転職ノウハウ

転職活動中に受けた圧迫面接体験と対応法!未経験エンジニアの挑戦!

こんなにやり切れない想いになったのは久しぶりです。まさか、自分が圧迫面接を受けると思っていなかったからです。良い企業だと思っていただけに、一人の面接官のせいで本当にその企業が嫌いになりました。また、転職活動で圧迫面接を受けるなんて想定していませんでした。本当に悲しくなりました。今後、その企業に転職活動をしている方が、圧迫面接に合わなければ良いと思いつつ、私のように圧迫面接を受けてしまった際の対処法を、今回はご紹介したいと思います。これから、未経験からエンジニアを目指す私が、転職活動中に実際に受けた圧迫面接の体験談と対応方法をお話しします。

【この記事で伝えたいこと】

・圧迫面接を受けたら就職しない。

・圧迫面接を受けたら面接中は頑張らない。

・圧迫面接を受けたことを親しい人に伝える。

私の紹介

前職では人事を5年経験しました。採用から制度企画含め人事業務全般が得意です。今回、プログラミングでモノづくりがしたい想いが強くなり、未経験からWEBエンジニアを目指して転職活動をしました。なお、プログラミングスクールは、【TECH::EXPERT】さんに通学させて頂き、卒業しました。これからはフルスタックなエンジニアになることが目標です。

スポンサーリンク



圧迫面接の内容

先ずは、圧迫面接について少し触れます。纏めていて思ったのですが、そもそも内容が最低ですね。圧迫面接をすることが、どれだけネガティブキャンペーンか分かっていないか、そもそも気づいていないかのどちらかですね。少し愚痴になってしまいました。気を取り直して、圧迫面接の代表的な内容は以下です。

【圧迫面接の内容】

・行き過ぎた深掘り質問

・興味ない態度

・威嚇的な行動

・全否定

・強い言葉

行き過ぎた深掘り質問

「なぜ?」「どうして?」が無限に聞かれます。普通であれば、「何故?」は1度聞くだけで充分です。なぜなら、一度聞いた内容で、過不足なく答えられることが評価ポイントだからです。しかし、残念な面接官はこの何故を繰り返す傾向があります。私からすると、そのような深掘り質問をする人は、自分の理解力が乏しいんだと言っているのと変わらないと思っています。

興味ない態度

面接に呼んでおいて、一番謎な対応と言えます。少しでも興味があったから、次の面接に呼んでいるにも関わらず、一度も目を合わして話さない、定形文を聞いて逆質問も聞かずに切り上げようとすることなど、意図が掴めない行動です。私からすると、社会人のマナーが欠落してるなと思います。基本、圧迫面接を行う人は欠落気味だと思いますが。

威嚇的な行動

声を大きくしたり、明らかにマウントを取ってくる行動です。俺が選んでやると言わんばかりな態度を取ってきます。おそらく、野生の力が強すぎるのでしょう。そんな動物が生息する地域は危険ですので、戦略的に撤退しましょう。

全否定

全ての回答を否定されることです。行き過ぎたケースですと、人格否定もされます。この状態は正解を求めているのではなく、否定したいだけですので受け流していくしかありません。言うまでもなく、撤退です。

強い言葉

「何で分からないの?」「言っている意味が分からない」など、明らかに人を不快にさせることが言われることです。そんなことを言う時点で、コミュニケーションがうまく取れない人間、組織ですので、こちらも撤退するしかありません。

私の圧迫面接の体験談

さて、ここから本題に入ります。私の実例をご紹介します。某受託開発企業に面接に言った体験です。一次面接はフランクな方が面接官で無事選考を通過しました。選考フローが面接2回だったため、事件は最終面接のエンジニアとの間で起こりました。

私は時間に到着して面接の始まりを待っていました。しかし、何も挨拶もなく面接官が10分くらい遅刻してきました。この時点で何か今日はヤバいなと感じましたが、「選考を始めます。」と言われましたので、すぐに切り替えました。

