転職ノウハウ

転職の進め方と流れ!年代別のやり方と手順、ポイントと注意点纏め!

転職の決意をしたが、実際のやり方が分からない方は多いと思います。「今の職場から早く逃げ出したい」、「転職で幸せになりたい」などの感情が先行しているようでは、地に足がついていない状況ですので、転職は上手くいきません。これから、転職活動の全体像を理解して計画的に進めるためにも、転職の進め方と流れについて解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・転職活動の全体像を把握しよう。

・個人ワークが最も重要となる。

・転職の進め方は年代で異なる。

転職の流れとスケジュール

転職の流れとスケジュールを先ずは把握しましょう。全体像を把握することで、転職活動に対する漠然とした不安や焦りがなくなります。

進め方 流れ
個人ワーク ①内省
②キャリアの方向性を確認
情報収集 ③転職サイトに登録
④転職エージェントと面談
応募・選考 ⑤書類作成、応募
⑥筆記試験
⑦面接
内定 ⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)

スポンサーリンク



個人ワーク

先ずは、個人ワークです。この作業で転職活動の質が大きく変わります。最も重要な作業であることを先に強調します。さて、個人ワークは、①内省、②キャリアの方向性を確認することを行います。個人ワークですので、友人からアドバイスを貰うことは悪くないですが、最初は自分自身で作業を行い、参考情報として意見を伺う程度にとどめるようにしましょう。転職活動の最終的な結果に責任をとれるのはあなたしかいません。個人ワークは基本一人で、自分自身と向き合うようにしましょう。

①内省

今まで取り組んだ仕事について時系列で纏めていきましょう。その際、取り組んだ内容だけでなく、自分の立場、役割、生じた課題、当時の課題解決方法、現在の自分ならどのようにその課題にアプローチするかまで、纏めましょう。また、それぞれの仕事についての好き嫌い、今後もやりたいかやりたくないかなどの感情的な面も整理しておきましょう。この内容は転職活動を進めていく上でのコンパスとなります。真剣に丁寧に取り組みましょう。

ex 1年目 

仕事:給与計算、就労管理

役割:担当レベル、オペレーター

課題:一人で7,000人を管理する。

対策:拠点を巻き込む

今なら:アウトソースも視野

感情:辛かった、帰れなかった

②キャリアの方向性を確認する

これから、何をしたいかを纏めましょう。具体的な職種、職務レベルまで詰めるようにしてください。イメージが具体的であればあるほど良いので、現時点で思い描くキャリアの方向性を整理しましょう。そして、何をしたいか纏め終えたら、内省した内容と比較して、経験したことなのか、経験できていないことなのかを区分しましょう。ここで経験していないことがやりたいことになると思いますが、未だ経験がないだけで、経験していることを応用して対応できるスタンスで乗り越えられますので、悲観しないようにしましょう。

ex 

仕事:銀行で法人営業がやりたい。

スタンス:営業の経験はないが、社内調整など人とコミュニケーションはとってきた。だから、経験していないだけで、営業の仕事もできる。

情報収集

個人ワークを終えたら、企業の情報収集に移行します。ここで大切なのが、個人ワークで纏めた内容を重視することです。情報収集は、③転職サイトに登録、④転職エージェントと面談することになります。転職サイトに登録すれば、浴びるように企業が紹介されます。転職エージェントと面談すれば、あなたのやりたいことが歪められることがあります。他者の情報で軸がブレないためにも、情報収集は、あくまで、あなたのやりたいことを軸として行うようにしましょう。

③転職サイトに登録

リクナビNEXTがおすすめです。スカウト機能と企業掲載数も多いため、会社を知る上で役に立ちます。志向にあった求人紹介機能は好みは人によると思いますが、あなたが気になる企業の状況を確かめるには重宝します。

④転職エージェントと面談

リクルートエージェントがおすすめです。エージェントの当たり外れはどうしてもありますが、希望を汲み取ってくれる方に私は出会えました。忙しいのがあるのか、レスが遅い方もいますので、そういう方は変更してしまっても大丈夫です。

応募・選考

情報収集を終え、志望企業が決まりましたら、いよいよ応募と選考の段階に移ります。応募は、⑤書類作成、提出を行います。エージェントに志望企業の情報をヒアリングして、志望動機や職務経歴書、履歴書を作成しましょう。選考は、⑥筆記試験、⑦面接を行います。筆記試験はSPIがメインとなり、適性検査の色が強いです。経験のない方は、市販本等で対策をしておくと良いでしょう。面接は、今までやってきたこと、あなたの強み、志望企業で何に価値提供ができるかを明らかにしましょう。

