転職サイト

初めての転職で登録すべき信頼できるおすすめサイトとエージェント!

初めての転職活動で、何をすべきか悩んでいませんか?

例えば、

「転職サイトに登録すべきか?」

「どの転職サイトを活用すべきか?」

「信頼できる転職エージェントはどこか?」

などが、最初に感じるモヤモヤかなと思います!

私は、何から始めれば良いか分からず、一度に複数の転職サイトと転職エージェントに登録してパンクした経験があります。エージェント面談だけで1週間を費やし、失敗したと思いました。エージェント毎に、同じ内容を何度も話すのはかなりしんどかったです。。

やはり、転職サイトや転職エージェントを利用する場合は、厳選が必要だと思いました。自分の状況に応じて、信頼できる転職サイト、転職エージェントを選定することです。

これから、数多くの転職サイトを試した私が、初めての転職で登録すべき信頼できるおすすめ転職サイトと転職エージェントを解説します。

【この記事で伝えたいこと

・転職できるかどうかは、企業とのマッチングの問題です。

・経験分野への転職の方は、「ミイダス」で想定年収を確認する。その後、「doda」に登録して、転職活動を進める。

・未経験分野への転職の方は、「リクナビネクスト」で市場相場を確認する。その後、「マイナビエージェント」と「doda」に登録して、転職活動を進める。

転職サイトや転職エージェント選びのポイント

転職サイトと転職エージェント選びのポイントを解説します。初めての場合、どんな転職サイトや転職エージェントを選ぶと良いかイメージがつかないと思います。以下では、重視すべきポイントを紹介しますので参考にしてください。ポイントは「使い分け」です!

転職サイト選びのポイント

転職サイト選びのポイントは「市場相場を確認できる」ことです。

初めて転職を考えた方は、市場相場や求人情報など情報不足な状態にあると思います。そのため、先ずは、現状がどんな市場感なのかを確認することが大切です。市場感が確認できれば、今転職すべきか判断できたり、転職を進めていく上で企業やエージェントの言いなりになることを防いだりすることができます。一番いけないのは、何の違和感もなく転職をして、入社後にミスマッチが起こることです。そうならないためにも、転職サイトで市場を把握することはポイントになります。

転職エージェント選びのポイント

転職エージェント選びのポイントは「求人保有数」です。

初めての方は、サポート体制が充実しているエージェントが良いと考えますが、極論、そこまでサービスは変わらないのが現状です。キャリアアドバイザーは同じ業界をグルグルまわっている方が多いので、質はそこまで変わりません。そのため、重視すべきは「企業とのパイプがどれだけあるエージェントなのか」ということです。その実力が求人保有数に現れます。

加えて、求人保有数が多いことは、それだけ多くの企業を検討できます。最初の転職では、多くの企業を検討した上で決めることが大切だと思いますので、求人保有数が多いことは重視すべきポイントになります。

初めての転職で登録すべき信頼できるおすすめサイトとエージェント

様々な転職サービスを経験してきましたが、以下でご紹介する流れで進めれば、基本的にはスムーズな転職活動ができます。ぜひ、転職サイトと転職エージェントをうまく使い分け、活用の仕方も参考にしていただけると嬉しいです。経験分野の転職、未経験分野の転職で分けて解説します。

経験分野への転職の方

経験分野に転職をする方は、以下の2サイトを活用しましょう。経験分野ですので、「現在の自分の位置付けを明確にできること」と、「転職サポートの充実度」で選んでいます。

