転職サイト

リクナビネクストの応募歓迎とオファーの違い!採用内定への影響は?

企業から応募歓迎が届いて、一喜一憂していませんか?

しかも、企業検索で閲覧していた企業から、

五月雨式に応募歓迎が届いて嬉しくなっていませんか?

私も最初は深く考えていなかったので、自分が有能であると浮かれていました。しかし、

実際は形式的なマッチング機能です。

募集要項を見ると乖離があるのは分かると思います。企業は複数の候補者から吟味して中途を獲得したいので、応募誘発としてスカウト機能を活用しています。少し違和感があると思いますが、応募があっても募集条件と職務経歴書がマッチングしなければ、書類は通過させません。あくまで、スカウト機能は応募誘発機能と捉えると良いでしょう。

これから、リクナビネクストのスカウトオファーの種類含め、応募歓迎とオファーの違いと、応募歓迎とオファーが採用内定に影響するのかについて解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・応募歓迎を企業選定の指標にしてはいけない。

・応募歓迎は採用内定に影響しない。

・オファーは書類通過の可能性が高い。

**スカウトを受け取ってみよう!**

**自分のペースで始めよう!**

リクナビネクストのスカウト機能

リクナビネクストのスカウト機能とは、皆さんのレジュメや希望条件を登録しておけば、企業からオファーが届くサービスです。皆さんが企業を検索するのではなく、企業があなたを探してくれます。そのため、

企業単位での市場価値を把握することができます

ただし、オファー以外のスカウトはあまり参考にならないことは注意が必要です。理由は、オファー以外の通知は、レジュメなどがあまり考慮されていないからです。単純な基本情報でのマッチングでは市場価値の把握としては弱いです。総じて、オファーを見て企業単位での市場価値を確認することは有益ですので、活用することをおすすめします。

また、現職に転職活動がバレないか不安に思う方もいるでしょうが、リクナビNEXTのスカウトサービスは匿名で利用できます。そして、関連企業や知られたくない企業にはブロックできる機能もありますので安心して利用できる内容になっています。

スポンサーリンク



リクナビネクストのスカウト種類

リクナビネクストのスカウトの種類は大きく2つの区分に分かれます。以下で棲み分けをご紹介したいと思います。変更もあると思いますので、詳細は公式HPでも確認することをしてください。

区分 内容
気になるリスト 応募歓迎
面接確約
オファーを見る 転職エージェント関係からのオファー
求人掲載企業からのオファー

応募歓迎とは

応募歓迎とは、皆さんがサイト上で閲覧した求人や「気になる」した求人から、企業の設定した登録条件(職種や勤務地等)に基づいたマッチングされた場合に届くスカウト通知です。スカウトサービスを利用中の方は、求人を閲覧すると、閲覧した求人企業が皆さんのスカウトレジュメを閲覧可能になり、企業の求める条件に1つでも合致すると「気になるリスト」に応募歓迎が届きます。つまり、マッチング度は比較的低いと言えるのが特徴です。

面接歓迎とは

面接歓迎は、企業の担当者が皆さんのスカウトレジュメ情報を確認し、会いたいと感じた方に届くスカウト通知です。届いた応募歓迎は、気になるリストで確認することができ、書類選考免除で面接に進むことができます。ただし、応募状況などにより選考に進めないこともありますので、タイミング的な注意は必要です。つまり、比較的マッチング度は高いと思いますが、面接選考は用意されていますので、内定が確約されたものではありません。

オファーとは

オファーとは、皆さんの登録情報や匿名レジュメの内容が、企業や転職エージェントが設定した検索条件に合致すると届くスカウト通知です。「オファーを待つ」画面にオファーが届きます。転職エージェント関係からのオファーと求人掲載企業からのオファーがあり、比較的に求人掲載企業からのオファーは角度が高いと言えます。なぜなら、レジュメを見てマッチングが高いと思われる方へオファーを出しているためです。希望企業からオファーを頂けた場合は、応募を検討する方が良いでしょう。

応募歓迎とオファーの違い

「応募歓迎」と「オファー」の違いは、企業と皆さんのマッチング度が高いかどうかの違いです。応募歓迎を送付する企業は、ある程度条件を満たしているから、会社にとって緊急性はないが、優秀な人材であれば獲得してみようというスタンスになります。つまり、優秀な人材であれば獲得しようと思っています。それに対し、オファーを出している企業は、レジュメをしっかり確認して、マッチング度が高い方にコンタクトをしています。そのため、一度会ってみたいという考えを持っており、比較的募集ポジションに緊急性もあると言えます。

スポンサーリンク



応募歓迎で採用内定まで進める?

