転職ノウハウ

転職時期ベストタイミング!年齢年代別で有利な期間はある?倍率も!

転職を決意したら気になるのが、「転職時期をいつにするか?」だと思います。占いなどに頼って決定するのも良いですが、時期についてはある程度データの傾向性があります。これから、有利な転職時期転職時期ベストタイミングを解説していきます。

【この記事で伝えたいこと】

・求人は3月、4月、9月、10月に増加傾向

・勤続年数、年代で求める能力が異なる。

・ベストタイミングは自分で見極める。

転職時期

転職時期と関係するのが、求人数です。一般的に、予算の関係から年度替え時期に求人数が増加するとされています。少し解説すると、余った予算を使い切るために新規求人を掲載したり、会社が厳しくなると採用予算は削られますので、事前にスタートダッシュを決めたいという考えから新規求人を掲載したりすることで増加するとされます。勿論、単純な欠員補充を一斉に行うことも要因です。月でいいますと、3月~4月9月~10月となります。ただし、この求人数が増加する時期は、求人を選びたい放題と思えるかもしれませんが、転職希望者も増加する時期です。企業はやはり厳選採用を行うため、時期が良いから内定をいただけるということにはなりません。転職時期に志望企業が求人を出すとも限りませんので、時期に流されない転職活動は意識する必要があるでしょう。

スポンサーリンク



転職求人倍率

転職求人倍率は転職市場の動向です。DODAやリクルートキャリアなどの総合転職サイトがレポートを掲載していますので、参考程度に見ておくと良いでしょう。注意点は、直接的にこの数字が皆さんの転職活動に影響を及ぼさないということです。あくまで、全体傾向として参考程度に気にしておくようにしましょう。内定が貰えるかは、皆さんが採用基準を超えるかどうかです。数字に騙されないように、自分の能力やスキルを客観的に理解しておくようにしましょう。

有利な期間はあるのか?

結論から言うと、有利な期間はありません。なぜなら、内定は「運」と「実力」で決まるものだからです。時期によって、採用の質は変わらないです。しかし、採用の門が開かれるという点では、先ほどの求人が増加する月は機会が与えられる意味で、チャンスであることは間違いありません。求人が無ければ応募することすらできないからです。とは言っても、個人的には、5月、8月の連休明けから転職活動を始めると良いと思っています。掲載企業にもよりますが、ライバルも少ないですし、年度や年末などの、変に力んで頑張らないといけないという緊張もないと思います。比較的リラックスした状態で自分を見つめられている時期に転職活動ができると良いでしょう。

転職のベストタイミング

転職のベストタイミングを考える上で、考慮材料となるであろう「勤続年数」、「年齢年代」、「現在の市場価値」の視点で解説していきます。勤続年数、年齢年代については、それぞれ企業が求める能力、スキルが段階的に存在します。市場価値については、簡単に調べられるサイトがあるので紹介したいと思います。

勤続年数を考慮したタイミング

勤続年数を目途に転職を考える方は多いでしょう。石の上にも三年とあるように、勤続年数3年でキャリアを振り返る方や、5年という区切りを持って考え始める方もいると思います。個人の立場ではある程度の区切りになる年数があるので、そのタイミングで考慮することになるでしょう。対し企業側の視点では、勤続年数に応じて求める基準が存在します。具体的には以下です。

【勤続年数と要求スキル】

3年以内は「OAスキル、ビジネスマナー

3年以上5年未満は「専門性

5年以上は「マネジメント経験

勤続年数3年以内であれば、第二新卒も狙える場合もあり、ポテンシャル、未経験採用も可能です。ただし、最低限の就労経験はありますので、OAスキルや、ビジネスマナー、プレゼン能力、ロジカルシンキングなどは求められます。特に、ポテンシャルが見られますので、かんがえk

勤続年数3年以上5年未満は、最低限のスキルに合わせて、職務領域の専門性も重視されます。専門性は深ければ深いほど良いですが、広く浅く経験してきた方は経験の幅をPRすると良いでしょう。専門性は経験や知見から得られるものです。専門性が低いと感じるのであれば、セミナーや本、論文などで、知見を拡げておくようにしましょう。