【オススメのサービス】

ミイダス

doda

ミイダス

【サービス概要】

転職サイト。職務経歴書などの書類作成をしなくても、簡単な質問に答えるだけで「自身の年収相場」が知れます。また、スキルが合えば、面接確約オファーなども企業から届くサービスです。

doda

【サービス概要】

転職エージェント。保有求人数が豊富。転職サポートも手厚いのが特徴。特に、求人票の紹介がポジション単位で行われるため、業務イメージがつきやすいのが魅力です。

ミイダスとdodaの活用方法

ミイダス(転職サイト)は、年収相場の確認に活用しましょう。ポイントは、転職エージェントに登録する前に年収チェックをすることです。理由は、転職エージェントに登録すると、希望年収を必ず聞かれるからです。初めて転職をする方は自分のスキル相場が分からないと思うので、どうしても自分を安売りしてしまう可能性が高いです。そうならないためにも、先ずは、ミイダスに登録して、転職エージェントに伝えられる年収を確認しましょう。

次に、doda(転職エージェント)に登録して、転職支援サポートを活用しましょう。具体的には、模擬面接対策と応募から年収交渉までのサポートです。いずれのサービスも質が高いと私は思いました。また、dodaのメリットは豊富な求人数です。エージェント業界では最も多くの求人を持っていると言われるため、選択肢がその分多いです。そして、特にdodaをオススメできるのが、求人票をポジション単位で紹介されることです。

「求人票をポジション単位で紹介される」

通常、求人票は会社と職種で以下のように書かれます。

○○会社 人事職(労務・採用担当)

しかし、dodaの紹介求人は以下のようにポジション単位で紹介されました。

○○会社 人事職 労務担当

○○会社 人事職 採用担当

○○会社 人事職 制度企画担当

そして、ポジション単位で具体的な業務内容が記載されていました。

つまり、dodaの営業担当が細かく企業とパイプを持って、詳細な人材要件を把握していると言えます。

やりたいポジションに直接応募できることは有益だと思いました!

▽▽登録はこの2サイトだけ!▽▽

△△いずれも無料サービス△△

未経験分野への転職の方

未経験分野に転職をする方は、以下の3サイトを活用しましょう。未経験分野ですので、「多くの選択肢を検討できること」と「未経験歓迎求人が紹介されること」で選んでいます。

【オススメのサービス】

リクナビネクスト

マイナビエージェント

doda

リクナビネクスト

【サービス概要】

転職サイト。幅広い求人数。自分のペースで企業を調べることができます。初めての転職で企業情報を調べたい方や、グッドポイント診断などで自分の適性を知りたい方などにオススメできます。

マイナビエージェント

【サービス概要】

転職エージェント。関東エリアの求人を網羅。優良中小企業に強みがある。20〜30代の転職サポートに強みがあるのが特徴。転職サポートも現実的で未経験分野にも対応できる。

doda

【サービス概要】

転職エージェント。保有求人数が豊富。転職サポートも手厚いのが特徴。特に、求人票の紹介がポジション単位で行われるため、業務イメージがつきやすいのが魅力です。

リクナビネクストとマイナビエージェントとdodaの活用方法

未経験分野への転職は、多くの企業を検討することが重要です。なぜなら、未経験の方を中途で採用する企業が少ないからです。そのため、リクナビネクストで未経験歓迎求人を多く見て、求められている人物像や年収相場などの市場感を確認しましょう。何も分からない状態で始めるのはリスクが高いです。

その後、マイナビエージェントdodaを活用して転職活動を進めましょう。どちらのエージェントも未経験からの転職に対する理解はありますし、求人数も多く抱えています。違いは、20代〜30代の関東圏に強みを持つのがマイナビエージェントで、幅広くバランスが良いのがdodaです。と言われると迷うと思うので、dodaに登録すれば間違いないと思います。

▽▽登録はこの3サイトだけ!▽▽

△△いずれも無料サービス△△

まとめ

初めての転職は分からないことが多いので不安だと思います。些細なことで悩んで身動きが取れなくなることもあるでしょう。なので、そこは転職エージェントを上手く使って、企業に向き合うことだけに集中しましょう。事務手続きはエージェントにやってもらえれば大丈夫です。

また、私の経験をもとに、本当に活用できた転職サイトと転職エージェントを紹介しました。ぜひ、どうしようか悩んでいるのであれば、一つの指標としては良いと思うので活用してみてください。