⑤書類作成、応募

職務経歴書、履歴書、企業指定の質問回答を作成しましょう。個人で作成したら、必ずエージェントに確認していただき、足りていない要素や表現の修正を行うようにしてください。書類選考は、勿論、個人の経歴も重要ですが、エージェントの推薦も大切になります。エージェントに協力していただき、仕上げるようにしましょう。

⑥筆記試験

基本、適性検査が重視される傾向がありますが、計算や言語、フェルミ推定などで厳しく見られることもあります。志望企業に応じて、市販本で大丈夫ですので、対策を練るとよいでしょう。

⑦面接

就活で面接は経験しているから余裕と考える方もいますが、転職面接は職務経験を深堀されますので、別物と捉えると良いでしょう。先ずは、エージェントで模擬面接を受けて、想定質問対策を行うようにしてください。そして、本番は、今までやってきたことを嘘なく語るのと、これから企業に貢献できる内容を明らかにしましょう。

内定

内定が決まったら、⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)の最終段階に移行します。入社準備は必要な資格があるのであれば、資格取得を行います。退職準備は、退職の旨を上長に伝え、引継ぎを、誠意を持って進めていきます。

⑧入社準備と退職準備(引継ぎ)

入社準備は、普通免許等の働く上で必要になる資格があるのであれば、取得するよう勉強をしましょう。また、働く企業の事業形態、キャッシュポイントや今後の展望などは事前に再確認しておくと良いでしょう。退職準備は、円満退職となるように、誠意を持って退職の意向を伝え、引継ぎをしましょう。絶対に何かしらケチはつけられます。しかし、そこは大人の対応を心掛けて、同じフィールドに立たないようにしましょう。

スポンサーリンク



20代転職の進め方

20代転職は未だポテンシャルが重視される年代です。第二新卒枠でも滑り込める場合もあります。基本、全体の進め方は変わりませんが、内省を行う際は大学時代の経験も用意しておくようにしましょう。職務経験が浅い分、大学時代の取り組みなども深堀されることになります。また、最低限のOAスキル、ビジネスマナー、職務領域の専門性があると大変重宝されます。この視点で、自分のキャリアを纏めるようにしましょう。

【ポイント

ポテンシャル重視

基本スキル+専門性

注意点は、ポテンシャル重視と言っても、未経験に応募する場合は対策が必要です。今まで経験した職務が、未経験分野とどのように関わっているか、仕事の進め方などのプロセス視点で考えると繋がってくる部分はあります。未経験ですが、「今までの〇〇の経験が〇〇に活きてくると思います。」と言えるかどうかは重要です。未経験を未経験のままにしておかないように注意してください。

30代~40代転職の進め方

30代~40代転職はマネジメント経験が必要となる年代です。役としてマネジメント経験が無くても、最低限、PM(プロジェクトマネジメント)経験が必要となります。また、ポテンシャルよりも即戦力としての貢献が期待されることになります。転職の進め方として流れは変わりませんが、エージェントには複数登録するようにしましょう。理由は、エージェントによって紹介企業が絞られる可能性が高いからです。今の自分でギリギリ戦えるレベルまで引き出してくれるエージェントを活用するようにしてください。

【ポイント

マネジメント経験

即戦力

注意点は、再現性が最も求められる年代です。そのため、経歴に嘘をつかないようにしてください。嘘をついて入社できても、戦力として機能できないので、お互いが不幸になります。間接的に関わっていたという、多少の背伸びは許容できますが、経験できていない部分は未経験ですと言えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク



50代転職の進め方

50代転職は、勿論マネジメント能力等は必要ですが、継承力が必要となる年代です。次の世代に自分のスキルを継承しつつ、自分も業績にコミットしていくことが求められます。つまり、業績を残すことは当たり前で、+αとして継承力が必要になります。転職の進め方は大まかには同じですが、総合エージェントだけではなく、専門エージェントも利用すると選択の幅が広がって良いでしょう。

【ポイント】

・高い専門性

・継承力

まとめ

転職の進め方と流れを理解することで、全体像を捉えることができます。年代別に必要とされる能力は異なり、転職の進め方も工夫が必要です。特に、エージェント選定は、推薦力も関係してくるので重要な要素となります。エージェント変更は心情的にやりたくないと思いますが、ダメなエージェントで足を引っ張られるのは非生産的なので、任せられるエージェントに随時変更していくようにしましょう。