勤続年数5年以上は、マネジメント経験が重宝されます。勤続年数が5年以上ということはある程度、職務領域はベテランになっています。専門性を身につけた後は、マネジメント能力を磨くことになるので、事前に経験があると強いと言えます。また、マネジメント経験は、役や立場だけでなく、PM(プロジェクトマネジメント)経験も含まれます。役職や肩書が無いからと言って嘆くことなく、PMとして〇〇を成功に導いたなどをPRできると良いでしょう。

スポンサーリンク



年齢年代を考慮したタイミング

年齢年代を考慮して転職を考える方もいるでしょう。35歳転職限界説とも言われていますし、個人で年齢の捉え方は様々あると思います。企業の視点では、ある程度若手、中間、シニアと分けてそれぞれの役割を決めています。そのため、必要となる能力やスキルも年代に応じて決めています。具体的には以下です。

【年齢と要求スキル】

20代は「専門性

30代は「専門性+マネジメント能力

40代~50代は「高い専門性+統率力+継承力+人脈

20代はある程度、専門性とポテンシャルがあれば通用します。未だ成長途上段階として捉えられるからです。若手の特権と言っても過言ではありませんが、前職で挑戦した分だけ、それ以降の道が開けることになるでしょう。

30代は専門性に合わせて、マネジメント経験が求められます。30代でマネジメント経験を積めないと40代以降の成長が鈍化します。最低でもPM経験は積めるように、現職では挑戦するようにしましょう。小さなプロジェクトでも人を率いた経験は重宝されますので、意識しておくようにしましょう。

40代~50代は、マネジメント能力が統率力に変わり、自分の持っているスキルを継承していくことが求められます。また、人脈も重視されることにもなります。やはり、知見者との交流を積極的に行って、生きた知識を多く持っている人は企業に多くのことをもたらすことができます。そのような点も考慮されることは意識してください。

市場価値を考慮したタイミング

市場価値をきちんと把握したい方は、転職サイトに登録してエージェントやスカウト企業リストを見て確かめれば良いのですが、簡単に大体の市場価値を確かめられる転職サイトがあるので紹介します。そんなに転職をしっかり考えてないけど、なんとなく確かめたいと思う方は取り組んでみると面白いでしょう。ミイダスで市場価値を確かめるのはこちらから。無料でミイダスに登録!

【ミイダスのメリット】

1.市場価値を簡単に確かめられる。

2.属性と年収相場が分かる。

3.年収データが公開されている。

転職時期のベストタイミングはいつ?

さて、転職のベストタイミングについて、勤続年数や年齢等で考えてきましたが、結局は、転職時期のベストタイミングは、皆さんが転職を決意したタイミングがベストタイミングです。誰かに言われたからではなく、自分で判断した決断こそ意味があります。また、自己決断のため、あなたの気力も充実してますし、転職を前向きに捉えれ行動できるようになるでしょう。また、転職活動は面倒です!何でやっているのだろうと思ってしまいます。私自身も、周りから転職を煽られトライしましたが最後までやり切らずに、転職活動を止めました。やはり、自分のキャリアに責任を持てるのは自分ですし、大袈裟に言えば、自分の人生に責任を持てるのも自分しかいません。自分が思った、決意したタイミングがベストタイミングですし、その状態で入社できた企業は何かしらの縁があると思います。転職のハードルが下がっている今だからこそ、自分自身としっかり向き合ってキャリアを形成していくようにしましょう。

スポンサーリンク



まとめ

転職時期のベストタイミングは、あなたが転職を決意したその時です。また、転職に有利な時期はありませんが、5月、8月は私個人としておすすめできる時期です。転職を迷っている方がいるのであれば、一旦、自分の市場価値を確かめてみるのも面白いでしょう。全体像を俯瞰して、自分がどの地点にいるかは転職では重要な視点です。是非、皆さんが、納得いく転職活動ができることを応援します。