転職ノウハウ

転職フェア活用方法!参加メリットとデメリットと企業側の目的とは?

就職活動で経験する「就職フェア」は知っている方は多いと思いますが、転職フェアになると具体的にイメージできる方は少ないと思います。私自身、電車の広告をきっかに知りました。私は転職活動の一環として転職フェアを利用したことはありませんが、出展企業側としての知見はあります。これから、企業の視点を踏まえて、転職フェアの活用方法と参加メリットと参加デメリット、企業側の目的を解説します。

【この記事で伝えたいこと】

・転職フェアに参加する目的を明確にする。

・転職の覚悟があれば参加しよう。

・企業にとって、コスパが良い採用手段でもある。

転職フェアとは

転職フェアは、採用担当者・現場社員と出会える貴重な場です。大規模なイベントですと数百社が集結し、一度では回り切れない程になります。各企業ブースが設けられ、会社紹介や個別面談が受けられます。また、付随した企画として講演会なども実施されることもあり、転職のお祭りのような位置づけになっています。ここで補足としては、新卒時の就職フェアと仕様が違うことです。就職フェアは企業広報活動がメインでしたが、転職フェアは人材獲得までを狙える内容になっています。そのため、個別面談では質問することだけでなく、コミュニケーションとして、皆さんのことも伺われることになります。就職活動時の受け身で説明を聞くだけのイベントではない意識を持つことは大切です。また、参加入場料は無料ですので、気軽に参加できるようになっています。

スポンサーリンク



転職フェアに参加するメリット

転職を決意した方にとって、転職フェアは有意義なモノになります。なぜなら、応募前段階で企業側の人と出会えるからです。しかし、転職に迷っている方は少し注意が必要でしょう。注意点についてはデメリットでお話しますので、ここではメリットについてお話します。

【転職フェアのメリット】

・一度に多くの企業を知れる。

・企業担当者と出会え、会社の雰囲気を知れる。

・面接確約など、特別選考に進める可能性もある。

一度に多くの企業を知れる

大規模なイベントですと100社以上の企業が集まります。そのため、多くの企業からお話を聞くことができます。興味のある企業だけでなく、そこで出会う新しい企業もあると思います。1度で多くの企業と接点を持てる機会は転職フェアしかありませんので、大変有益と言えます。

企業担当者と出会え、会社の雰囲気を知れる

応募前段階で、従業員や採用担当者と出会えることはメリットが大きいです。転職活動では、会社説明会やOB・OG訪問など、応募前段階ではコネクションが無い限り受けることができません。応募した後に、どうしても欲しい人材であれば会社説明や社員接触などを検討するスタンスです。そのため、転職フェアで応募前に企業の方と接点を持て、どんな人が働いている会社かを知れることは大変有益です。

面接確約など、特別選考に進める可能性もある

企業側の狙いと関係してきますが、面談形式の場合、その場でオファーを出すことや、特別選考と言って最終面接をご案内することは往々にしてあります。自分の志望する企業からオファーを頂けることもありますので有益です。

転職フェアに参加するデメリット

転職に迷っている方は転職フェアをおすすめしません。なぜなら、現職にバレるリスク、企業担当者に流される可能性があるからです。転職は時期が来たから始めるものでもないので、転職フェアに参加する際は覚悟が固まってからにするようにしましょう。

【転職フェアのデメリット】

・時間を多くとられる。

・転職意向が誰かにバレる可能性もある。

・キャリアアドバイザー・企業担当に流される。

時間を多くとられる

大規模なイベントですと、終日開催されます。1日近く時間をとられることは、社会人にとって辛いです。また、数社周ることはかなり疲れます。転職フェア終了後は、クタクタになっていますので、参加には覚悟が必要です。

転職意向が誰かにバレる可能性もある

転職フェアに現職が参加しているかは確認すると思いますが、偶然同僚に出会うことは往々にしてあります。同僚ですので現職に伝えることはないと思いますが、関係会社からのリークなどはある可能性があります。通常の感覚を持った人事であれば、そんなことを言わないと思いますが、「〇〇さんを転職フェアで見かけましたよ。」等と言ってしまう関連会社の社員や人事も一定数いるでしょう。そんなリスクがあることは念頭に置いておきましょう。