最初の質問は「よく君のこと分からないから自己紹介をして。」でした。この時点で興味がないなと分かりました。態度と言葉からすぐに察知しました。そして、こいつは何なんだいう怒りが込み上げましたが、大人に振る舞います。

次に、「エンジニアになりたい理由」「どんなエンジニアになりたいか」など定型的な質問を伺われ、「そうですか。」という淡白な内容で選考は進みました。

そして本当の事件となる技術質問が始まりました。「この意味が分からない。」かなり詰められました。未経験エンジニアが作った制作物なのでクオリティーは低いとはいえ、明らかに叩きたいだけの質問で、建設的でありませんでした。数問同じことを言われて、こいつと働きたくない、こんな奴が最終面接に出てくる企業は終わってると諦めることにしました。そこからは、何を聞かれても答えず、面接を終えるように促しました。面接官も自分がヒートアップしていることに気づいたのか、最後に質問はあると聞かれ、何もありませんと伝え終えることになりました。

勿論、質問に答えていないので不採用です。しかし、面接でダメな企業だと知れて助かったと思いました。こんな企業に勤めたら人生消耗するだけだと思いました

スポンサーリンク



圧迫面接の対応方法

先程、私の圧迫面接を受けた体験をお話しました。ここでは、そんな圧迫面接を受けた場合どうすれば良いかご紹介したいと思います。

【圧迫面接の対応方法】

①就職するかを即座に決断する。

②相手のペースに乗らない。

③頑張らずに静かに終える。

④友人に聞いてもらう。

①就職するかを即座に決断する

圧迫面接をする人間がいる会社で働きたいかを即座に判断しましょう。私であれば、言うまでもなく就職しないを選択します。ダメな大人を普通に戻すことは相当な労力と時間が必要です。あなたの人生を生きるためには答えは一択ではないでしょうか?

②相手のペースに乗らない

この内容が一番大切です。圧迫面接をする人間は大抵「かまってちゃん」です。マウントを取って承認欲求を満たしたいだけですので、変に絡むと余計ドツボにハマります。相手のペースに乗らず、大人の態度で接しましょう

③頑張らずに静かに終える

圧迫面接をする人に自己PRをしても無駄です。なぜなら、面接で自分を証明したいだけの人ですので、相手の話を聞く体制ができていないからです。そう言う場合は、無理に前向きに自分をアピールして頑張ることは無意味です。静かに終えられるように、質問を途中で終えていただけるように、頑張らないことに頑張りましょう

④友人に聞いてもらう

圧迫面接をされたら、大人な態度を取ろうと言っても、ムカつくことはムカつきます。なぜなら、理不尽だからです。そう言うことが起こったら、友人に話を聞いて貰って吐き出すことをしましょう。一番いけないことは、溜め込んで自分がダメだと思うことです。あなたは何も悪いことをしていません!いくらでも会社は世の中にあります。絶対にあなたに合う会社は世の中にあるので大丈夫です。

まとめ

本当に後味が悪かったです。未経験からエンジニアを目指していることもあり、どうしても企業の位置付けは強くなります。育成枠だと考えられていますので、上から目線で選ばれることは納得はできます。ただ、面接は人と人の会話です。会話もできない人間と一緒には痛くないです。今後、私が受けた企業で悲しくなる方が出ないことを願いたいです。

面接対策特集▽▽おすすめ転職サイトと転職エージェント▽▽

面接対策に強い転職サイトと転職エージェント|WEBオンライン練習も!面接対策に強い転職サイトと転職エージェントを解説します。 今回は、 「面接で不合格になることが多い」 「初めての転...
〜特集:面接対策〜

【おすすめサイト】
・面接対策に強い転職エージェント

【面接質問と回答例】
・よく聞かれる質問と回答例一覧

【面接の疑問】
・圧迫面接の場合はどうする?
・電車遅延の場合はどうする?
・志望動機が聞かれないけど大丈夫?
・逆質問はいくつ準備する?
・逆質問をしないと落ちる?