応募歓迎を頂いたからと言って、内定が獲得できる訳ではありません。なぜなら、スカウトと内定の関係はあまりないからです。勿論、書類選考の通過率は、何のマッチングもない場合と比べれば高いと言えるでしょう。しかし、採用選考で最も大事なフローは面接です。人と人が対面で話して、一緒に働ける人材かどうかを確認することが最も大切です。応募歓迎が届いたからと言って、変に意識することが無いようにしましょう。皆さんが魅力的な人材であり、企業のニーズを満たして入れば内定は獲得できます。外部要因は考慮せず、あくまで自分のコントロールできる範囲のことに集中を向けるようにしましょう

【ポイント】

・スカウトと内定の関係性はない。

・応募歓迎は書類通過に多少影響する程度である。

・応募歓迎でも面接次第で内定は獲得できる。

リクナビネクストの注意点

リクナビネクストを使う際の注意点をご紹介します。ポイントは、スカウト機能に流されず、「自分の軸」で転職活動を進めることです。スカウト機能に浮かれていては、本当に行きたい企業を考えることができなくなります。転職で実現したいことを前提に、全体を考えるようにしましょう。

【注意点】

・応募歓迎で有頂天にならない。

・自ら企業選定を行う。

・応募は、転職エージェント経由で行う。

応募歓迎で有頂天にならない

応募歓迎はマッチング機能です。内定確約ではありませんので、選考があることを忘れてはいけません。そうすれば、有頂天になることなく、応募から選考に集中できるはずです。また、応募歓迎は、言葉の通り「応募を歓迎しているだけ」です。企業は本当に来て欲しいと思う人材にはオファーを送っています。つまり、至急欲しい人材ではないが、良い人材であれば検討しておく程度の位置づけです。企業によっては、応募数を増やすための戦略である可能性もあります。スカウト機能で一喜一憂せずに、平常心で転職活動を進めるようにしましょう。皆さんが魅力的な人材であれば、内定は獲得できます。

自ら企業選定を行う

皆さんが、転職活動で実現したいことは何ですか?

その答えが一番大切です。その方向性が企業選定の軸になり、転職後のエネルギーになるからです。そのため、企業選定の前提は、皆さん自身です。スカウト機能に流されて、あれもこれもと企業を摘まんでいては、本質からズレていくことになります。皆さんが行きたいと思う企業は、転職サイトに登録する前に、ある程度決まっていると思いますので、その最初の気持ちを優先して考えるようにしましょう。その意識が無い場合、誰かに流された決断となってしまいますので、後悔に繋がることになります。後悔のない転職活動をして頂きたいので、流されない意識は持つようにしてください。

応募は転職エージェント経由で行う

企業選定までがリクナビネクストの役割です。リクナビネクストで応募する場合、個人で日程調整から条件交渉までを行わないといけないため、多くの工数がかかることになります。応募を決意した企業がありましたら、転職エージェントに登録して進めることをおすすめします。リクナビネクストですので、リクルートエージェントが活用できると思いますが、キャリアアドバイザーの好みはあると思いますので、他のエージェントも以下でご紹介します。個人的にはdodaのエージェントは丁寧で親切な方が多かったので活用できると思います。

dodaの登録とマイページログインと退会方法!再登録手続きとは? 「dodaのサービス内容がよく分からない。」 「dodaの登録方法が分からない。」 「dodaに登録はしたけど、操作...
マイナビエージェントの入会登録とマイページログインと退会方法は?皆さん、マイナビエージェントの操作方法について疑問を持っていませんか? 私もそうでしたが、何かサービスを登録する場合、 使い...

まとめ

応募歓迎やオファーを頂けると嬉しいです。私も何十社からオファーを受け、有頂天になっていたタイプです。しかし、募集要項を見れば分かるのですが、自分のやりたいことではないことがほとんどです。そのため、皆さんにはスカウト機能に流されない企業選定を行って頂きたいです。企業選定は反射的に動くことなく、自分の軸に基づいた選択を心掛けるようにしましょう。

**スカウトを受け取ってみよう!**

**自分のペースで始めよう!**