キャリアアドバイザー・企業担当に流される

ブース周りについて、キャリアアドバイザーが関与してくる場合があります。基本、転職の軸が決まっていれば、志望群の企業はブレないと思いますが、軸がない方は注意が必要です。本当に行きたい企業を見ることができず終わることもあります。また、企業担当の応募斡旋に負けてしまう方もいると思います。皆さんには、企業選定と応募の決断は自分でするという意識は持っていただきたいです。

スポンサーリンク



転職フェアの企業側の目的

転職フェアに出展する企業の狙いをご紹介します。ポイントは、「多くの質の高い人材と接触したい」ということです。

【企業側の目的】

・企業を知って頂く機会。

・一度に人材を応募へ誘導する機会。

・量よりも質を求めている。

企業を知って頂く機会

認知度の低い企業では、先ずは企業を知って頂くことを目的にしています。そのため、装飾にこだわるなど、様々な手段で客引きを行います。転職フェアに参加している方は、転職意識が高い方なので、そういった方にアプローチできることを有益と思っています。

一度に人材を応募へ誘導する機会

出展料は約100万円かかります。そのため、若手社員であれば1名雇えるコスト感です。そのため、最低1人は応募へ繋げて獲得をしたいと考えています。また、転職フェアを機会に複数人獲得できれば、それだけで採用コストは下がります。コスパを良くするためにも、採用担当は頑張ります。

量よりも質を求めている

企業は工数がかかるので「人材の質」を重視します。ダメだと思う人材に労力をかける時間はありませんので、転職フェアに参加する際は好印象でいる必要があります。

転職フェアの活用方法

転職フェアの活用方法をご紹介します。自分はどのような位置づけで転職フェアを活用するか考えて、参考にしていいただければと思います。

【転職フェアの活用方法】

①転職サイトから企業情報を集めておく。

②ターゲット企業の優先順位を決めておく。

③できるだけ面談形式で企業担当者と話す。

④オファーを頂いたら、自己応募で進める。

①転職サイトから企業情報を集めておく

何の企業の目途も立てず、転職フェアに参加することは非効率かつリスクがあります。なぜなら、多くの時間をとられますし、キャリアアドバイアザーに流されることがあるからです。転職を決意した時点である程度の志望群はあると思いますので、事前リサーチしておきましょう。求人情報が幅広い活用できるサイトはこちらです。是非参考にしてください。

リクナビネクストの登録とログインと退会方法!使い方や活用方法は?皆さんは、リクナビネクストの効果的な活用方法をご存知ですか? リクルートエージェントと間違えて、取り敢えず登録した方もいるでしょう...

②ターゲット企業の優先順位を決めておく

転職フェアは時間が限られています。優先順位付けをして、周りたい企業を優先するようにしましょう。また、偶然の出会いもあると思います。そういったバッファーも考えておくと、焦らず落ち着いて1日を過ごせることになります。

③できるだけ面談形式で企業担当者と話す

セミナー形式の公演はネット情報である程度網羅できますので、できれば面談形式での参加をおすすめします。転職サイトから企業情報などを調べていると思いますので、その際に疑問に思ったことなどを聞くことが大切です。受け身でなく、自分から動く姿勢が転職では重要になります。

④オファーを頂いたら、自己応募で進める

未だエントリーなどの検討していない企業から応募依頼があれば、選考フローを確認するようにしましょう。自己応募があるのであれば、紹介手数料が発生しませんので、そちらを誘導されることになります。また、何の声もかからない場合は、通常フローで応募すると良いと思います。声がかかるかからないはありますが、最終的には職場が判断元となりますので、そこまで悲観することはありません。マッチングできれば内定はとれます。

スポンサーリンク



まとめ

転職フェアは、転職を覚悟したなら活用するようにしましょう。なぜなら、中途半端な気持ちでは、現職にバレるリスクや、運営者や採用担当者に流されるリスクがあるからです。転職は時期が来たら取り組む課題ではありません。何か自分の違和感と向き合って、それを解説するための手段の位置づけです。そのため、転職フェアに参加する場合は、転職で実現したいことや業界・企業群を整理しておくことをしましょう。