

先ずは、個人ワークとして、内省(キャリアの棚卸)をしましょう。内省は別称、キャリアの棚卸と言われます。「①内省」と以降の「②キャリアの方向性の確認」は、転職の準備としては最も重要な内容です。根底決めの作業となりますので、ここが固まらないと転職活動はスムーズに納得いくように進みません。面倒がらず、真剣に取り組むようにしましょう

②キャリアの方向性を確認

次に、個人ワークとして、キャリアの方向性を確認しましょう。内省は今までの自分を確認する作業になりますが、この作業は将来、未来のイメージを膨らませることになります。ここでの注意点は、自分の想い(本音)を優先させることです。周りの人は、大抵ネガティブな助言や無関心な応援をしてくるでしょう。周囲の反応は、あなたには全く関係ありません。自分がこの道を進みたいと感じたら、その道があなたの進むべき道です。

③転職サイトに登録

個人ワークで自分と向き合えたら、志望企業の情報収集を始めましょう。個人ワークが完結するまでは、サイト登録は控えることをおすすめします。理由は、サイトから浴びる情報で、知らず知らずのうちに、あなたの考え方が流される危険性があるからです。転職サイト登録は、自分の入りたい企業の情報収集として活用するようにしましょう。

④転職エージェントと面談

情報収集を効率よく進めるために、転職エージェントを活用することは有効です。企業情報、どのような人材を求めているかなどを伺い、志望企業の選考準備を進めましょう。ただし、適当な転職エージェントもいます。地方からの転職等は電話面談を求められますが、可能であればFace to Faceの面談を希望して、協力者の信頼性を確認すると良いでしょう。

⑤書類作成、応募

情報取集を終えたら、応募ステップに移ります。職務経歴書、履歴書等を作成し、転職エージェントに校閲してもらいながら作りあげましょう。ここでは、転職エージェントの質とセンスは多少影響しますが、あなたが作成する応募書類なので、自責の意識は忘れないようにしましょう。

⑥筆記試験

書類の通過、または応募書類と合わせて、SPIなどの筆記試験を求められることになります。筆記試験は、適性検査の主旨が大きいですが、一般常識等も含まれる場合もありますので、最低限の対策は必要となります。

⑦面接

書類選考に通過したら、面接試験となります。最低2回程度、面接が行われることになりますが、聞かれる内容はどの企業も大した差はありません。転職エージェントを有効に活用して傾向を対策しておけば、意表をつかれることはないでしょう。

⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)

内定と入社時期が決まったら、入社準備と退職準備となります。入社準備は、入社して必要になる資格があれば取得対策を行うことや、転居が生じる場合の住居探しなどがあるでしょう。入社に必要な書類も内定先からご案内があるので準備しましょう。並行して、退職準備も必要になります。現職の上長、人事に退職意向を伝え、同僚に引継ぎを行います。残年休を全て消化することは権利としてありますが、引継ぎを全て終えられることを前提として日程を立てましょう。やはり、どんなに理不尽な会社でも、お世話になった会社だと思います。多少のしこりは残ると思いますが、最後まで責任を持った対応を心がけましょう。

スポンサーリンク



転職準備期間の目安

転職全体の目安期間は、3ヵ月~6ヵ月と言われています。個人ワーク、情報収集に1ヵ月、応募・選考に2ヵ月、内定から入社まで1ヵ月という流れです。応募・選考が早い企業ですと3ヵ月以内の転職も可能になります。さて、転職準備期間と絞って考えると、目安は1ヵ月程度でしょう。転職準備期間は個人ワーク部分(内省、キャリアの方向性の確認)です。内省、キャリアの方向性の確認は、日々皆さんが感じている内容を纏めていく作業ですので、数カ月かかることはないでしょう。ただし、転職するか迷っている方は、本音が固まるまで時間を費やすようにしましょう。理由は、一度、転職サイトに登録してしまうと、自分のことをあたかも知り尽くしたようなエージェントに流されるからです。あくまで、転職は自分がどうありたいかの手段です。目安に流されないように、自分自身と向き合いましょう。

転職でかかるお金は?

転職でかかる費用としては、以下が挙げられます。

交通・宿泊費

雑費

(証明写真、応募書類費、送料 etc)

・引越費用、入居費用

転居が必要な方は、転居費用が最もかかりますが、転職で一番かかる費用は、「交通・宿泊費」です。地方都市の場合、新幹線・飛行機代の往復で数万円/1回、費やすことになります。雑費は2~3千円程度でしょう。人によりますが、50万程度は見積もっておくとお金に心配しないで、転職活動に集中できるでしょう。

転職のための資格勉強は必要?

転職時点の資格は重要でありません。勿論、募集要件に資格が求められていれば、資格取得勉強は必要です。しかし、資格があるから転職が上手くいくことにはなりません。なぜなら、転職では、資格を活用してどんな実務経験があるかが重要になるからです。例えば、TOEICが850点あるのに、実務で英語を話す機会がなかったと言われたら、面接官は採用を見送ります。ただし、未経験の分野に挑む場合、資格で多少の知識があることは、無いよりは良いこともあります。とは言っても、資格があるから転職できることにはならないので、資格中毒者にならないようにしましょう。また、転職の内定を受けて、必要になる資格は必ず取得しましょう。TOEIC850点や普通自動車免許、衛生管理者などは、入社後含め、求められることはあるでしょう。

スポンサーリンク



転職準備の失敗談

転職準備がしっかりできていないと、転職活動を失敗する可能性が高いです。以下で失敗談をご紹介したいと思います。

【ケース1】内省が不十分だった。

内省ができておらず、自己PRが上手くできなかった。

面接では、あなたのやってきたこと、やってこなかったことが深堀されます。どんな経験を持って、どんなことで企業に貢献できそうかを確かめることになりますので、内省が不十分だった場合、キャリアの流れを上手く伝えることができません。また、経験のないことに対して、何か関連付けた自己PRができなくなります。例えば、「経験はないですが、〇〇の知見が活きると思います」と言えることは大切です。そのためにも、内省はしっかり行うようにしましょう。

【ケース2】望んだ転職ができなかった。

キャリアの方向性を決めてなく、転職エージェントに流されてしまった。

キャリアの方向性は必ず自分で決めておくことが、納得のいく転職に繋がります。転職エージェントは転職先を見つけることが成果です。つまり、キャリアの方向性を決めていない場合は、エージェントの都合の良い企業が紹介され、転職先が決まってしまうということです。

転職先、行きたい企業はある程度絞って、それ以外に転職できない場合は、一度立ち止まるという考え方は持っていた方が良いでしょう。

まとめ

転職の全体スケジュールを把握して、転職準備期間1ヵ月程度を有効な時間としましょう。合わせて、転職には交通費、宿泊費等のお金がかかります。転職資金の準備は忘れないようにもしましょう。また、転職準備が一番大切な期間です。内省、キャリアの方向性が決まらないようであれば、転職は一旦ストップした方が良いです。納得のいく転職をするためには、考えて悩むことも必要です。勢いだけで動くことも良いですが、本音が決まった段階で動くことは意識しておきましょう。